コーポレートサイト制作

コーポレートサイトとは、会社の知名度を向上させるために、会社の一般情報や活動内容など、会社に関する様々なコンテンツを包含したサイトです。コーポレートサイトの仕様に決まりはありませんが、一般的には以下のような要素から成ります。

トップページ

  • コンセプト、社長挨拶
  • 企業情報(基本情報・沿革・アクセスマップなど)
  • 商品情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ(プライバシーポリシー)

トップページ

サイトの顔となるページです。通常はヘッダーに、会社ロゴ・会社名・電話番号などを配置します。その下にグローバルナビゲーションと呼ばれる下位カテゴリや下位ページへのボタンを配置し、キービジュアルと呼ばれる大サイズの広告画像を配置します。中央部はトップページコンテンツ部となり、会社概要や新着情報を掲載したり、重要なコンテンツへのリンクバナーを配置します。フッターには、改めて会社ロゴ・会社名・電話番号などを配置し、サブページへのテキストリンクを配置します。これらが現在よく使用される一般的なレイアウトですが、レイアウトに決まりはありません。不特定多数のユーザーをターゲットとするなら一般的なレイアウトに留めたほうが、ユーザーにとっては使いやすいサイトになりますが、個性を感じさせにくいのは事実ですから、サイトの目的によっては、あえてレイアウトを変化させ個性をアピールする場合もあります。

コンセプト・社長挨拶

歴史のある大企業の場合はさておき、一般的な企業の場合は代表者のリーダーシップが会社の意志決定や未来の方向性に大きく影響します。その会社をどんな人物が経営しているのか、どんなコンセプトやポリシーに基づいているのか、現状をどう分析しているのか、未来に向けてどんなビジョンを描いているのかは、ユーザーにとって非常に重要なコンテンツになります。

企業情報

会社基本情報はあらゆるサイトで必要となるコンテンツです。会社名・会社住所・代表者名・連絡先は必須です。また会社沿革や歴史なども載せておくと、その会社を知る上で有用なコンテンツになります。本社や営業所のアクセスマップもぜひ載せておきたいところです。

商品情報

商品やサービスの生産が企業の使命ですから、商品名・商品コード・商品規格・商品サイズ等、できるだけ詳細な情報を載せたいところです。商品数が多い場合に通常のHTMLページで商品ページを作成すると、商品情報の更新や商品カテゴリの分類が手間になります。また、商品情報が探しにくいサイトになりがちです。そのような場合はCMSを導入して商品カタログサイトとして制作すると便利です。

採用情報

人手を多く要する会社の場合、常に人材募集を行うことになります。短時間で消費される紙媒体よりも、いつでも閲覧可能なウェブサイトの方がコスト面で有利です。また、優秀な人材を獲得したいと考えておられる会社であれば、優秀な人材ほどネットリテラシーも高く、インターネットを活用して就職活動を行っているケースが多いです。採用情報を掲載しておくと、良い人材にめぐり合うチャンスが増えます。

お問い合わせ(プライバシーポリシー)

お問い合わせは、ユーザーが必要事項を入力すれば、その内容が管理者と送信者の双方にメールで届くというシステムです。メーラーを使った方法とは違い、閲覧環境を問わずどこからでもメールが送れる点で優れています。合わせてプライバシーポリシーを設置し、個人情報保護に配慮していることをアピールしたり、個人情報暗号化技術(SSL)を採用すると、お問い合わせの利用率は高まります。

コーポレートサイトには、特に以下のような目的のために作成するサイトもあります。

キャンペーンサイト

新商品や新サービスなど、これから新たにマーケットに広めていきたいコンテンツがある場合に制作します。インターネットユーザーは大量の情報の中から瞬時に自分に有用な情報を得ていますので、その短い時間の間に新商品や新サービスの存在を気付かせる必要があります。斬新でインパクトのあるデザイン、驚きや笑いのあるコンテンツ、口コミで伝えやすくする仕掛け、先進的な機能の搭載など、とにかく個性的なサイト作りが求められます。そして、新商品や新サービスのメリットを認知させ、詳細情報の閲覧、最後にお問い合わせや購入行動に導きます。ターゲットユーザーを集めるためのマーケティング施策も合わせてご提案します。現在、弊社では実績がない分野ですが、今後注力していきたいと考えております。

ブランドサイト

商品やサービスといった具体的なモノではなく、ブランドと一般的に呼ばれる、「コンセプトやポリシー・デザインで定義した抽象的な枠組み」を前面に出したい場合に制作します。ブランドそのものには具体性はないので、ロゴやイメージ・キャッチコピー等を駆使して、そのブランドの定義をユーザーに認知させます。ブランドの企画・定義から、ブランド構築、ブランドに基づいた広告制作、ターゲットユーザーを集めるためのマーケティング施策も合わせてご提案します。現在、弊社では実績がない分野ですが、今後注力していきたいと考えております。

リクルートサイト

人材を獲得することを第一に考えたい場合に制作します。求職者が求める情報は、取引先や顧客が求める情報とは全く異なりますので、サイト作りも大きく変わります。給与・待遇・福利厚生などの基本情報はもちろんですが、どんな人が働いているか、どんな人材が求められているのか、雰囲気は良さそうか、スキルアップ支援があるか、人事評価制度はどうか、社外クラブ活動は充実しているかなど個人の労働条件や環境に関するコンテンツ、さらに地域貢献活動に熱心か、経営状態はどうか、会社のトップはどんな人か、今後の経営方針はどうか、有力な取引先はあるかなど、その会社の名声や評判・信頼に関わるコンテンツも必要になるでしょう。求職者が好みそうなイメージで与えるサイト作りも重要です。就職ポータルサイトの活用などマーケティング施策も合わせてご提案します。現在、弊社では実績がない分野ですが、今後注力していきたいと考えております。

コミュニティサイト

アクセス認証技術を用いて、限られたメンバー間で情報共有を行いたい場合に制作します。いわゆる掲示板に簡易認証システムが付いたものや、いくつかの権限レベル設定が可能な会員認証システム、企業の基幹業務での使用にも耐えうるエンタープライズ向けパッケージなどがありますが、弊社ではサイト制作に付随して、取引先との情報共有をはかる場が欲しい、会員限定のコンテンツを提供する場が欲しい、社員との円滑なコミュニケーションをサポートする場が欲しいというというご希望を叶えるような、小~中規模のコミュニティサイトの制作を行います。このサイトの場合は、システム仕様が要求を満たすかが重要です。弊社では、.htaccess や独自に制作したPerlベースの簡易認証システムを用いて、会員様専用サイトの構築した実績がありますが、XOOPSやOpenPNEなどを用いた本格的なコミュニティサイトを構築した経験はありませんので、今後注力していきたいと考えております。

業種に特化したサイト

ウェブサイトの基本構成は大きく変わりませんが、その業種に適したサイトというものはあります。例えば旅館・ホテル様ですと、ご予約フォーム機能が欲しいところです。弊社では一般企業様はもちろんのこと、官公庁・大学・メーカー・卸売業・小売業・ホテル・飲食店・病院・美容室・サロン・士業個人事務所・同窓会など、多種多様な業種のサイトを制作してきましたので、業界や商品の基礎知識があります。お客様の業種や目的に適したサイト提案が可能です。