作成者別アーカイブ: nakweb

ビジネスライティング講座を実施しました

コロナ禍でオンライン化が一気に進みましたが、
であれば今まで以上にコミュニケーションに磨きをかける必要があります。
オンラインコミュニケーションでは、主にテキスト・音声・映像の3つの要素があります。
その中でも弊社が最もよく利用するのはテキストによるコミュニケーションです。
そこでテキストライティング能力を高めるため、
外部講師を招いてビジネスライティング講座を行いました。

予定時間は約1時間。
最初は講師による講演をしていただき、その後に質疑応答という一般的な方法です。
社員だけのクローズドな講習なので、みんなリラックスしてドンドン質問が出てきました。
予定の時間を大幅にオーバーしましたが、無事に講習を終えることができました。

感想ですが、自分は比較的文章が得意だと思っていたのですが、全然ダメだなと思いましたね。
独りよがりになっていたと思います。
短時間でテキストに起こせるというだけで、相手に伝わる文章になっていませんでした。
論文でもなく小説でもなく。
ビジネスコミュニケーションの文の書き方って、習ったことがなかったと思います。

大いに学びがありました。
しっかりとした知識と経験を身に付けた方の講義は本当に刺激になるなと思いました。
またこのような学習イベントは頻繁に行いたいと思います。

来週は社員による事例発表もあります。
楽しみです。

追伸
習ったことを意識して文章を書くと、なんだかぎこちなくなりますね。
しばらく文章の練習にお付き合いください。

コロナ緊急事態宣言解除後の状況について(6月28日現在)

緊急事態宣言が解除され、県を跨ぐ移動制限もつい先日解除されました。ようやく元の日常が戻ってきた感じがしますね。

6月に入ってから、弊社も客先訪問を解禁にしましたので、週1程度で客先訪問がスケジュールに入ってくるようになりました。とはいえ、リスクは最小限にしたいので、最初はオンライン商談をお願いし、通信環境や端末がないなどの理由でオンライン商談が難しい場合は客先訪問という形にしていますので、ほとんどがオンライン商談になりました。スケジュールを見ると8~9割はオンライン商談という感じです。客先に出向く時間や交通費が掛からないのでその分をお客さまにも還元できるので、今後も極力はオンラインで進めたいと思っています。

緊急事態が一段落したということで、社会も一斉に動き出した感じがします。6月から電話や問い合わせが一気に増えました。既存のクライアントさんからも増えましたが、新規さんが多いです。今までネットを避けて来たけど、今後は避けられそうにないということで、自社WEBメディアのてこ入れや見直しをしたいという要望が大半です。各種補助金が発表されたことも大きいでしょうね。ちなみに弊社もIT導入補助金の支援事業者になっていますので、良かったらお問い合せください(^▽^)/

あとやはり多いのはEC化ですね。今回のことで非対面の営業が求められるようになりましたから、営業マンによる営業オンリーではなく、ECを使ったネット販売に着手したいというところがかなり出てきました。先進的な会社はもともとECには積極的でしたが、既存の卸小売などに配慮してECをやってこなかった製造業さんで、EC化が真剣に検討され始めています。B2C(一般顧客向けEC)が一般的ですが、B2B(事業者向けEC)も行いたいとか、それらを1パッケージで同時に行いたいという要望が出てきておりますので、弊社のシステム開発能力がお力になれればと思っています。

時代が一気にオンライン化・WEB化し、弊社が担うべき役割も益々大きくなっていくと思いますので、既存社員のスキル高度化、業務の可視化と合理化、人員増強や組織作りを急ピッチで開始しています。これからのアフターコロナ・ウィズコロナの時代に、中小企業の頼れるWEBソリューション企業の姿を目指してまいります。

建設会社のウェブサイト

県境を跨ぐ移動も6月19日にようやく解除になりました。さっそく隣県の観光地に車で行ってきましたが、県外ナンバーの車だらけでした。みんな解除を待っていたのでしょうね。これで大手を振って県外へ移動できますが、まだ都市部では新型コロナウイルス感染者が1日2桁で発生しているようで、濃厚接触を避ければ大丈夫なのでしょうけど、人の多いところはちょっとためらわれますね。早く特効薬かワクチンが開発されればいいのですけど。

