作成者別アーカイブ: nakweb

ネットワークファイルサーバ(NAS)を増強

皆さん、社内メンバーで共有するデータはどこに保存していますか?
最近ではクラウド環境に保存するやり方もかなり普及していると思いますが、セキュリティはちゃんと考慮されているとはいえ、インターネットというパブリックな場所に、業務に関する情報を置いておくのはやはり抵抗もあると思います。モノによりけりですが、弊社では社内共有ファイルはネットワークファイルサーバー(いわゆるNAS)に保存しています。

IMG_1910[1]

前から Synology を愛用していたのですが、今回も Synology Diskstation DS216j という機種を新規導入しました。この白い本体の中にHDDの空き枠が2つあり、別で購入した Western Digital 製 3TBのHDDを2個刺しています。それでRAID1を組んでいます。RAID1とは、1個のHDDにデータを保存するのではなく、同じデータを2個のHDDに保存することで、どちらか一方のHDDが故障したとしてもデータを失うことがないという仕組みです。火災や天災などで本体ごと逝ってしまったら、その場合は諦めるしかないですが、それ以外では片方のHDDに完全なデータが残っているので、致命傷は免れます。

Windows のログインユーザーを登録することができるので、社内のWindows クライアントにログインすれば、ネットワークファイルサーバーにも自動的にログインし、閲覧や書き込み権限が与えられたフォルダをローカルディスクと同じ感覚で操作することができます。特定のグループ専用のフォルダ、あるいは特定個人専用のフォルダなども簡単に作れます。基本はLinuxでできているので、同等の機能を持ったものをイチから自社で作ることもできるのですが、まぁめんどくさいですので、こういうネットワークファイルサーバー用にカスタマイズされた製品を買った方が圧倒的に早いですね。コマンド入力ができない人でも気楽に操作できる管理パネルも付いていますし。小規模事業者や家庭内共有レベルでは、なかなか使い勝手の良い製品だと思います。オススメ!

就職希望者に受けがいい会社のウェブサイトって?

先日、「自分でウェブサイトを作ったのですが、新卒・中途採用希望者に受けがいい会社のウェブサイトにするにはどうすればいいですか?」みたいな質問をいただきました。見た感じは洗練されたデザインではないものの、ご自分で作られただけあって情報量はしっかりあって、全然悪くないウェブサイトだと思いました。ただ改善の余地はあるなと思い、小一時間悩んだ末、いくつかの案を考えました。ちょっとそれを披露してみようと思います。

ちなみにその会社さんは大企業の下でインフラ整備などを担当されているところなので、仕事量は安定しています。基本は野外の肉体労働ですが、専門的な知識と技術はもちろんいります。

■会社について

・資格保持者がそれぞれ何名いるかを数字で示すと良い。
・アクセスマップが見づらい。
・代表者の上半身写真は欲しい。
・会社が安定していることを数字やグラフで示してほしい。

■事業とサービスについて

・強みの部分をもう少しビジュアル化してほしい。
・工事作業をムービー撮影し、ウェブサイトに張ってはどうか?
・写真が全体的に暗く、サイズが小さい。明るく補正し、サイズを大きくしたい。

■教育と福利厚生について

・キャリアアップの流れがわかりにくい。いつまでにどの資格を取れば良いのかわかるとよい。
・有給取得率の上昇をグラフ化すると良い。
・レクレーションの様子を写真で見せた方が良い。
・実際に社員から集めたアンケート用紙もイメージ写真としてあった方が良い。
・人物写真は全身が写っている方が良い。
・社員紹介は仕事のことばかりではなく、プライベートのことも触れたい。
・新卒採用について書いているのか、中途採用について書いているのか、わかりにくい。
・女性が活躍できるのかがわからない。

■採用について

・手当の金額がわからない。
・夜勤について説明がない。
・福利厚生(社会保険・雇用保険・退職金等)について明記がない。

■魅力的なコンテンツ作りのために

・社員全員の紹介をしてみてはどうか?
・周辺環境の魅力を訴えてはどうか?
・社員の1日を時系列で紹介してはどうか?
・過去のエピソードを載せてみてはどうか?
・機器の仕組みを解説してはどうか?
・資格の紹介があると良い。特に業界内資格。

まぁいろいろ書きましたが、、求職者さんはまずは会社のブランドネームや給料や休日数を気にすると思いますが、次に気にするのが人間関係、つまり自分のキャラクターと合いそうな会社かどうかだと思います。既に長く働く社員さんが居るのであれば、その会社に合う人はきっといるはずです。社長はこんな人です、社員はこんな人たちです、会社のこんなところを気に入っています、仕事のこんなところが気に入っています等々、文章と写真と映像で素直に伝えれば、うまくマッチする求職者は出てくると思います。あとは見せ方(デザイン)を変えてあげれば、相当に変わるんじゃないでしょうか?

