電子部品メーカーのウェブサイト

寒い日々が続いていますが、彦根地方は幸いなことに今シーズン積雪らしい積雪もなく、順調に仕事が進められて、非常にありがたいです。

さて新規のウェブサイトを公開しましたので、ご紹介します。

20190215

https://epc.elnapcb.com/

電子部品メーカーさんのウェブサイトです。キービジュアルに電子基板の画像を配置し、その上にウネウネと動く幾何学的な模様を置き、ちょっと面白い印象に仕上げました。日本語 / 英語の両対応も実現しました。最近メーカーさんのコーポレートサイトリニューアルのご依頼が大変増えています。日本の経済を下支えしている製造業さんのお仕事をさせていただけるなんて、光栄ですね!

きものレンタルのウェブサイト

いま、京都を中心にレンタルきものがアツいらしいですね。着物を着て街を歩いてみたいという外国人観光客のニーズはかなりあるらしく、レンタルきもの店が大繁盛のようです。日本の着物が普段着になることは今後おそらくないと思いますが、日本人の民族衣装として着物はしっかり定着しているようです。そういう意味では、外国人観光客をターゲットにするのが着物ビジネスとしては妥当なんでしょうね。

今回のウェブサイトは外国人ターゲットではありませんが、既存のきものレンタルをもう少し大々的に行いたいというご要望を受けまして、まずはウェブサイトでブランディングと広告宣伝をお手伝いさせていただきました。

20190209

http://tsutaya.furisode.biz/tsutaha/

着物に縁遠くなった日本人に着物を着てもらおうと思うと、単価を下げるより仕方がありません。今はモノの購入から利用へと、考え方がシフトしています。着物をレンタルするというのも時代の流れですね。数百着のレンタル着物が用意されているとのことですので、好みに合った着物もきっと見つかることでしょう。大阪府枚方市方面の方はぜひお店を覗いてみてください!

語学教室のウェブサイト

法人決算の時期になってきました。昨年度は「もっとがんばろう」という感じでしたね。
もっと精進いたします!

さて新しく公開した案件がありましたので、ご紹介します。

20190202

https://www.small-w.com/

以前は明るくカラフルなロゴマークを使っておられて、ウェブサイトも子供さんが喜びそうな明るく楽しい雰囲気だったのですが、実際には大人の生徒さんが多いとのことでしたので、子供っぽさを薄めて、少し大人っぽくデザインしました。とはいえ、あまり重々しいデザインでも敷居が高く感じてしまわれますので、適度なポップさは出しました。

小さな語学教室さんですが、英語だけではなく、他の言語にも対応されていたり、とてもアットホームな雰囲気で、気軽に学べる環境になっていると思います。ぜひトライしてみてください!

生活関連サービスのウェブサイト

インフルエンザ警報が出ているようですが、皆様はお風邪を引いてはおられませんでしょうか?弊社も風邪が大流行し、あちこちからゴホンゴホンという咳払いが聞こえていたのですが、何とかピークを過ぎたようです。私も少し風邪をもらいましたが、2日ほどで回復したので、仕事への影響はありませんでした。

さて、ウェブサイトを一件新規公開しましたので、ご紹介します。

20190126

https://zenith-web.jp/

私たちのような仕事をしていると、「インターネットを使って新しい事業を始めたい」とか、「インターネットで新しい事業を広告宣伝したい」という話をよくいただきます。もちろん私たちはWEB屋なので、喜んでお作りしたいところですが、実は新規ビジネスのウェブサイトの案件って、新規ビジネスの内容を決めるのが仕事の9割で、ウェブデザイン制作は1割ぐらいだったりします。事業内容を決めずに、ナックウェブに言えば何とかなるだろ、くらいに思っておられる方が多いのですよね・・・。

過分なご期待をいただきありがたいのですが、私たちも経営コンサルティング屋さんではないので、こうすれば新事業がうまく行きますよと、計数を使って説明することはできないのですが、ウェブサイト制作を通して実にたくさんの事業をこの目で見てきましたので、何がうまく行くかはわからないにしても、「これはアカンやろ・・・」というのはさすがにわかります(笑)そんなわけで「ここは最終ユーザーさんはわからないと思うので、もう少し丁寧に文章を書いてください」と僭越ながらご指導させていただいたり、クライアント様が白旗を挙げられたら、一緒に文章を考えたりすることもままあります。これが何気にウェブサイト制作より大変だったりします・・・。

