自社ウェブサイトでindeedクローリング対応

indeedさん、最近はたくさんCMで流れているので、さすがに知らない人は少ないと思いますが、インターネットの求人紹介サービスの1つです。indeedさんが面白いところは、自社ウェブサイトに掲載している求人情報もクローリング(サイト巡回)して、一定条件を満たしていれば情報を自動取得してくれることです。(永続的に表示されるわけではないそうですが)

とはいえ、自社ウェブサイトで求人情報を入力して、別の求人紹介サービスでも同じ求人情報を入力して、、という手間が省けるのはなかなか嬉しいですね。モノは試しで、弊社求人採用ページを少し修正して、indeedクローリングに対応させてみました。

20190816-1

その結果、indeed さんにちゃんと登録されました!

20190816-2

ちゃんと条件を満たしていればしっかり情報を持っていってくれるようです。永続的に表示させたい場合は何らかの有料広告を検討しなければならないそうですが、モノは試しで一度検討してみてはどうでしょうか?やり方はちょっと専門知識を要しますので、お付き合いのあるWeb制作会社さんに相談してみてください!

名刺を新調しました!

気分的なものですが、名刺をもう少し重厚なものにしてみようかと思いまして、Zaki さんにお願いしたところ、こんな感じでできあがってきました。

IMG_1807

画像ではちょっとわかりにくいですよね。オフセット印刷+活版印刷+箔押し加工だそうです。活版印刷は、凹凸を出すための印刷技法だそうで、表面を指でなぞるとざらっとした感覚があります。立体感が出て面白いですね。箔押しは名刺裏面の弊社ロゴマークに施されています。立体感と光沢感があって目立ちます。

名刺のグレードが一気に上がってしまって、お客様にお渡しする時になんだか緊張してしまいますが、名刺に恥じないようなお仕事をしていきたいと思います、笑

菅工事業のウェブサイト

先月は弊社が制作したウェブサイトの公開ラッシュでした。すべてはご紹介できませんが・・・。
こちらは京都市の管工事業を営まれている法人様のウェブサイトになります。

AwesomeScreenshot-www-n-plumbing-net--2019-08-01_7_13

https://www.n-plumbing.net/

こちらは写真撮影を担当させていただいたので、打ち合わせも含めて3回ほど足を運びましたので、思い出深い案件となりました。写真撮影は基本的に会社の外観・内観や、社長様や社員様のお写真などを撮らせていただくのですが、ヘルメットを被って工事現場に足を運ぶという撮影も急遽入りまして、ドキドキしながら参加しました。

危ないところは特になかったのですが、ついつい良い絵を撮ろうとして、カメラを担当した弊社デザイナーさんが高いところに登ろうとするので、それを静止したり。気持ちはよくわかるのですが、何かあったら私の責任ですので(汗

建てたばかりで営業オープン前のホテルに入らせていただき、VIPルームに入らせていただいたり、なかなか貴重な体験をさせていただきました。建設系の会社で働いたことがないので、現場は新鮮で楽しいですね!

古い写真をアルバムから引っ張り出して、1枚ずつスキャンしたりもしました。糊でアルバムにしっかり張り付いていたので、上からスキャンしましたので、画質はアレですが。社歴が長いところも表現できたかなと思います。

総合病院のウェブサイト

すっきりしない梅雨空が続くなぁ~と思っていたら、突然梅雨が明けて、今度はガンガンに日差しが照り付けるようになりました。もう少しマイルドに気候が変わってくれないものですかねぇ。あまりに極端なので身体が付いていきません (^-^;

さて、今回は病院さんのウェブサイトを作成させていただきましたので、ご紹介します。

AwesomeScreenshot--2019-07-25-18-07-36

https://www.yujin-yamazaki.co.jp/

コンテンツの量は相当に多いのですが、ウェブサイトとしてはスタンダードな造りになっています。HTMLをご存じないサイト管理者様でも簡単に更新できるようにコンテンツ管理システムを少々カスタマイズし、使い易く仕上げました。もちろん、レスポンシブウェブデザインで、スマートフォンにバッチリ対応しています。またSSLサーバー証明書を導入してHTTPS化も行い、ウェブサイトの利用ユーザーの個人情報保護に配慮しました。

the Farm universal Osaka を探訪

ちょっとご縁がありまして、the Farm universal Osaka に先日行ってきました。the Farm universal Osaka は、株式会社ユニバーサル園芸社さんが運営されている植物のテーマパーク的なところでして、展示されている植物の種類や量もすごいし、子供も大人も楽しめる場所になっているということだったので、ご訪問させていただきました。

訪問当日は小降りの雨模様・・・。入口の地図をざっと眺めてから、まずは腹ごしらえということで、FARMER’S KITCHEN なる場所を目指します。

IMG_1660

敷地内はいくつかのエリアに分かれていて、それぞれ名前が付いています。FARMER’S KITCHEN は、「おにわのみどり」エリアの奥にあるはずなのですが、いくら探しても見つからない!ぐるぐる同じところを回ってる・・・。10分以上さ迷ってから、たまりかねて社員さんと思しき方にご案内いただき、どうにか KITCHEN に到着!

