作成者別アーカイブ: nakweb

滋賀県クリエイティブ連携推進補助金のご案内

梅雨が明けたと思ったら、一気に暑くなりましたね。滋賀県東近江市では今日38.5度を記録したとか。彦根市でも今日34.4度だったようで、生命の危険に関わるほどの猛暑となったようです。皆さま、くれぐれも健康と体調管理にはお気を付けください。

さて滋賀県さんから以下の補助金に関するアナウンスがありましたので、ご案内いたします。

滋賀県クリエイティブ連携推進補助金のご案内_ページ_1

これは弊社のようなクリエイティブ企業が、県内事業者様と協業して、新規で商品やサービスを企画・開発したり、既存の商品やサービスを改良したりする場合に、適用される補助金です。例えば、お客様に広く親しまれるような名称を考えたい、ロゴマークを作成したい、キャッチコピーを考えたい、マスコットキャラクターを作成したいといったことはありませんか?

社内の限られたメンバーでこれらを行うのは大変かもしれませんが、弊社のようなクリエイティブ企業は、こういったご要望に対するご提案を、日常的に行っていますので、きっと良いご提案ができると思います。社外のリソースを利用すると、どうしてもお金がかかるので、及び腰になってしまうかもしれませんが、こういう補助金もありますので、一度ご検討いただいても良いと思います。

ご興味のある方へぜひ弊社にご相談ください!

IT導入補助金 ぼちぼちご相談いただいています!

こんばんは!雨が全然降らないと思ったら、ドドっと一気に雨が降ってきましたね。「めったにない大雨」って報道で言ってますけど、「めったにない大雨」だということは見ればわかりますって(笑)問題はこの「めったにない大雨」に河川の堤防やインフラが耐えられるかどうかですね。JR各線は乱れまくりのようですが、滋賀県の河川の堤防は今のところ耐えてくれているようです。姉川が少しやばそうなので、姉川になんとか耐えて欲しい!!

さて先刻もお伝えしたIT導入補助金、現在商談をさせていただいているお客様にアナウンスを随時行っていますし、IT導入補助金が使えるということで弊社に初めて連絡を取ったというお客さまもちらほら出てきました。ありがたいことです。本当にありがたいことなのですが、安易に取り組んでいいのかとも思っています。

IT導入補助金は5年間の成果を報告する義務があります。もし弊社からIT導入補助金を申し込んで、補助対象企業に選ばれたら、少なくとも5年間は弊社とお付き合いいただくことになります。弊社としては、弊社の取り組んだお仕事がどのように数字になって結果が表れるかは非常に興味深いところですので、IT導入補助金は繋がりを強めるいい契機になるのではないかと考えています。ただし、補助金だけに目が行っているお客様やすべて業者任せのお客様だと、長い目で見て良いお付き合いはできないかもしれないなとも思っています。

出会いのきっかけがIT導入補助金であってももちろん良いと思いますが、後々まで良い関係を築いていきたいと思いますので、弊社の方でIT導入補助金のエントリーシートをお作りさせていただきました。それをお客様自らの手で全ての項目に入力いただき、弊社の方で条件に合致した会社様かどうかを簡易的に審査させていただいたうえで、IT導入補助金をお手伝いするかどうかを決めていきたいと思っています。

少し面倒をお掛けしますが、いずれにせよIT導入補助金を利用するお客さまには何かとご協力いただかないといけませんから、エントリーシートのご提出をよろしくお願いいたします。

ウェブサイトへの不正侵入を防ぐには?

滋賀県庁が以前運用していたウェブサイトで不正侵入があり、個人情報が漏洩するという事態があったようです。

滋賀県が利用するサーバに不正侵入、個人情報が閲覧可能な状態に
https://scan.netsecurity.ne.jp/article/2005/08/10/16600.html

ウェブサイトを構築する弊社としては、全く他人事ではない話ですので、この事態を厳粛に受け止めています。セキュリティはコストがかかるわりに、目に見える効果がないので、特に一般企業のお客様はあまり積極的になっていただけません。セキュリティを気にして、しっかり予算化していただけるのは、官公庁さんぐらいでしょうか。それもこういう事態が起こったからということも大きいでしょうね。

セキュリティ関連では、最近はHTTPS化のご相談が非常に多くなりました。HTTPS化とは、ウェブサイトを格納するウェブサーバに、SSLサーバー証明書と呼ばれるものをインストールすることで、ウェブサイトと閲覧ユーザー間で行われる通信内容を暗号化し、秘密情報の悪用を防ごうというものです。インターネットをビジネス目的で利用するのであれば、これは欠かせないものだと思いますので、これはこれで推進していきたいと思いますが、これは閲覧ユーザーの個人情報を守るという意味でのセキュリティであって、ウェブサイトを不正侵入から防いでくれるといったものではありません。

ウェブサイトに不正侵入があれば、ウェブサイトが改ざんされたりしますので、会社の面目は丸潰れです。さらに顧客の個人情報までが流出すると、上記の事態のように公の場で謝罪することになったり、お詫び金などを支払わないといけないケースもあります。これからは今まで以上に積極的にセキュリティも提案していきたいと思います。