ま、愚痴はこれぐらいにしまして。このウェブサイトのクライアント様は非常に協力的に原稿をしっかり出していただける方でしたので、そういう苦労は少なかったと思います。ですが新事業をビジュアルで表現するのはそれなりに労力のいる作業で、既に事業を何年も営まれている会社さんのウェブサイトを作るのとはわけが違いました。それだけに感慨もひとしおです。商売繁盛していただけるといいなと思います。

化学原料メーカーのウェブサイト

新年度を無事に迎えることができ、ホッと一安心といったところですが、続々と新規案件のお話をいただいており、嬉しい限りです。景気が悪いのかと思っていましたが、消費税増税前の駆け込み需要ということもあるのかもしれませんね。何はともあれ、ご相談いただければ一生懸命ご提案をさせていただこうとおもっております。

さて、年末に公開したメーカーさんのウェブサイトをご紹介します。

20190119

https://www.ohmi-chemical.co.jp/

風の強い湖岸でドローンを飛ばして空撮を行ったり、白い粉状の製品を何度も撮り直して製品の違いができるだけわかるようにしたりと、いろいろと難しい点もありましたが、なんとかスケジュール通りに公開することができました。海外取引も多いとのことですので、英語・中国語・韓国語にも対応しましたし、スマートフォン対応、HTTPS対応もさせていただきました。良いウェブサイトに仕上がったと思います。

スポーツサングラス加工のウェブサイト

年が明けて最初の週が終わりました。トラブルと言えるほどのトラブルもなく、新年度をソフトランディングできたのは良かったなと思います。ただバタバタと忙しくて正月気分は一気に吹き飛びましたね。正月休みの思い出に浸る余裕は全くありませんでした。まだ1週間しか経っていないのが信じられませんね・・・(^-^;

さて年末に公開したウェブサイトをご紹介します。スポーツサングラスを度付きにするという、とても斬新で個性的な商品(サービス)です。

20190112

https://magna-fit.com/

私は登山にちょくちょく行きますが、実はサングラスを使ったことがありません。もともと目が細いせいか、あまり眩しく感じないのですよね・・・。なので生涯でサングラスを常用したことがないのですが、昨年にスキーに行って、日光が雪面にキラキラと反射したときはさすがに眩しくて、サングラスが欲しいなと思いましたね。

私は普段はコンタクトレンズをするので、普通のサングラスで問題ないと思うのですが、コンタクトレンズが嫌いな方は度付きサングラスが必要になりますね。サングラスを度付きにする方法はいくつかあるそうですが、サングラスメーカー標準の度付きレンズに交換するとか、取付器具を使ってサングラスに度付きレンズを装着する方法があるそうです。前者は費用が非常に高くなるし、後者は取付器具を装着する分重くなります。

その点、このウェブサイトでご紹介する「マグナフィット」だと、度付きレンズを強力マグネットでサングラスに付着するため、装着器具などを使用する必要もなく、比較的スマートにサングラスの度付きを実現することができるとのことです。なかなか面白い発想ですね。

既にスポーツ選手にもご利用いただいて好評を得ているとのことなので、スポーツサングラスの度付き・度入れに悩んでおられる方はご相談してみてはいかがでしょうか?

2019年 新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

とうとう明けてしまいましたね、2019年。おそらく今年は消費税増税やらで景気が一気に冷え込みそうな感じはしますが、あまりマクロ経済を考えても仕方がないので、いろいろな選択肢を頭に置きつつ、臨機応変に対応していけるようにしていきたいと思います。来年以降は東京オリンピックや大阪万博という明るい材料もありますので、なんとか景気が良くなってくれればとは思いますが・・・。

まずは目先のお仕事をしっかり完遂して、お客さまの信頼を得て、社会のお役に立っていきたいですね。本年度の営業は1月7日(月)から開始となります。本年もよろしくお願いいたします。

高齢者福祉施設のウェブサイト

さすがに年末は公開ラッシュで、本当に忙しい毎日でした。どうにか年末年始休暇に無事入れたようで良かったです。さて、年末に公開したウェブサイトを1件ご紹介します。

20181228

https://maple-kofu.com/

滋賀県草津市の高齢者福祉施設のウェブサイトになります。数年前にお作りさせていただいて、当時は建物もできておらず、ほとんど写真素材がない状態での作成でしたので、思うように作れず歯がゆい思いをしたのですが、今回は写真撮影も弊社でさせていただき、情報量もアップして公開させることができました。

来年春には二号館ができ、今の倍以上の規模で福祉事業に当たられるとのことですので、再度写真撮影をさせていただいて、プチリニューアルをする予定です。ご期待ください。

とうとう年内最後の投稿になりました。来年、2019年が皆様にとってよい年になりますようお祈り申し上げます。

実際に会って話すことの大事さ

なんと今年度の業務があと4日となってまいりました。今年中にあと3件のウェブサイトを納品しないといけないと思うと、「本当に大丈夫か!?」と不安でゾクゾクしてきますが、私はスタッフのみんなを信じて、粛々と営業と事務にあたろうと思います。

