呉服店のウェブサイト

ここのところ週末はトレッキング日和が続いていたのですが、今週末は雨模様のようですね。たまにはトレッキングもお休みして、仕事と個人の雑用でもやろうかなと思っています。

最近の個人ネタで言えば、シン・ゴジラを見たことですかね。山崎さんのブルーレイをお借りして見たのですが、まーよくできてる作品でした。最初から「なんてエヴァっぽいんだ!」と思っていましたが、庵野監督が作った映画だったんですね。そりゃ似てるわけだ。怪獣ゴジラを大々的に描くのではなく、怪獣ゴジラ出現に慌てふためく人々の姿を通して怪獣ゴジラを描くという視点が、とても新鮮で、予想外にリアリティがあって面白い!とにかく楽しかった!いわゆる怪獣好きより、エヴァを好んで見ていた人、社会問題に関心のある人とか、大人向けの作品だろうと思います。

さて雑談はこれぐらいにして・・・先日は宮崎県の呉服店さんのウェブサイト制作をさせていただきました。

ichihara

http://www.kimono-ichihara.co.jp/

しっかりとデザインされたウェブサイトを以前からお持ちだったのですが、スマホ対応をしたいということと、老舗感をもっと出したいということ、創業110周年と節目にも当たるということで、ウェブサイトのリニューアルを計画され、ご縁ありましてお手伝いさせていただくことになりました。

レスポンシブWEBデザインでスマホ対応をしましたので、かっちりとグリッドでレイアウトを組むのではなく、全幅を使ったゆったりとしたページレイアウトにしました。CMSはいつもの通り、WordPress最新版を導入しました。諸事情により以前の管理会社様からドメイン・ホスティング契約を引き継ぎましたので、弊社ではその移管手続きを代行し、ドメイン管理・ウェブホスティング・メールホスティングに至るまで、総合的なウェブ公開環境をご提供しています。

カラーミーショップの店舗デザイン

おはようございます。どうも本日は朝9時半から彦根市役所前でよさこいソーラン祭りがあるらしく、マイクテストの声が事務所内まで響いてきます。祭りが始まれば大音量でガンガンやるんだろうな・・・。お客さんもたくさん来て、歩行者天国にもなるだろうから、早く事務所から脱出せねば・・・と思いつつ、ブログを書いております。

さて、もう数年ぶりですが、カラーミーショップのデザイン依頼がありまして、先日納品させていただきました。久々すぎて請けるのどうしようかと思いましたが、既存のお客さんのリクエストでしたし、デザイナーさんのリソースも空きそうだったので、やらせていただきました。

20170618

以前の状態がどうだったかわからないのですが、何らかの原因で、テンプレートが派手に崩れてしまい、どうせならイチから作り直したいとのことでした。お客さんの事務所は何度も行っているので知っていますが、ごっつい鉄工所さんです。昔で言うと鍛冶屋さんですから、店舗名もカジヤをもじって付けられたようです。

鋼材を曲げたりくっ付けたりするのが本職ですから、金属を使った商品ならリクエストすればなんでも作ってもらえると思いますが、一般顧客向けに力を入れておられるのが水槽を納める大型水槽台です。一時期アクアリウムブームもありましたし、魚なら賃貸でも飼えたりしますから、需要はあるんでしょうね。

大学体育会のウェブサイト

非営利団体のウェブサイト公開が続きます。今週は大学体育会のウェブサイトです。

20170611
http://windsurfing19-77.com/

基本的なご要望は以前のボート部さんとほぼ同じです。伝統のある体育会なので、自分たちがスポーツを楽しめばそれでいいというわけではなく、大学関係者やウインドサーフィン関係者、OB・OGの方々、学生さんなど、広く対外的にも活動をアピールしていく必要があり、最低限Webは必要でしょう!ということでご依頼いただきました。

学生さんのウェブサイトということで、リーズナブルな予算で組ませていただいてこともあり、ごくごく標準仕様といった感じですが、今まで外部サービスを使用していた掲示板などを WordPress のプラグインで内部化して使いやすくした点や、さりげなくスクロールアクションや波打つアクションを入れて個性を出した点などは、お客さまにも喜ばれたのではないかと思います。

彦根市内には大学が3つもありながら、あまり関わりがなかったので、こうやってちょこちょこと繋がりを広げていって、将来的に学生さんにアルバイトやインターンに来てもらったり、Webをやりたいという学生さんがいれば入社してくれるといいなと思います。そのためには我々がもうちょっと上のレベルを目指して頑張らないといけませんが。

