作成者別アーカイブ: nakweb

最近、忙しいですか?

ネタがなくなってきたので、よく聞かれる質問シリーズ!
お客さんの事業所に打ち合わせに行ったときに、よく聞かれるのが「最近、忙しいですか?」という質問。本当によく聞かれます。忙しいか、忙しくないか、そんなに気になるのでしょうか?(^-^;

どちらの答えを期待されているんでしょうね。忙しいと答えれば、「自分が依頼する仕事はなかなかやってもらえなさそうだな。」と思われる気がするし、忙しくないと答えれば、「人気がないなら頼まない方がいいかな。」と思われる気がするし。いつも悪い方に考えるので、そんな風に考えてしまいます。どちらで答えればよいかよくわかりません。

よくわからないので、馬鹿正直にいつも答えるのですが、最近「すごく忙しいです。。」とお答えしています。実際にすごく忙しくて、少なくともこの先一ヶ月くらいはみんなパンパンの状態です。ホームページってすでに浸透していると思いますし、需要は一巡したんじゃないかなとも思ったりするのですが、逆に社会に浸透したからこそ、着実な需要があるのでしょうか。なかなか仕事がなくなりません。なくなったらもちろん困るので、とてもありがたいことではあるのですが・・・。

ホームページを初めて作るんです!という事業者さんには最近ほとんど出会いません。みんな既にホームページを持っていて、それに不満を抱えておられるようです。情報量が薄すぎる、自社のイメージとギャップがある、更新が不便、ムービーが使いたい、スマホ対応したい、外国語版が欲しい等々。私たちがそのリクエストにうまく応えられているかはわかりませんが、お客さんの悩み事に真摯に耳を傾けて、愚直に取り組めているとは思います。あとは結果がついてくれば最高ですね。

Google Map API が有料になりました

建築の施工場所や不動産の物件所在地など、地図にプロットして場所を説明したい場合は、Google Map API を利用して、カスタマイズしたマップをこれまでご提供してきたのですが、それが 2018年6月4日に大きく仕様変更しました。

どのように変わったかと言いますと、Google Map API が Google Map Platform というサービスに統合され、従来の Google Map API を用いたマップは、クレジットカードの登録が必須となり、使用状況によっては課金が発生いたします。

■課金が発生するケース
 Google Map JavaScript API v3を使用して、iframe以外でサイトにマップを埋め込んでいる場合、
 かつ無料枠である200ドル分/月(一日あたり約28,000回マップをロードに相当)を超えた場合。

■課金が発生しないケース
 通常のGoogle Mapから、iframe のコードを発行してサイトに貼りつけている場合

なかなかわかりにくいかもしれませんが、2018年6月3日以前に使用開始した Google Map で、それ以降に表示されなくなったというケースは、上記に該当するかもしれません。Google Map JavaScript API v3 を使う必要があるかどうかは、マップのご希望仕様によりますので、WEB制作会社等にご相談ください。Google Map JavaScript API v3 を使うにしろ、使わないにしろ、今回の仕様変更に伴って一定の作業は必要になります。

TEDxYouth@Seta に協賛してみました

滋賀の地に法人設立して早12年。今年で13年目。お金は全然ないけど、少しは地元に貢献しないといけない時期になってきたなぁ~と思ってはいましたので、たまたまご縁のあったこちらのイベントに協賛させていただきました。

47852065731_1e07b314ee_o

TED って私もあまり知らないのですけど、英会話の勉強にはTEDをYoutubeで見ると良いなんて言われていましたので、チラッと見たことがあって、何となく海外の演説イベントなんだろうな~ぐらいに理解していました。日本で開催されているのは知らなかったですし、まさかこんな近くで開催されるとは思いませんでした。

大津瀬田ということで同じ滋賀県とはいえ、地理的には彦根から結構離れるんですけど、やっぱこういうイベントを滋賀でやる意義はあると思うし、ぜひ応援したいなという気持ちがありまして、協賛させていただきました。

ゴールデンウィーク明けのバタバタの時期に開催だったので、結局会場には行けませんでしたが、盛り上がってくれたのかなぁ。ちょっとでも人々の記憶に残ってくれれば、あるいは経験の足しになったのであれば、有益な投資だったかなと思います。ぜひ来年もトライしてほしいですね。できれば彦根や長浜あたりでも開催してほしい!