さて、つい先日、ウェブサイトを1件公開しました。

20200621

https://www.biwako-maruya.co.jp/

以前に新製品の紹介サイトを作らせていただいたクライアントさんなのですが、それが非常に好評でしたので、今回は会社の顔となるコーポレートサイトを作成させていただきました。

コーポレートサイトは集客を目的としたウェブサイトではないので、これで劇的に認知度が上がるというわけではありませんが、長い歴史のある会社様ですし、多様な事業を営まれているので、まずはコーポレートサイトでしっかりと足元を固めて、取引先企業や求職希望者、さらに地元の方々など、ステークホルダーの皆様にクライアントさんの会社の姿をお知らせできればと思っています。

今後いくつかの重要な事業を切り出して、事業ごとに独立したウェブサイトを設けて、見込顧客の獲得に努めたいと考えています。

環境関連のコーポレートサイト制作

6月に入って2週間が経過しました。ほとんどのメンバーがテレワークから戻ってきて、外線電話もバンバンなりますし(営業電話が多いですが 汗)賑やかになりました。弊社はすっかり通常モードに戻った感じですが、飲食ホテル業界の客の戻りが気になります。栄枯盛衰は世の常なので何ともならないのですが、お気に入りの店は踏ん張って欲しいところです。

さて廃棄物処理関連のウェブサイトを公開しましたので、お知らせいたします。

20200612

https://nakazawatrading.com/

こちらは民間事業所や店舗を回ってゴミ収集する廃棄物処理業者様になります。ゴミ収集車を十数台お持ちなので、車をズラッと並べた写真を使いたかったのですが、ちょうどよい場所が見当たらず、2台のみの写真になりました。天ぷら油のリサイクルに力を入れておられるので、大量に油を使用される事業所様はぜひお声を掛けてみてください。

住宅資材メーカーのウェブサイト

今週から県内出張解禁となりましたので、今週は今まで貯め込んだ商談であちこち訪問しておりました。コロナ禍で急激に進んだ非対面化とオンライン化に皆さん一様に戸惑われているようですが(私ももちろん戸惑っています)、ご商談いただいたお客様はこの状況は今後も続くと見込んで積極的に投資をしていこうというマインドをお持ちの方ばかりでした。なんとかお力になれるようスピード感を持ってご提案できればと思っています。

さて先日公開したウェブサイトをご紹介します。2×4住宅資材を作っておられるメーカーさんのコーポレートサイトです。

20200605

https://www.shigawood.com/

いろいろな試みをやらせていただいたのですが、今回はドローンで工場敷地内をあれこれ撮影しました。まっすぐ飛ばすという制御が難しく、しかもフォークリフトも動いていたりして、なかなか厳しかったですが、地面から少し持ち上げて地面と平行に飛ばした動画も挿入してみました。たくさんの方にご覧いただければと思います。

レジャー施設のウェブサイト

コロナ禍がだいぶ落ち着いてきたようですね。来週からはテレワーク社員のほとんどを通常出勤に戻し、県内事業者様への往来も開始しようと思っています。ただ東京や北九州でクラスター感染も起こっているようで、なかなか気が抜けません。こんな感じが今年いっぱいは続くのでしょうか・・・。

さて、レジャー施設といいますか、ゴルフ練習場のウェブサイトを制作させていただきました。

20200530

https://www.sazanamigolf.com/

それほど大規模なゴルフ練習場ではないと思いますが、この練習場が素晴らしいのはなんといっても琵琶湖を望むロケーションですね。こんなに爽やかで景色の良いゴルフ練習場はなかなかないのではないでしょうか?

