CMSサイト制作

CMSとはコンテンツマネジメントシステムの略です。CMSがあらかじめサーバーにインストールされていて、そのシステム上で作成されたウェブサイトのことCMSサイトと呼びます。CMSを用いた場合、インターネットに接続されているPCなどから管理画面にログインし、コンテンツの編集が可能ですので、従来のようなホームページ制作ソフトやFTPソフトは必要ありません。また、できるだけHTMLを使わずに直感的に編集できるような工夫がされているCMSも多く、サイト編集の敷居は低く抑えられています。サイト更新をできるだけご自分でやりたいと思われる場合に、CMSサイトを選択されると良いでしょう。ただし、いくらCMSでサイト構築しても、中にはHTMLや開発言語を使わないと実現できないことも多いので、制作の際にはどのコンテンツを自分で編集したいか、よく打ち合わせをしておく必要があります。CMSを使ってご自分で更新するケースが多いコンテンツには以下のようなものがあります。

新着情報

その時々の新着情報を書き記していくコンテンツです。新着情報はタイムリーに掲載しないと、情報価値が落ちてしまうこともありますので、各企業のサイト管理者様がご自身で更新した方が合理的です。CMSで構築した場合は、新着情報一覧ページや新着情報詳細ページが自動的に生成されることが多いです。また、トップページに新着情報の一覧を表示させることも可能です。

社長日記・スタッフ日記

社長様やスタッフの方々が自分の言葉で日々の思いや出来事を綴っていくコンテンツです。これらはやはり各人の人柄が色濃く出ますので、楽しみにしているユーザーも多く、アクセスが多くなりやすいコンテンツです。特にBtoCの企業様では、会社のイメージアップに繋がりますので、ぜひ設けたいところです。CMSで構築した場合は、日記一覧ページや日記詳細ページが自動的に生成されることが多いです。また、トップページに日記の一覧を表示させることも可能です。

サイトまるごとCMS

サイト全体をCMSで作ることも可能です。CMSを使用する場合には、特に指定がなければ、できるだけCMSを利用したサイト作りを行いますので、ほぼ全てのコンテンツを管理画面から修正することが可能です。ただし、凝ったデザインにしようとすればするほど、HTMLやCSSコードを駆使しなければなりませんので、デザインとメンテナンスのバランスが重要になってきます。頻繁に更新したいコンテンツをご指定いただければ、可能な範囲で平易なコードで実現するなど工夫することが可能ですので、ご相談ください。

CMSを利用するためのサーバー要件

CMSはたいていの場合、PerlやPHPなどのスクリプト言語を用いて開発されていますので、それらに対応したサーバーが必要です。コンテンツはデータベースに格納しますので、MySQLやPostgreSQLなどのデータベースも必要です。実際には、さらにそれらのバージョンやエクステンション(拡張機能)・モジュールなど、様々な必要要件が絡み、一般のレンタルサーバーではインストールできないことが多いです。ご自身でサーバーを選択される場合にはそのCMSが問題なく利用できるかを確認してからご選択ください。なお、CMSがインストールできると言われていても、実際にインストールしてみると、一部の機能が使えないということが多々あります。CMSが使用可能か明らかでないサーバーの場合は、別途サーバー調査費を申し受けることがありますので、ご了承下さい。