非営利団体のウェブサイト制作

5月を過ぎ、いよいよ6月になりました。弊社は12月末決算なので、6月の実績が出れば上半期決算が決まります。賞与の有無も決算次第ですので、頑張っていきたいと思います。
さて5月末はいくつかのウェブサイト公開がありました。まず1つご紹介します。

lions

http://hikone-lc.jp/

こちらは地元彦根のライオンズクラブさんのウェブサイトです。ライオンズクラブの名前は聞いたことがあっても、なかなか活動内容を知っている人は少ないかもしれませんね。主に事業主の方々が参加して、グループで慈善活動を行う団体で、環境保全活動や障害者支援活動や盲導犬育成支援などの活動を定期的に行っておられます。有益なビジネスを営むことも社会貢献のひとつだと思いますが、こうした奉仕活動によって地元の抱える現実や問題点が見えたり、普段関わりのない方々との交流ができたり、いろいろとメリットもありそうですね。

ウェブサイトの仕様としては、いつもの通り WordPressを使い、管理者が比較的自由に更新できるウェブサイトにしました。これでタイムリーに情報発信できるようになったのではないでしょうか。あとは歴代の広報担当者さんが作成したウェブサイトが管理しきれず、散逸してしまったものもありましたので、入手可能なコンテンツを使ってウェブサイトを再構成し、新たに取得した独自ドメインで公開しました。

メンバー紹介も統一感のある写真画像をご用意いただいて、新たに作成しましたので、なかなか見応えのあるコンテンツになりました。知っているお顔もちらほら。もうちょっと自分のビジネスが落ち着いてきて、自分が居なくても回るようになったら、こういう慈善活動の参加もいいなと思います。

持続可能な組織づくりのために

ちょっとネタがあるような、ないような微妙な時期なので、最近頭を悩ませていることなんぞ書いてみます。

弊社が本社を置く滋賀県彦根市は、関西の中でも北の端に位置し、山あり川あり湖ありで、住むにはなかなか良いところなのですが、周りの市町村を集めても人口が30万足らずで、なかなか微妙なマーケットだったりします。仕事は県外からも広くいただいていて、お陰様で忙しくさせていただいているのですが、求人採用活動はなかなかうまくいきません。いや、時々は応募いただけるのですが、はっきりいって即戦力がいない。

プログラム書いたことありません!という人は論外なんですが、学校でプログラミングは習ったことがあるとか、独学で勉強したとか、そういう実戦にはとても入れないけど、とはいえ全くの素人でもないという微妙な人がかなりの割合でいます。そういう方で勉強や仕事への意欲を感じられて、一緒に働いてみたいな!と思える人が、求職者の5人に1人くらいいるのですが、いざ働いてもらうとなると、やはり一定期間は与える仕事がなく、お勉強してもらうしかないという状況が続きます。

この人は3ヶ月で実戦に入れそう!とか読めればいいんですが、そこは入ってもらって実際にやってもらわないと、3ヶ月なのか、6ヶ月なのか、1年なのかわからない。教育訓練に回すお金がたっぷりあればいいんだけど、既存社員がまだまだ金銭的に満足できていないような状況で、使いものになるかわからない新人にお金を回すのは非常に怖い。なので、つい二の足を踏んで、微妙な人は不採用ということになります。零細企業の悲しい性です。

こんな求人採用活動をずっと続けてきたのですが、即戦力は感覚的には20人に1人くらいしかお目にかかれないし、世の中は微妙な人が多数を占めるわけだから、微妙な人の中でやる気やポテンシャルのある人を発掘し、実戦レベルまで引き上げてあげる努力をしないと、一向に人手不足は解消できないなと思い至りました。

まぁ、なんにしても金です。金がかかるのは仕方ないのですが、なるべく低コストで教育訓練を行える良い方法がないかということで、いろいろと良い方法はないか探していたのですが、今取り組んでみたいなと画策しているのはズバリこれです。

キャリアアップ助成金
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/part_haken/jigyounushi/career.html

これにはいくつかのコースがあってややこしいのですが、人材育成コースと正社員化コースが使えないかなと思っています。

人材育成コースはOFF-JT(社外教育)のみ、もしくはOFF-JT(社外教育)とOJT(社内教育)を組み合わせた計画のもとに教育訓練していくというもので、最低時給程度の賃金助成と、社外教育の経費助成が出ます。仮に40時間の教育訓練を行うと、賃金助成は30,400円、経費助成は100,000円で、合計130,400円が助成されるようです。(2017年5月現在)

また正社員化コースは有期雇用を正規雇用に転換した場合に一定額が支給されます。教育訓練がうまくいって、その人を正社員として迎え入れれば、1人当たり57万円が出るという仕組みです。(2017年5月現在)