保育所のウェブサイト

寒い寒いと思っていたら、どんどん暑くなり、もう夏のようになってきましたね。夏の方が好きなのですが、熱中症になりやすい体質のようで、ひそかに恐れています。。

さて小粒なウェブサイトですが、こんなウェブサイトを先ごろ公開いたしました。

20190523

https://www.karugamo-kosodate.net/

はい、保育所のウェブサイトですので、ほのぼのした感じのデザインにさせてもらいました。政府の進める男女共同参画社会を目指しつつ、人口減をストップしようと思うと、こういう保育所はどんどん増やしていくべきですよね。子供はじっとしていないので、保育士さんは大変だと思いますが、ぜひ頑張っていただきたいと思います。

アートとデザインの違い?

弊社はデザインを主業にしているので、芸術系の大学や専門学校を卒業された方が就職面接に時々来られます。素敵な制作実績やアート作品を作られる方も居られて、この人だったら良いデザインができるだろうな~と思っていたりするのですが、実際の業務に入ってみると、なかなかうまくいかないってことが結構あります。いつもなぜなんだろう・・・と思ったりしていたのですが。

最近ふと思ったのが、アートは自分が想像したものや好きなものをビジュアル化するのに対し、デザインは他人が提供する情報素材を整理したり加工したりしてビジュアル化する行いなのではないかと。つまり私たちが主業としているデザインは、自分たちのためではなく、ご依頼いただいた事業者様のために、事業者様自身では整理がつかない情報をいただき、それらを理解し咀嚼したうえで、目に見える形にアウトプットすることなのではないかと。そう考えると、素晴らしいアート作品が作れる人が、必ずしもデザインに向いているわけではないというのも、何となく納得できる気がします。

もちろん事業者様が提供される情報を整理してデザイン素材の形に落とし込む人と、そのデザイン素材を綺麗にデザインして実際のアウトプットを作成する人に分けて仕事すれば、うまく行くのかもしれません。ただそれだと双方で意思疎通が実際のところは難しいですし、良いデザインに繋がりにくいように思えます。そこで弊社ではデザイナーが事業者様から受け取った情報の整理や加工から、実際のアウトプット作成まで首尾一貫して行っており、それが良いデザイン作りに繋がっているように思います。

今のところはそれでうまく行っているようにも思うのですが、事業者様のビジネスを理解するための幅広い一般知識や、事業者様とやり取りして情報をうまく引き出すコミュニケーション能力、自分の対応できる事とできない事をしっかり伝える交渉力が必要になり、結果的にデザイナーの敷居が高くなっているとも思います。どうすれば良いのでしょうね、、日々悩んでいます。

小規模事業者持続化補助金の募集が開始しています!

タイトルにもある通り、小規模事業者向けの補助金募集が開始しました。

https://h30.jizokukahojokin.info/

小規模事業者(サービス業ですと従業員5名以内、製造業だと従業員20名以内)が事業の販路拡大や生産性向上を目的として、何かのサービス等を購入する際に、その掛かった費用の2/3を補助してくれるという国の政策です。詳しくはリンク先を見てくださいね。

確かに補助金申請は面倒ですし、事業が順調ならわざわざ使わなくていいと思うのですが、事業が行き詰っている、あるいは先が見えないのであれば、最大で50万円まで補助してくれるこの制度をつかわないのはもったいないと思います。自分の事業を客観的に見直す良い機会にもなりますので、ぜひお近くの商工会議所にご相談ください。

もちろん補助金を使って何をするかが一番大事ですので、会社や商品の広告宣伝を目的としたウェブサイト(ホームページ)を作りたい、あるいは商品の販売を目的としたウェブサイト(ホームページ)を持ちたいという小規模事業者の方はぜひ弊社にご相談ください。効果が確実に出る!とはなかなか言えませんが、長い目で見て御社の事業にきっとプラスになるようなご提案を一生懸命させていただきます。よろしくお願いいたします!

Uber を試してみた!

