ソーシャルネットワーキング

ユーザーに魅力的な機能やコンテンツを提供することで、多数のユーザーを集め、ユーザー同士でコミュニケーションがはかれるようにしたサイトを、ソーシャルネットワーキングサイトやソーシャルネットワーキングサービスと呼びます。以下は多くのユーザーを現在獲得している有力なソーシャルネットワークサイトで、自社ウェブサイトとは別に、これらに情報を公開していくことで、アクセスを増やすことができます。

Facebook

Facebookとは、Facebook, Inc.の提供する、コミュニティプラットフォームです。本来は個人と個人がつながりあうSNSですが、世界全体では5億人の利用者を数え、日本でも大きな注目を浴びています。日本でSNSといえばmixiのシェアが圧倒的でしたが、Facebookのシェアも急速に高まっております。海外取引の盛んな企業様、BtoC商材を扱っている企業様、人材確保を考えている企業様なら、恩恵が受けられると思います。現在、弊社では実績がない分野ですが、Facebookページを開設予定しており、今後注力していきたいと考えております。

Twitter

Twitterとは、Twitter, Inc.の提供する、ミニブログのようなサービスです。140文字の範囲で簡単にメッセージが発信できます。mixiやFacebookのようなソーシャルネットワークプラットフォームのような側面もありますが、基本的には一人称のつぶやきを発信するサービスです。ブログのようにコンテンツが無制限ではないので手軽に利用でき、時間に追われるユーザーには好まれています。また、テキストベースなので、スマートフォンやモバイルなどとも相性が良いです。企業で利用する場合は、タイムセールやお買い得情報、Twitterユーザー同士のコミュニティ形成やサポート、日常のつぶやきなどに使用します。Twitterそのものの操作は非常に簡単なので、弊社ではTwitterの導入コンサルティングや、ウェブサイトにTwitterプラグインを実装するお手伝いをしております。

アメーバ

サイバーエージェント社が提供するソーシャルネットワーキングサービスです。定番のブログや、二次元仮想世界でアバターを操りながら遊ぶピグなど、遊びとコミュニケーションを融合したサービスを提供しています。芸能人ブログを積極展開し、ユーザー数は200万人程度を数え、日本でも屈指の規模。アメーバのブログを社長日記やスタッフ日記などに用いれば、アメーバコミュニティからのアクセスを期待することができます。弊社ではアメーバのアカウント取得から、ブログの共通部分デザインカスタマイズ、コーポレートサイトとの連携までをお手伝いした経験がありますので、充分にご支援することができます。

YouTube

YouTubeは世界でもっとも多くのユーザーが利用する動画共有ポータルサイトです。尖閣諸島中国漁船衝突映像がアップロードされたことでも有名になりました。現在、自社サイトで動画公開するのは、ハードウェアやネットワークへの負荷がかかるので、敷居が高いのですが、YouTubeを利用すれば手軽に専用チャンネルから動画を配信することが可能です。多くのYouTubeユーザーにレコメンドされれば、爆発的なアクセスを得られることもあります。YouTubeのアカウント取得から、YouTube動画の制作、YouTube専用チャンネルのデザイン、自社サイトとの連携などの経験があり、充分にご支援することができます。