湖岸道路に面しているので、存在だけは知っているという方も多いと思いますが、素晴らしいロケーションですので、当ウェブサイトでサービス内容を確認いただいて、ぜひ一度プレイしてみてください。

工務店のウェブサイト

コロナは一段落してきた感じですが、まさにこれから経済への影響が出てくるのかなと思うと、ソワソワと落ち着かない毎日を過ごしています。心配してばかりいても仕方がないので、アフターコロナのことを考えたりしています。

今回のことで人と接することを前提とした事業のリスクを事業者の皆さんが実感したと思いますので、既存の対面事業を少しずつ戻していきながら、リスクヘッジや商売替えでオンライン事業を加速させるんだろうなと思います。私たちWeb業界にとっては追い風にも思えるのですが、ビジネスの主戦場がオフラインからオンラインに移っていって、私たちも不要になったり、淘汰されたり、飲み込まれたりするのではないかという不安はあります。そうはならないよう頑張っていきたいと思います。

さて先日、工務店様のウェブサイトを公開いたしました。

202020510

https://www.lifa-tnb.com/

工務店さんのウェブサイトはかなり多く作らせていただいているので、おおよそ慣れたものなのですが、クライアントさんに最初にご相談いただいた時から、「この方向性で本当にいいのか!?」という疑問というか違和感が凄くありましたので、お節介ながら制作前の企画・コンサルティングにずいぶん時間を掛けました。

もちろんクライアントさんの当初のリクエストに沿って進めるのも全然有りだとは思うのですが、クライアントさんのリクエストも確定のものではなく、あくまで仮説や試案だったりしますので、まずはそれを疑って、「本当にそれで目的は達成できるのか?」を疑って、勇気をもって指摘してみるのは大事だと思うのですね。

今回はウェブサイト制作を通して一歩踏み込んだ提案ができたかなと思っています。

業界団体のウェブサイト

コロナ禍が落ち着いてきたようですね。そろそろ落ち着いてくれないと、本当に経済がヤバいです。もともと業績が悪かったところは救いきれないと思いますが、これも経済循環のひとつですし、仕方ないですね。

そういえば昨日はレナウンが民事再生法申請するというニュースに驚きました。レナウンというと、「レナウン~レナウン娘が~♪」というTVCMが昔はよく流れていて、なんとなくメジャーブランドのイメージがあるのですが、最近は名前を聞くことも少なくなっていました。業績が厳しかったのですね。これも栄枯盛衰と言えましょうか。

潰れていく会社もある一方、人々のために良質なサービスを提供してくれている事業者さんにはぜひ生き残っていただきたいです。持続化給付金が入ったら、地元のお気に入りのお店をいろいろ回ろうかな。繁盛してくれているといいなと思います。

もちろん弊社も生き残りをかけて全力で頑張りますし、アフターコロナを考えて、いろいろと動いています。今までの経済はオフラインがメインで、オンラインはおまけといった感じだったかもしれませんが、これからはオンラインが主戦場になります。中途半端なオンラインサービスでは生き残れないと思うので、抜きんでたオンライン関連サービスを提供するか、オフライン x オンライン で新たなビジネスを展開していくか。Web制作業界も大きく変わりそうです。

さて、先日、協会さんのウェブサイトを公開させていただきました。

20200516

https://shiga-bouhan-bicycle.net/

個人的にはもう少しデザインに凝りたかったのですが、数百の加盟店から成る業界団体さんでしたので、精緻なデザインというより、使い易さ・見やすさ・平易さを重視して、Web制作いたしました。自転車には社会に出てからは乗っていないので、「そういえば防犯登録シールが貼ってあったなぁ~」ぐらいにしか記憶していなかったのですが、加盟店と協会と警察の連携で、こうした仕組みが維持されているのを初めて知りました。最近は立派な自転車で琵琶湖一周なども流行っているので、自転車防犯登録をしっかり行って、盗難に備えていただきたいと思いますね。

コロナとどう付き合っていくか?(2020/5/10現在)

刻一刻と状況が変わっていきますので、ゴールデンウィークが明けた節目ということで、徒然なるままに今の心境を書いてみたいと思います。

まず5月6日までと言われていた緊急事態宣言が全国で延長されましたね。ゴールデンウィーク前から、「延長されるかもしれない」という前振り的な情報はありましたから、心の準備はできていましたが、いざ延長されると、「この先どうすればいいんだろう?」と漠然とした不安が襲ってきます。

正直なところ、うちの会社で言えば、コロナショック前から受注がかなり積み上がっていたので、今も忙しくさせていただいておりますし、あまり変化はありません。テレワークをしていることで、うちもコロナと向き合っている感覚が保てている感じかもしれません。