先日、大阪に行く機会がありまして、たまたまタクシーを拾いたいなという時があったのですが、ふと Uber が使えるかなと思って、アプリをダウンロードしたら、大阪も Uber が使えるのですね。東京で使えるようになったという話はネットで聞いたことがあったのですが。面白そうだったので試してみました。

IMG_0962

スマホを使い慣れている人にとっては、使い方は極めて簡単です。事前に準備することとしてはアプリダウンロード、アカウント登録、クレジットカード登録ぐらいです。私はクレジットカード登録までしましたが、現金払いでもいけるようです。そこまで準備が出来たら、あとは目的地を検索し、出発地と目的地と料金を確認してから、タクシーを依頼するって感じです。

依頼すると、数十秒ほどで私のところに回ってくれるタクシーが決定し、そのタクシーの運転手の顔写真や車のナンバーが表示されます。またその車が地図上のどのあたりにいるか、あと何分ほどで着くかが表示されます。私の場合は4分ほどで着くと表示されて、4分ほど待っていたら、Uber に表示されていたナンバーのタクシーがやってきました。目的地もすでにアプリで登録済みですから、すぐに目的地に向かって出発してもらえました。

料金精算も目的地に着いたら、GPSで確認しているらしく、自動的にクレジットカードから引き落とされます。タクシーの運転手さんとお金のやり取りは不要なんです。あとで電子メールで領収書が送られてきました。たしかに私たち日本人が日本国内でこれを使うメリットはそれほど多くないかもしれませんが、海外旅行先でこれを使うととても便利そうです。また日本語に不自由する訪日外国人にとってもとても便利でしょうね。

大阪の Uberタクシーの人に話を聞きましたが、2019年1月に Uber に登録したところで、大阪ではそのタクシー会社さん1社のみだそうです。先進的な会社さんですね。今のところ日本では以下の都市で Uber が利用できるようです。

https://www.uber.com/ja-JP/cities/

仙台、福島、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、京丹後、淡路島、広島、福岡、中頓別、、中頓別で導入というのが凄いですね。滋賀県や我が彦根市でもぜひ使えるようにしてもらいたいです。

Web制作会社年鑑2019にご掲載いただきました!

いよいよゴールデンウィーク突入ですね!弊社も4月27日(土)~5月5日(日)まで9連休をいただきます。ご理解の程よろしくお願いいたします。

さてイケてる全国のWeb制作会社(笑)が掲載されるWeb制作会社年鑑2019に今年もご掲載いただきました。こういうやつです。おそらく書店にも並ぶと思います。

2019webportfolio-cover

はい、弊社は見開き2ページの枠をいただき、こんな感じでご紹介いただいております。こうやって見ると、年々案件規模がでかくなっていくなぁと思いますね。ありがたいことです。

2019webportfolio2

来年も実績をたくさん積んで、ご掲載いただけるように頑張りたいと思います。

どうしてこうなった。

ウェブサイトを制作する身としては、なんともコメントがしづらい件ではあるのですが、過去の資料を見ようと思ったら、軒並み 404 Not Found。。

shigaken

いろいろな事情があるんでしょうけど、公共のウェブサイトでこれはどうなんだろうなぁ。関連団体のウェブサイトならまだしも本丸のウェブサイトだし。アーカイブとして変更前のウェブサイトをまるまる残しておいてくれたら良かったのに。物凄いページ数になると思うのでゾッとしますが、301 redirect をしておいてほしかったなぁ。

なんでこうなったんだろう?
見るたびに事業者としていろいろ考えこんでしまいます。。

ウオッシュレット新調!

特にネタがないので、すごくどうでもいい身近なネタを。

ウォッシュレットが突然壊れました。ボタンを押しても一切反応してくれない。実はウォッシュレットという文明の利器を私が日常的に使うようになったのは、つい5年ほど前の話。それまでは和式ぼっとんが標準で、和式水栓が最上の生活環境でした。

そんな私だったので、ウォッシュレットは高いし要らないだろうと思っていましたが、その当時の社員の声に押されて導入したのが5年前。使ってみると便座は暖かいし、シャワーがお尻を綺麗にしてくれる。本当に生活が一変しましたね!

今回ウォッシュレットが突然壊れて、いかにウォッシュレット生活に満足していたかがよくわかりました。すぐにメーカーに電話して確認に来てもらい、部品交換と新品交換の見積もりを出してもらいました。部品交換でも直るっぽかったですが、時間がかかりそうなのと、そこそこの年数が経っていて、使用頻度も高いので、思い切って新品交換しました。

IMG_0264

ウォッシュレット現物の写真も撮りましたが、既に使用中のウォッシュレットなので、自主規制ということでカタログの写真です。どうもサンポールを使うと部品の腐食が早まって壊れやすいようですね。これからはトイレマジックリン等の中性洗剤を使うようにしようと思います。