IMG_1661

めっさお洒落なレストランです(汗)席に案内していただいて、席でメニューを見ながら注文するスタイルです。ごく普通ですね。カウンターでも注文できるのかな?

IMG_1662

まわりに植物がいっぱいなので、自然や植物が大好きな方にとってはたまらないですね。ここでパスタを注文し、10分で平らげました(笑)

IMG_1667

食事を終えて、あたりをブラブラ。これはたぶん「かんようしょくぶつのもり」のどこか。茂りすぎてて、道に迷いそうです。

IMG_1674

奥にふくろうさんがいました。他にも「いいんちゃう?」という関西弁を連発するかわいいインコ(オウムだったかな?)がいました。

IMG_1680

「おはなのもり」へ移動。こちらは整然とお花が並べられています。お花好き女子にはたまらないですね。事務所に緑が少ないから何か入れてみようかな。

IMG_1682

このエリアもずいぶん広いです。奥まで植物の棚が並んでいます。お洒落なお庭アイテムも並んでいます。

IMG_1683

多肉植物のコーナー。私の家族が泣いて喜びそうです(笑)

IMG_1686

多肉植物わんさか。いろんな種類を少しずつ買って行って、寄せ植えとかにするといいかも。

IMG_1688

他にもイチゴ園があったり、ヤギがいたりと、植物と園芸品のテーマパークといった感じ。買うこともできる植物園といった風情なので、時間が空いた時に気軽に散歩するのも良いし、気に入ったものがあれば買うのも良いし、植物に囲まれたお洒落なレストランでランチするのも良しって感じで、とても居心地の良い空間でした。

大阪府茨木市のちょっと奥まった場所にありますが、穴場的なポイントでもあるので、ぜひお近くの方は行ってみてください!

ウェブサイトはこちら。
http://the-farm.jp/osaka/

SDGs(エスティージーズ)って言葉、ご存知ですか?

よくわからないカタカナ語が流行っては泡沫のように消えていく世の中ですが、また聞いたことのないキーワードが現れました(笑)

SDGs(エスティージーズ)という言葉です。最初にこの言葉を聞いたのは1年以上前でしたが、最近ではかなり社会に浸透してきたようですので、ご存知の方も多いのかなと思いまして、ネタとして取り上げてみました。

AwesomeScreenshot-JAPAN-SDGs-Action-Platform-2019-07-11-20-07-41

私はこの分野の専門家でもなんでもないので、受け売りをただお伝えするだけですが、SDGs とは、Sustainable Development Goals の略で、翻訳すると「持続可能な開発目標」という意味だそうです。詳しくは外務省のウェブサイトをご覧ください。

JAPAN SDGs Action Platform | 外務省
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/index.html

資本主義の世の中って、より良い財やサービスを生み出したものが、莫大な金銭を手に入れて豊かな暮らしができるというルールですが、「誰一人として取り残さない、持続可能な社会の実現」という考えも一方で尊重していかないと、社会のバランスを損なって、資本主義のルールさえ維持できなくなります。そういう意味では、私たち日本人も世界的に見れば、豊かな暮らしをしている国民ですし、「金が全て、売上が全て!」と言わずに、SDGs の考え方に耳を傾けて、少しでもいいから取り組みを始めてみると良いと思います。

もちろん SDGs の活動を行ったら、自社のウェブサイトで高らかに「SDGs の趣旨に賛同し、こんな取り組みを行いました!」と訴えかけて欲しいですね。どんな小さいことでもいいと思いますし、新しいことを始めなくてもいいと思います。自社の事業を上位社会の視点から見つめ直し、ちゃんとそれらの社会に貢献していることを説明できれば、SDGs と言えるんじゃないかと思います。

どこからお金がかかるのでしょうか?