緊急事態宣言延長に伴って、弊社で既に実施していた社内外の往来禁止も5月末まで延長することにしました。オンラインミーティングでコミュニケーションが取れているので、ほとんどは問題ありませんが、一部のお客様はやはりオンラインミーティングに対する抵抗がお有りのようで、オンラインミーティングするくらいなら打ち合わせを延期したいという方も居られました。

日々テレワークをしたりして、オンラインミーティングが万能でもないことはわかっていますので、お客様の考えを尊重するようにしていますが、ある程度の信頼関係を築けたお客様については、こちらから積極的にナビゲートしてオンラインミーティングをさせてもらっています。

オンラインミーティングという選択肢を持っておくことで、今後もっと状況が悪くなった時のリスクヘッジになると思うのですよね。傲慢と言われるかもしれませんが、私たちとのコミュニケーションでオンラインミーティングに慣れていただくのも私たちのできる地域貢献のひとつかなと思っています。

コロナ不況の最前線と言われる飲食・宿泊業界の状況がとても気になるので、飲食の経営者さんがYouTubeで積極的に情報発信されているのをよく拝見します。そこで家賃が苦しいと盛んに言っておられるので、そんなに家賃って厳しいのかな?と疑問に思っていたのですが、都市部の地価は非常に高いので、経費に占める家賃の割合が2割程度いくらしいですね。

都心の方だと坪単価も5万とかいくそうで、それで20坪借りると月家賃100万円。それは厳しいですね。飲食店経営者さんが家賃が苦しいというのは非常にわかります。弊社の場合で計算してみると、経費に占める家賃の割合は5%以下なので、都会と田舎の家賃格差は凄いですね。また飲食店は立地が大事なので、余計に家賃が高くなりやすいのだろうと思います。

家賃についても助成金を出すことを国が審議しているようで、それが決まれば飲食店さんも楽になりますが、今後もコロナと付き合っていくことを考えると、一旦店を閉めて業態変更を考えておられるオーナーさんも多いようです。リスクを言い出したらキリがないし、そのリスクがなくなる見込みも立っていないし、リスクに対して店名公表という手段で実質的な懲罰を受ける。こうなると撤退も合理的判断だと思います。

今の状況は、「国は3密を避けてコロナ対策をしなさいと言っているのに、それでもコロナを拡散させたら、それを引き起こした事業者や個人がその責任を取りなさい」と言っているようにも聞こえます。そもそも国がコロナ保菌者を検疫でスルーしたから、国内感染が始まったわけで、発端は国の責任だと思うんですが。まぁ、国も万能ではないので、責任追及する気もないですけど。

今の時点ではコロナ国内感染者がかなりの数になりましたし、海外はもっと広がっているようですから、江戸時代の鎖国みたいなことでもしないかぎり、国内根絶は無理な気がします。仮に国内がうまくいっても、次から次へと外国人感染者が入ってきますから、インフルエンザのように毎年流行る疫病になるのでしょうね。

死亡率が低いとノーガード戦法もできるのですが、やはりかなり高いようなので、3密を避けながらビジネスをどうしていくかに、頭を切り替えないとダメなのでしょうね。飲食はオンライン注文で宅配、宿泊は人の移動そのものがなくなって消滅、イベントはオンライン配信になるのでしょうか。私たちはたまたまIT/WEBセクターに居るので、今はそれほど影響を受けていませんが、渦中にいれば気が狂いそうな状況で、本当に恐ろしいです。

まとまっていませんが、今回はこれぐらいで。

観光ポータルの英語版サイト

Zoomでテレワークをやってみて、何となく良し悪しがわかってきました。良い点は作業に集中できる、悪い点は寂しい・・・ってことですね。パソコンの向こうの世界はバタバタなのに、自分の周りの実世界はシーンと静かで、臨場感がない感じです。これも慣れかもしれませんけどね。

さて、少し前の制作事例です。日本語版は昨年度に公開していたのですが、英語版を先月末に公開しました。

20200425

https://takashima-kanko.jp/en/

海外から観光客をたくさん呼び込みたいところですが、コロナで全ての計画が狂ってしまいました。早く収まってくれることを期待するばかりです。