書類作成の手間はかなりかかりそうですが、チャレンジする価値のある助成金だと思います。このサイクルで教育訓練を行うことで、持続可能な組織づくりができればと思っています。

自社ロゴマークを入れたノベルティーグッズ作成

ノベルティーグッズはあまり作ったことがなかったのですが、会社設立で10周年を迎えたということもあって、いくつかノベルティーグッズを作ってみました。1つめはモバイルバッテリー。筐体がプラスチックだと安いのですが、今回選択した筐体はメタルで、そこそこ金額がするので、ごく少数しか作っていません。もらえたらラッキーぐらいに思っていただければ・・・。

20170521-1

20170521-2

設計からとなると大変ですが、既にできているモバイルバッテリーの外面にロゴマークをプリントするだけなら、わりと簡単にできますので、みなさんも作ってみてはどうですか?

20170521-3

あとはクリアフォルダ。クリアフォルダはよくもらうのですが、全面に会社の宣伝がプリントしてあると再利用がしづらく、なくなく捨てることが多いです。左下にロゴマークを入れるくらいなら、それほどロゴマークが主張しませんし、中身がちゃんと透けて見えるので、再利用はしやすいかなと思います。

ノベルティーグッズはぶっちゃけ広告宣伝効果はありませんが、ふだんお世話になっている方々に、感謝の言葉を添えてお渡しすれば、きっと喜ばれるものだと思います。(クリアフォルダは消耗品なので、お渡ししても表面的には喜ばれないと思いますが、何気に便利なので内心は欲しいんじゃないでしょうか。)

予算に余裕があれば、またいろいろ作ってみたいですね。個人的には傘を作りたいです。急に雨が降り出したときに、お客さんに渡せるといいなと思います。

小規模事業者持続化補助金でホームページ制作

ゴールデンウィーク休暇が終わり、今週から通常営業を開始しています。なんと9日間も休ませていただいたので、今週は仕事を黙々とこなしていた感じですね。個人的には遊び過ぎてか、今週になって風邪を発症してしまい、風邪薬の睡魔に耐えながらの仕事で辛かったです。

さてゴールデンウィーク明け第一週ということで、何にもネタがありませんので、今受け付けしている補助金の話題でも。

ホームページ制作やシステム開発に使える補助金は毎年出てくるのですが、商店や個人事業主など、小規模事業者さんにオススメなのが、小規模事業者持続化補助金です。

小規模事業者持続化補助金
http://h28.jizokukahojokin.info/tsuika/

これは従業員が5人以内(一部サービス業と製造業は20人以内)の法人・個人事業主が、販路開拓や生産性向上のために要した費用のうち、2/3を国が助成するという制度です。30万円を使ったら、そのうち2/3の20万円が国から出るという感じです。国の助成金額の上限は50万円なので、例えば90万円を使ったら、そのうちの2/3の60万円が出るわけではなく、50万円まで出ることになります。商工会議所経由で提出する補助金になりますので、申請する場合は最寄りの商工会議所にまずご相談ください。

うちもぜひ使いたい補助金なのですが、従業員が7名になってしまい、使えないんですよね。今回の小規模事業者持続化補助金のほかに、マル経融資とか小規模事業共済とか、小規模事業者だけが使える有利な制度があるので、該当される事業者さんはどんどん使うといいと思いますね。それが微妙に使えないので、とても羨ましく思います。

パッケージデザインの提案事例

弊社は基本的にウェブデザイン+システム開発の会社なのですが、たまーに毛色の異なるデザイン依頼も来ます。先日は携帯トイレとエチケット袋のパッケージデザインをしてくれないか?というご依頼がありましたので、機会をいただけるなら貪欲にトライしてみようということでチャレンジさせていただきました。まぁ、仕事が一段落したところで、時間的余裕があったということもありますが。結果としては不採用になってしまったのですが、こんな感じです。

20170430

デザイン担当は入社3年目のTさん。つい最近ご入籍されたところで、勢いに乗る彼を以てしても、コンペの壁は破れませんでした。実に残念です。

基本はウェブデザインをやっている弊社ですが、デザイン繋がりということで、結構いろいろなデザイン依頼をいただきます。パッケージデザインも変わり種ですが、一番変わっていたのは店舗の内外装デザインかなぁ。

プロダクトデザインとなると、製品の機能や性質まで熟知していないといけないのでしんどいですが、今回のような四角い平面の内側をデザインするだけなら、予備知識はそれほど要りません。看板デザイン・パッケージデザイン・名刺デザイン・封筒デザイン・チラシデザイン・パンフレットデザインなどは、わりと取り組みやすいですね。