さて仕事をしていると、人によって電話派とメール派に別れるのに気づくのですが、私はメール派なので、クライアントとのコミュニケーションは基本的に電子メールです。電子メールだけでビジネスを最初から最後まで終えられる!と思っていた時代もありましたし、業務内容をうまく限定すれば、電子メールやチャットですべてを済ませることは可能だと思っていますが、私たちがやっているフルオーダーメイドのウェブサイト制作だと、電子メールだけで済ませるのは無理だな、とも感じています。

その理由で一番大きいのが、、私たちやクライアントの文章力の欠如です。クライアント、、と言いましたが、これは別にクライアントを非難しているわけではありません。クライアントによって得手不得手がやはりあって、おしゃべりが得意な人は文章が苦手で、文章が得意な人はおしゃべりが苦手な傾向にあるようです。クライアントは何らかのビジネスをされているわけですから、最終顧客とは何らかの形でコミュニケーションをしておられますが、それが文章とは限らず、ローカルビジネスであればあるほど、会話でのコミュニケーションに頼っておられる割合が多いようなのです。

当然、会話でのコミュニケーションに長けた方は、お会いするとよく喋られますし、お話もわかりやすいし面白いし、さすがだな~と思います。それが文章になると、なぜか要領を得ない文になる。不思議に思っていたのですが、会話も文章もどちらもある程度の訓練が必要ですし、みなさん自分が得意な方法で最終顧客とコミュニケーションをされているので、どちらかの能力に偏ってしまうのでしょうね。

ローカルビジネスを営んでおられる方であればあるほど、会話でのコミュニケーションを得意とされているので、なかなか文章で詳細を伝えてもらうのが難しい。それであれば会いに行けば、いろいろわかるんじゃないかと思い、最近はお客様に会いにいくようにしています。会ってみると、たいていのクライアントは非常に饒舌に話されるので楽しいですし、電子メールに比べると、入ってくる情報量が雲泥の差なので、フルオーダーメイドのウェブサイト制作は抜群に進めやすくなります。

会いに行く方が絶対にいいのですが、そうすると今度はこちら側が話の要点をまとめたり、取捨選択を行ったり、意思決定のサポートを行ったり、いろいろとやらないといけなくなります。これがウェブサイト制作とはまた違ってスキルが必要になり、大変です。なにせお客様はやりたい事がたくさんあり、「あれもやりたい」「これもやりたい」とマシンガンのように話されますので、メモをしていても追いつきませんし、仮に録音していたとしても、話す情報量が多すぎて拾い上げることができません。

会いに行く方法だと、クライアントはご自分のペースで好きなように話せるので、会話が得意なクライアントにとっては最も良いコミュニケーションでしょう。私たちにとっても、電子メールでは得られないような膨大な情報を一気に得られるので、非常に効率が良いです。ですので基本的にはお会いしにいくようにしているのですが、後で「あれも言っておいたでしょ?」と、追加仕様を決められた予算内でどんどん出して来られる方も居られて、良し悪しだなぁとも思いますね。議事録を付けて、双方合意しながら進めれば良いのですが、それも時間とコストが掛かりますので、ケースが限られるのですよね。

まぁ、いろいろ愚痴っぽいことを申しましたが(笑)、私たちの拠点はローカルであり、ローカルビジネスを営んでおられる事業者様が私たちのお客様であることを考えると、クライアントの言葉に耳を傾け、情報を整理し、意思決定をナビゲートするのも、私たちに課せられた役目なんだろうと思っています。半分、経営コンサルをやっている感じですけどね。でもクライアントの悩みに付き合うのも楽しいですし、来年もそんな感じで頑張っていきたいと思います!

またまた出張撮影

先週も言ったように思いますが、いよいよ年末ですね。やらないといけないことが多すぎる!年内に納めないといけないお仕事もかなりあるので、みんなバタバタしてますね。さて、最近週に1回くらい出張撮影に同行している気がしますが、今回も出張撮影に行ってきました!

20181216-1

まだ建設中の建物なのですが・・・、この上の高台に建っている施設を主に撮影させていただきました。来年春には下の施設もオープンするそうで。どんどん事業拡大していってて、素晴らしいですね。WEB制作って土地や建物や工場が必要なわけではないので、こういう事業者さんを見るとちょっと羨ましく思いますね。それだけ責任重大でしょうけど・・・。