工務店組合のウェブサイト

すっきりしない天気が続きますね。せっかくの休日だからトレッキングにでも行きたいところなのですが、以前に山頂で雷雨に見舞われた恐怖をついつい思い出し、どうにも足が向きません。もうちょっとスカッと晴れて、気温が30度を下回ってくれませんかねぇ。

さて、7月末は数件の納品&公開があったのですが、公開できるものというと、意外に少なかったり。その数少ない1件です。

20170805

http://shiga-kinoie.com/

工務店組合さんのウェブサイトです。以前も同様の団体さんのウェブサイトを作らせていただいたことがあるのですが、その滋賀県版といった感じです。一番留意したことは、CMSをフルに使って、使いやすいウェブサイトにさせていただいたことでしょうか。

例えばイベントカレンダーはもちろん管理者様で追加・修正・削除ができる仕様になっているのですが、トップページに2ヶ月分を画面幅いっぱい使って表示していますので、加盟店様がスケジュールを確認するのに便利だと思います。この表示形式だと1日に何件も予定が入ると厳しいのですが、そう多く入ることはないとのことなので、今の表示形式になっています。

あとは Google Map を使って、加盟店様の位置分布が一目でわかるのも楽しいと思います。

20170805-2

Map 上のアイコンをクリックすると、吹き出しが表示され、該当する加盟店様の名称や住所が表示されます。加盟店様の公式ウェブサイトにもリンクしていますので、アクセス数アップにも貢献できると思います。地図とは連動していませんが(連動させることも可能ですが、今回は実装なし)、同じページ下部には滋賀県各地域エリアごとの切替タブがあり、湖北・湖東・東近江、、といった地域エリアごとの加盟店一覧を確認することができます。

会員専用エリアは当初はCMSの標準機能を使って実装する予定だったのですが、画像ファイルやPDFファイルなど、HTML以外のファイルも会員しか見られないようにしたいという要望があり、急遽Apacheの基本認証を使う仕様に変更しました。これだと画像ファイルやPDFファイルなども認証の範囲内に含めることができます。

デザインだけ見ると、サラッと作ってあるように見えるかもしれませんが、いろいろな工夫を重ねてできたウェブサイトです。ぜひ活用していただけるといいですね。

完成見学会に行ってきました

こんにちは、どんよりと雲が垂れ込めた、重苦しい天気が続きますね。気温も高いし、天気も不安定だし、ということで、趣味のトレッキングに行けずに悶々としておりますが、それなりに毎日をエンジョイしています。先週はとある工務店さんの社屋ができたとのことだったので、なかなかよそのオフィスは見れないので、行ってみました。

20170730-3

入り口はこんな感じです。うん、オシャレですなぁ。

20170730-1

中に入ると1階はモデルハウス 兼 商談スペースといった感じでした。リビング中央に背の高い観葉植物が配置されていて、落ち着きますね~。

20170730-8

天井はくるくる回るファンが付いていました。

20170730-6

これは床下空調ですね。

20170730-7

ここにも溝が。

20170730-9

断熱材が壁の隙間にこんなふうに入っているんですね。

20170730-10

玄関入ってすぐ横に小さな商談ルームがありました。

20170730-2

到着して一通り社屋を見学したら、開会式が始まりました。テープカットもあり、本格的ですね!

20170730-4

社屋手前の駐車スペースには、出店まで並んでいました。かき氷と近江牛バーガーとトウモロコシとから揚げとドリンク1本をタダでいただきました。昼飯がちょうど浮きました。ご馳走様でした。

二階は事務所スペースになっていましたね。収納スペースが多く、働きやすそうだなぁと思いました。いつの話になるかわかりませんが、うちのオフィスリニューアルの参考にさせてもらおうと思います。

振袖展示会の広告LP制作

こんにちは、定期的に東日本大震災の津波映像が見たくなる fukapu でございます。昨晩もついつい津波映像を見てしまい、気が付くと深夜3時・・・。いつもの時間に起きたので、さすがに眠いです。津波映像を定期的に見たくなる性格というのも、ちょっと不謹慎だと思うのですが、なぜか取りつかれたように見入ってしまいます。ホラー映画のような虚構の恐怖には全く興味がないのに、震災のようなリアルな恐怖にはすごく興味があって、雷や竜巻、噴火などの自然災害動画や交通事故動画も同じように見入ってしまいます。性格が屈折してるんだろうなぁ・・・