お請けできるかわかりませんが、最近は既存のお客さんから、「WEBのついでに他のデザインも・・・」というご依頼が大変増えてきまして、ウェブ以外のデザインもかなりやっておりますので、デザインにこだわりたいというお客様でしたら、お声を掛けてください。

大阪支社(仮)を開設しました

皆さん、こんにちは。ナックウェブは、4月29日(土)~5月7日(日)までGW休暇とさせていただいておりまして、私も休暇を満喫中です。

昨日もさっそく登山に出掛けたのですが、午前中は天気が良かったのに、午後になって急に雲が出てきて、そのあとかなりの雷雨で大変でした。雲が出てきた段階で、降雨チェックアプリを見て、かなり近くまで雨雲が来ているのは気づいたので、登頂を諦めていち早く下山したのですが、稜線歩きの人や山頂まで行った人は大変だっただろうなと思います。メジャーな山なら山小屋もあるのですが、私が行くのはたいていマイナーな山なので、避難する場所がどこにもないんですよね。どこに居ても雷が落ちてきそうで怖かったです。自分も無事だったし、落雷事故の話もないので、良かったなと思いますが。

さて、連休前はかなり忙しかったのですが、公開できる作品がないので、ちょっとした会社のネタでも。

以前から大阪に支社を作りたいな~と何となく言ってたのですが、いざ作るとなるとお金もかかるし、手間もかかるしで、伸ばし伸ばしになっていました。大阪でいくつかのご縁もあったので、そろそろいいかなと思い、大阪支社(仮)を設立しました。とはいえ、大阪淀屋橋のバーチャルオフィスでとりあえずのスタートです。

まぁ、こんな感じのビルの中です。大阪支社ではシステム開発関連の業務を主にやっていこうかなと思っています。EC-CUBEとか、WordPressとか、フルスクラッチ案件とか、そういうのがメインですね。できれば彦根本社とは別で運営したいなと思っているので、案件の仕様決定やスタッフ管理ができるシステムエンジニアさんや開発の中核になるプログラマーさんを募集しています。誰かいい人いないですかね~。当面は彦根のスタッフが彦根と大阪の間を行ったり来たりしながら、最終的には大阪のプロパーのスタッフで大阪の案件を回せるようにできるといいなと思っています。

パート・アルバイト募集開始!

こんにちは、桜もすっかり散って、完全に春って感じになりましたね。さて今週のトピックは、パート・アルバイトさんの募集を本格的に開始したことです。以下の2職種で募集しています。

・プログラマー 時給 1,200円~
・マークアップエンジニア・HTMLコーダー 時給 900円~

正社員募集については新卒・中途とも継続的に行っていて、ちょくちょくは応募いただいているのですが、なかなかスキルのある方が居られないのですよね。業務経験はなくてもいいのです。家で独学でウェブデザインやりましたーとか、プログラム書いてみましたーとか、そんなのでいいのです。家で簡単に取り組めるのだから、少しやる気があるところを見せてくれれば、一緒に仕事がしてみたい!と私たちも思えるのですが。とりあえず会社に入れば後は会社がなんとかしてくれるって、他力本願な人がやはり多いです。学生意識がなかなか抜けないのかもしれませんね。学校と実社会では天と地ほどの違いがありますからね、無理もないのですが。

さてそんな愚痴を言っていても仕方がないので、門戸をできるだけ広げて、いろいろな人に弊社の仕事に参加してもらいたいと思い、パートタイムとアルバイトの募集をしてみました。以前、プログラマーやHTMLコーダーをやっていたけど、結婚・育児などでフルタイムで働けなくなった方とか、ご家族に高齢者や障碍者が居られて介護をしなければならない方とか、家で独学でデザインやプログラミングをやっている学生さんとか、そういう方々ならお互いにメリットのある話かなと思います。

求人に関しては、電話またはメールでご相談いただければOKです。
TEL 0749-26-7979 (平日9:00~18:00)
Mail info@nakweb.com

話は変わりますが、ワークライフバランス推進企業というものに先日登録してみました。
http://www.pref.shiga.lg.jp/f/rosei/wlb/wlb03/hikone/nakkuweb.html

「シングルマザーや要介護家族支援者等の仕事と育児・介護を両立するパートタイマーを積極採用し、継続勤務しやすい職場環境を作る。」が弊社の掲げた行動計画ですし、それに沿ってパートタイマーを募集したという事情もあります。仕事に使える時間の少ないパートタイマーが現実的にどれだけ戦力になるか、お客様が求める価値の創造に参加できるのかは、その人の知識と技術にもよりますし、家庭の事情にもよるので、やってみないとわからないというのが正直なところです。良い出会いがあるといいのですけど。