こんにちは、遅い梅雨の最中で、湿度が高いですね!
さて、今回もあまりネタがないので、よく聞かれる質問シリーズ。

商談をさせていただく際によく聞かれるのが「どこからお金がかかるのでしょうか?」という質問。商談を経て、見積をしようとすると、何らかの調査などを行わないといけないケースがあります。ウェブサイトを新規作成する場合は、あくまでお客様のご要望を丁寧に聞くだけで済むことが多いのですが、お客さんのウェブホスティングを引き継がないといけないケースだと、どんなウェブホスティングを使われていて、何が制約要因になりそうかを、あらかじめ見積もらないといけません。

これが結構面倒で、時間がかかる業務なのですが、これを請求される業者さんもあるようです。たしかに手間がかかるので、請求したくなる気持ちはよくわかるのですが・・・。今のところ、弊社は簡易的な調査であれば、無料で行っています。お客様のウェブホスティングを調査させていただいて、これはPHPがxxxのバージョンなので、最新版のWordPressでも動きますねーとか判断するわけです。

簡易的な調査は無料でやっていますが、やはり時間と手間と経験が必要な業務なので、あまりに時間がかかる場合や丁寧な調査が必要な場合は別途見積させていただくことも稀にあります。その際は調査費用として別途見積もりして、発注書をいただいたうえで、業務に当たらせていただきます。いきなり請求書を送り付けるなんてことはいたしません。(そういう例もあるようです。)

梅雨の湿気対策は除湿器で!

なんかネットショップのキャッチコピーのようなタイトルを付けてしまいましたが、当ウェブサイトでは除湿器を販売していませんし、ステマもしておりません。誤解なきように・・・笑

弊社はおそらく1970年代に建てられたと思われる、元生命保険会社のビル2Fのワンフロアに事務所を構えているのですが、ビルの構造上、どうも湿気がたまりやすいようで。夏になるとカビが発生して、その匂いに悩んでおりました。壁にうっすら生えたカビを定期的に擦り取ったり、いろいろ対策はしていたのですが、便利だなと最近思うのが「除湿器」です。

IMG_1519

昨年にAmazonで2万円前後で買った除湿器です。これがモリモリと湿気を取ってくれて、去年と今年はカビの匂いが一切しなくなりました。梅雨の時期ですと、だいたい朝の始業前にセットすると、夕方の終業前には満杯まで水が溜まっています。んで、湿気を貯めたくないので、梅雨の時期は夕方に水を捨て、セットして帰り、また次の日の朝に水を捨て、セットして仕事し・・・というサイクルを繰り返しています。

試したことはないですが、梅雨時期の家干しにもいいんじゃないでしょうか?たぶんいい感じで乾くと思いますよ。除湿器の便利さは十分に実感できたので、次に買うとしたらもう少し貯水タンクが大きめのものを買いたいですね。1日2回はタンクの水を捨てないといけないので、ちょっとでも回数を減らしたいなと。とりあえず今のままでも充分ですけどね。

人材派遣のウェブサイト

こんにちは!どっぷり梅雨入りして、モワッと湿度の高い気候が続いていますね。晴れたり雨が降ったり天気が不安定なので、なかなか写真撮影のスケジュールが組みにくくて苦労してます。早く梅雨が明けてくれないかな!?

さて、人材派遣会社様のウェブサイトを公開しましたので、ご紹介します。

20190620

https://advancework.net/

基本はコーポレートサイトですが、管理者によるお仕事情報の登録と表示、ユーザーによるお仕事情報の検索機能を備えており、簡易的な求人紹介サイトの仕様も備えています。お役立ちコラムやお知らせも管理者で自由に投稿できるようになっているので、コンテンツが充実してくれば、かなりアクセスの集められるウェブサイトになるのではないかと期待しています。

最近、忙しいですか?

ネタがなくなってきたので、よく聞かれる質問シリーズ!
お客さんの事業所に打ち合わせに行ったときに、よく聞かれるのが「最近、忙しいですか?」という質問。本当によく聞かれます。忙しいか、忙しくないか、そんなに気になるのでしょうか?(^-^;

どちらの答えを期待されているんでしょうね。忙しいと答えれば、「自分が依頼する仕事はなかなかやってもらえなさそうだな。」と思われる気がするし、忙しくないと答えれば、「人気がないなら頼まない方がいいかな。」と思われる気がするし。いつも悪い方に考えるので、そんな風に考えてしまいます。どちらで答えればよいかよくわかりません。

よくわからないので、馬鹿正直にいつも答えるのですが、最近「すごく忙しいです。。」とお答えしています。実際にすごく忙しくて、少なくともこの先一ヶ月くらいはみんなパンパンの状態です。ホームページってすでに浸透していると思いますし、需要は一巡したんじゃないかなとも思ったりするのですが、逆に社会に浸透したからこそ、着実な需要があるのでしょうか。なかなか仕事がなくなりません。なくなったらもちろん困るので、とてもありがたいことではあるのですが・・・。

ホームページを初めて作るんです!という事業者さんには最近ほとんど出会いません。みんな既にホームページを持っていて、それに不満を抱えておられるようです。情報量が薄すぎる、自社のイメージとギャップがある、更新が不便、ムービーが使いたい、スマホ対応したい、外国語版が欲しい等々。私たちがそのリクエストにうまく応えられているかはわかりませんが、お客さんの悩み事に真摯に耳を傾けて、愚直に取り組めているとは思います。あとは結果がついてくれば最高ですね。