さて、ちょっと前に振袖展示会の広告ランディングページ(通称LP)を制作させていただきました。

IMG_1735[1]

http://ueharaphoto.jp/tenjikai/

ターゲットは18~19歳の若い女性なので、スマートフォンをターゲットデバイスとしたLPです。もちろんパソコンやタブレットでも問題なく閲覧できるよう、レスポンシブWEBデザインで作成してあります。

写真スタジオさんが主催されるイベントですので、滋賀県の湖南地域にお住まいで、自分の振袖姿を写真で綺麗に残したいという方にはオススメだと思います。

Laravel を使った開発

ウェブサイトリニューアルしてから、1週間ほど経過しました。ちょこちょこと反応もいただいており、嬉しい限りです。サービス内容はともかく、スタッフ紹介を読まれていると思うと、実名や顔写真は出ていないのに気恥ずかしいですね。あまり自分に自信がないので・・・。Facebookに顔写真をバンバン出している方々が羨ましいです。でもたぶん人種が違うんだろうなぁと思ったり。

さて7月になってようやく社員さんの個人面談を開始しました。あまり良い報告が出来なかったので、面談も気が重かったのですが、面白い提案をしてくれる人もいて、なかなか楽しかったです。やはり半年一回は真面目に話をしてみるものですね。

今回、betaさんから提案があったのが「Laravelを使った開発」でした。私もLaravelは知らなくて、betaさんに教えてもらったのですが、どうもCakePHPのようなシステム開発用のフレームワークだそうです。私はこれで何となくはわかるのですが、一般の人にはわからないですよね。フレームワークというのは、システム開発をする上での雛形と言えばわかりやすいですかね。

だいたい一般的なWEBシステムって、データベースを使います。データベースにデータを蓄積しておくと、データの取り出しが楽にできるからです。あとはユーザーがデータを閲覧したり、データ入力するための画面がありますね。さらに入力したデータが問題ないか確認してデータベースに格納したり、ユーザーの要求に応じてデータベースからデータを引っ張って画面表示する機能が画面とデータベースの間で動いていますね。だいたいこういう仕組みでシステムは動いているので、そういう基本な枠組みはあらかじめ作っておいて、使いまわしした方が効率よくシステム開発ができるはずです。こういうものをフレームワークと呼んでいて、Laravelはこういったフレームワークのひとつなわけです。

Laravelを使った開発というと、「御社はEC-CUBEやWordPressじゃなかったの?」と思われるかもしれませんが、LaravelはEC-CUBEやWordPressとはまた別モノです。EC-CUBEはECサイトを作るための製品ですし、WordPressはブログサイトを作るための製品ですが、Laravelはそれらの製品を作るための半製品みたいなものです。ですから、LaravelからEC-CUBEやWordPressを作ることも可能です。

「EC-CUBEやWordPressがあるのに、なぜわざわざlaravelを持ってくるの?」とも思われるかもしれませんね。殊にEC-CUBEを使ったシステム開発は弊社の得意とするところですが、年々独自性の高いシステム開発を依頼されることが多くなってきて、EC-CUBEではやりにくいということも多いんですよね。

EC-CUBEのような、ちゃんとした設計思想のもとに完成されているシステムは、標準仕様に沿った使い方をするなら高速かつ低コストで開発できるのですが、標準仕様をかなり逸脱した仕様をご希望される場合は、標準仕様にプラグインを合わせるだけでは実現できないことがあります。そこで標準仕様の一部をぶっ壊して、そこに半ば強引に独自仕様を組み込むわけですが、そんなことを繰り返していると、なんだか建て増しを繰り返した違法建築物のような不安定なシステムになっていきます。

「独自仕様を組み込んでも、安定的なシステムを作るのがプロだろ!?」という厳しいご意見もあるかもしれませんね。まぁ、違法建築物はわかりやすい例えとして申しあげたわけですが、独自仕様を組み込めば組み込むほど、コードが複雑になり、プログラマーが理解しづらいものになり、それは結果的にコストとして跳ね返るのは、おおよそ間違いないところだと思います。

コストが無駄に高いシステムを作るのは本意ではありませんので、クライアント様の要求仕様がEC-CUBEやWordpressなどの標準仕様から大きく逸脱している場合は、Laravelを使うという選択肢も今後は積極的に提案していこうと思っています。

・・・というわけで、システム開発のページにLaravelを追加しました。
https://www.nakweb.com/system_development/our_skill/

