制作ポリシー

企画について

制作をご依頼いただくお客様のご要望に真摯に耳を傾け、お客様のご要望に沿った提案をいたします。
お客様のご希望内容に対して、可能な範囲で迅速に金額の見込みや詳細を明らかにし、価格が明確になるように努めます。
お客様にとって都合が良い、あるいは私たちにとって都合が良いプランではなく、利用者に気に入ってもらえる制作プランを第一に考えます。
私たちが提案したプランが正しいのではなく、お客様との折衝を経て、お客様の同意を得たプランが正しく、実現すべきものであることを理解しています。

デザインについて

策定プランに基づき、最もユーザー体験が最大化されるようなデザインをご提案します。
お客様のコーポレートカラーやロゴを尊重したデザインをご提案します。
奇をてらったデザインに走るのではなく、ユーザーが戸惑わずにコンテンツに到達できるように、ユーザビリティに配慮したデザインをご提案します。
画像を必要な箇所に抑え、適切な画像解像度で作成し、ページ表示速度ができるだけ速いサイト作りを目指します。
テキストを効果的に使用することで、情報量を一定程度は確保するようにします。

コーディングについて

Microsoft InternetExplorer・Google Chrome・Apple safari・Mozilla Firefoxなどの主要ブラウザやバージョンで、表示崩れを起こさないようにコーディングに努めます。
W3C標準ルールに従い、クオリティの高いコーディングに努めます。
必要な場合にはコメントを挿入し、可読性の高いコーディングに努めます。
画像には代替テキストを設定し、情報量の不足を補います。
tableタグの援用やスペーサーgifなどは使わず、CSSでスタイルを定義します。
h1やh2などの見出しタグを適切に使用し、文書としての体裁を保ちます。

検索エンジンについて

過度の検索エンジン対策を行わず、最も自然な方法で検索エンジン順位が向上できるように努めます。
ページタイトルのキーワードには充分注意を払い、最もタイトルにふさわしい一般語句を選定いたします。
本文テキスト内の表記ゆれをチェックし、適切な語句が使われるようにします。
過度の専門用語や業界用語をなくし、必要な場合は一般的な同意語を付すようにします。

納期について

お客様と約束した納期を遵守できるように、作業スケジュール管理を徹底します。