自社ウェブサイトのリニューアル

梅雨らしい天気が続いている今日この頃ですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

私はこのところ雨天でトレッキングができないので、ジムで汗を流したりしています。効率良く運動が出来ていいのですが、娯楽がテレビくらいしかないので、なんとも面白くないのが難です。やはり自然の山をトレッキングする方が、断然刺激的で楽しいです。早く山へ行きたいものです。

さて、今週のトピックは、遂にナックウェブの自社ウェブサイトをリニューアルしました!というニュースです。

20170709-3
https://www.nakweb.com/

前のウェブサイトを作ったのは、今からおよそ6年ほど前で、スマートフォン対応もしていないし、内容もかなり古くなっていたので、3年くらい前からウェブサイトリニューアルの話は社内でも何度も出ていました。もちろんリニューアルはしたかったのですが、そのうちに暇になるだろ?そうしたらやろうかな、ぐらいの感覚で思っていましたので、そのままズルズルと今に至ったという感じです。

ナックウェブも今年で10周年を迎えて、さすがにこのままではまずいだろ?という社内の意見に押されまして、クライアント様のお仕事を調整させてもらいつつ、ようやく自社ウェブサイトリニューアルに着手したのが、今年の1月ぐらいでしたか。6年前と同じ、Zakiさんがメイン担当で制作を進めてくれました。デザインに関しては、私がとやかく言っても、どんどんダサくなるだけなので、もう彼にすべてを委ねました。以前のウェブサイトに比べると、びっくりするくらいシンプルなデザインになっていますね。もちろんスマートフォンにもレスポンシブWEBデザインで対応しています。

内容に関しては、あれこれ口を挟ませてもらいましたが、一番揉めに揉めたのが、メンバー紹介の顔出し・実名出しでした。仕事に向かう熱意がアピールできるし、素直に面白いので有意義なコンテンツだとは思うのですが、やはり出す側の人間としては複雑な心境になりますよね。お客さんの顔出し・実名出しをお手伝いしている側の人間なので、私たちが顔出しを拒絶していてどうする?という意見もありましたが、顔出し・実名出しに強い拒絶を示す人もいたので、経営判断というと大袈裟ですが、私の判断で却下しました。

それならメンバー紹介をやめるか?という意見もありましたが、賛同者もいたのでやめてしまうのも惜しいし、何か良い折衷案はないかということで、ビジュアルとしては動物を使ったメンバー紹介という形に落ち着きました。また30個ほどに及ぶ質問を用意し、それに答えてもらうことで、リアルな人物像を想像してもらうようにしました。顔出し・実名出しはしていないのですが、ナックウェブにはこういう人がいるんだなと知っていただけると幸いです。

20170709-2

その他では、いわゆるホームページ屋さんといった様態から脱却し、デザイン会社色・システム開発会社色をより鮮明にした点が挙げられます。今はウェブサイトを作れることが価値になるのではなく、ウェブサイトの中身、、例えば訴求力のあるデザイン、目を引き付けるデザイン、利便性の高いデザインであったり、難易度の高いシステム、先進的なシステム、使い勝手の良いシステムを作れることが価値になると思うので、ウェブサイト制作を中核にしながら、デザインやシステムという専門分野でも勝負できるということを訴えたつもりです。

また、コンテンツ制作やマーケティングをグローバルメニューに独立して配置しました。これらについては、都市部の制作会社さんに比べると遅れを取っている分野ですが、お客さんが希望するウェブサイトを作るためには欠くことのできない要素なので、頑なに自社制作に拘るのではなく、外部協力会社さんとの協業も考えつつ、幅広く対応していきたいと思っています。もちろん外部協力会社さんに丸投げするのではなく、しっかりと企画設計をナックウェブでやったうえで、個々の専門分野を外部協力会社さんにお任せするというスタイルですし、ナックウェブが全責任を負いますのでご安心を。

あとは本ブログも含めて、ナックウェブの有志4名がそれぞれブログを毎週執筆しているのですが、あまり気付いてもらえていないかなと思いましたので、NAKWEBlog としてトップページ下部に一覧表示しました。本ブログ以外は、技術者が書いたガチガチの技術ブログですので、ナックウェブの人たちはこんなことやってるのか・・・ぐらいに思ってもらえたらよいかなと。

20170709-4

他に、システム開発実績を挙げたり、社長が遂に顔出ししたり、地味にいろいろとバージョンアップしています。良かったら見てみてください。公開したばかりで、少し直したいところもありますので、ちょこちょこと変わるかもしれませんが、ご了承のほどを。

オリジナルマグカップのデザイン

とうとう7月になりました。上半期を振り返ると、、いろいろと反省の多い上半期でした。ちょっとこのままではいけませんね。下半期は挽回をはかりたいところです。

さて弊社はウェブデザインを主業としていますが、別にウェブデザインしかできないわけではないです。デザインというアイデアを、ウェブという媒体に乗せるのが一番慣れているから、ウェブデザイン屋を標榜しているのであって、デザインは本来普遍的なものなので、他の媒体に乗せることも難しくはありません。よほど形状の変わったものは除いてですが。

イラストが得意な社員さんが2人いるのですが、「何かグッズでも作れば面白いんでね?」という雑談から始まって、まず手始めとしてマグカップの表側デザインをやってもらいました。以前没ったデザインの焼き直しではあるんですが、本人も思い入れのあるデザインだし、何かの形になればいいかなーということで、こんな感じに。

mug

なかなか良い感じでしょう??

ふだん、ウェブというバーチャル空間内のデザインばかりしているので、身の回りのモノにデザインを乗せるというのはなかなか新鮮だったりします。デザインした社員さんも大変気に入ったようで、家族の分まで追加発注していました。

お仕事としてはやはりウェブデザインですが、こうしたデザインを通した遊びというか、媒体をいろいろ変えて自分のデザインを試してみるといったことも、会社として支援していけたらなーと思います。

呉服店のウェブサイト

ここのところ週末はトレッキング日和が続いていたのですが、今週末は雨模様のようですね。たまにはトレッキングもお休みして、仕事と個人の雑用でもやろうかなと思っています。

最近の個人ネタで言えば、シン・ゴジラを見たことですかね。山崎さんのブルーレイをお借りして見たのですが、まーよくできてる作品でした。最初から「なんてエヴァっぽいんだ!」と思っていましたが、庵野監督が作った映画だったんですね。そりゃ似てるわけだ。怪獣ゴジラを大々的に描くのではなく、怪獣ゴジラ出現に慌てふためく人々の姿を通して怪獣ゴジラを描くという視点が、とても新鮮で、予想外にリアリティがあって面白い!とにかく楽しかった!いわゆる怪獣好きより、エヴァを好んで見ていた人、社会問題に関心のある人とか、大人向けの作品だろうと思います。

さて雑談はこれぐらいにして・・・先日は宮崎県の呉服店さんのウェブサイト制作をさせていただきました。

ichihara

http://www.kimono-ichihara.co.jp/

しっかりとデザインされたウェブサイトを以前からお持ちだったのですが、スマホ対応をしたいということと、老舗感をもっと出したいということ、創業110周年と節目にも当たるということで、ウェブサイトのリニューアルを計画され、ご縁ありましてお手伝いさせていただくことになりました。

レスポンシブWEBデザインでスマホ対応をしましたので、かっちりとグリッドでレイアウトを組むのではなく、全幅を使ったゆったりとしたページレイアウトにしました。CMSはいつもの通り、WordPress最新版を導入しました。諸事情により以前の管理会社様からドメイン・ホスティング契約を引き継ぎましたので、弊社ではその移管手続きを代行し、ドメイン管理・ウェブホスティング・メールホスティングに至るまで、総合的なウェブ公開環境をご提供しています。

カラーミーショップの店舗デザイン

おはようございます。どうも本日は朝9時半から彦根市役所前でよさこいソーラン祭りがあるらしく、マイクテストの声が事務所内まで響いてきます。祭りが始まれば大音量でガンガンやるんだろうな・・・。お客さんもたくさん来て、歩行者天国にもなるだろうから、早く事務所から脱出せねば・・・と思いつつ、ブログを書いております。

さて、もう数年ぶりですが、カラーミーショップのデザイン依頼がありまして、先日納品させていただきました。久々すぎて請けるのどうしようかと思いましたが、既存のお客さんのリクエストでしたし、デザイナーさんのリソースも空きそうだったので、やらせていただきました。

20170618

以前の状態がどうだったかわからないのですが、何らかの原因で、テンプレートが派手に崩れてしまい、どうせならイチから作り直したいとのことでした。お客さんの事務所は何度も行っているので知っていますが、ごっつい鉄工所さんです。昔で言うと鍛冶屋さんですから、店舗名もカジヤをもじって付けられたようです。

鋼材を曲げたりくっ付けたりするのが本職ですから、金属を使った商品ならリクエストすればなんでも作ってもらえると思いますが、一般顧客向けに力を入れておられるのが水槽を納める大型水槽台です。一時期アクアリウムブームもありましたし、魚なら賃貸でも飼えたりしますから、需要はあるんでしょうね。