ウェブサイトに対するサイバー攻撃をなくすことはできません。いや、外部からウェブサイトへの通信をすべて遮断すれば可能なのですが、それだとウェブサイトの意味を成さないので、ナンセンスですね(笑) ウェブサイトは外部からの通信を許可しつつ、つまりサイバー攻撃の可能性も許容しつつ、一方で不正侵入を防がなければならないのですから、なかなか厳しい戦いなのですが、不正侵入の可能性をゼロに近づけてくれる方法はいくつかあります。

これから一般企業のお客さまにもぜひ取り入れて欲しいなと思うのが、固定IPアドレスの取得です。私たちがパソコンやスマホなどインターネット接続機器を使ってインターネットに接続する際は、IPアドレスと呼ばれる番号を使って、ウェブサーバと通信を行うのはご存知でしょうか?

実はIPアドレスは決まった番号を持たず、毎回違った番号でインターネットにアクセスすることが多いです。これを変動IPアドレス接続と言ったりします。これに対して毎回決まった番号でインターネットにアクセスすることを固定IPアドレス接続と言ったりします。IPアドレスはウェブサーバでの接続認証に使えるので、接続可能な固定IPアドレスをあらかじめウェブサーバーやシステムに登録しておくことで、不正侵入のリスクを大きく低減することができます。

お使いのインターネット接続プロバイダにお尋ねになれば、おそらく追加オプションサービスで固定IPアドレス取得もご案内いただけるのではないかと思います。一度問い合わせてみてください。もしそのような追加オプションサービスがなければ、インターネット接続プロバイダを変更しなくても、固定IPアドレスを取得してくれる便利なサービスもありますので、詳しくはお問い合わせください。

Yahoo!ショッピングのECサイト

前回も申しましたが、いよいよ上半期が終わろうとしています。あれも考えなきゃ、これも考えなきゃ・・・と焦る気持ちはありますが、あまり先回りして考えると混乱してくるので、ひとつひとつ大事なイベントを終わらせてから、次のことを考えていきたいと思っています。まぁ、なんのことかわからないですよね、、会社を運営しているといろいろあるんですよ。早く山へ行って現実逃避したい気分です(笑)

さて、ちょっと前に一件のリリースがあったのを忘れていましたので、ご紹介いたします。

20180623

https://store.shopping.yahoo.co.jp/jcmstore/

以前からお手伝いさせていただいている業務用機器のメーカーさんのECサイトです。既に楽天市場・Yahoo!ショッピング・Amazon、そして本店(EC-CUBEで構築)と、盤石のネット小売態勢を既に築かれているのですが、さらにネット小売を強化したいということで、Yahoo!ショッピング2号店を作成されました。弊社はデザインはもちろんですが、商品登録や開店に伴うコンサルティング等々、Yahoo!ショッピング新規立ち上げの全てをお手伝いさせていただきました。

作成期間は1ヶ月程度でしたでしょうか。今まではメーカーというお立場もあり、抑えめのデザインだったのですが、今回は方針も少し変わったようで、もう少しユーザーへの訴えかけが強いECサイトにしたいということでしたので、注目カテゴリや売れ筋商品のバナーをトップページに配置しました。賑やか感はだいぶ増した気がします。あとは運用をうまく回していただければ、コンスタントに売上は立ってくるのではないでしょうか。

ちなみにECサイト制作も、IT導入補助金がご利用できます。二次募集は2018年8月3日(金)です。あと1ヶ月ちょっとというところですので、トライしてみたい方は早めにお声をお掛けください!

IT導入補助金 二次公募がスタートします!
http://www.nakweb.com/weekly/it%E5%B0%8E%E5%85%A5%E8%A3%9C%E5%8A%A9%E9%87%91-%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E5%85%AC%E5%8B%9F%E3%81%8C%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%EF%BC%81/

IT導入補助金 二次公募がスタートします!

こんにちは。私の子供のころの梅雨は長雨が降り続いて、アジサイの葉の上をカタツムリが這いまわるイメージでしたが、最近の梅雨はパッと降ったらサッと止んで、陽がカンカン照りといった感じで、かなり雰囲気が変わりましたね。カタツムリも面食らっていることでしょう。後者の方がメリハリがあって、私は好きですね~

さて、一次公募ではバタバタすぎて、結局お客様にアナウンスがあまりできなかったのですが、2018年6月20日(水)よりIT導入補助金二次公募がスタートします。

slide_04_pc
https://www.it-hojo.jp/applicant/

IT導入補助金とは補助対象となるサービスを中小企業が購入する際に、その経費の一部が補助されるという仕組みです。今回は補助率1/2以内、補助上限額が50万円とのことです。ご興味のある方は早めにお声を掛けてくださいね。

工務店のウェブサイト

どうも近畿地方は6月6日頃に梅雨入りしたようですね。昨晩の雨から一転、今日は晴れましたが、まぁ蒸し暑いですね。暑さには強いんですが、湿度には弱いので、ほんと何とかしてほしいです。

さて、今週は1件のウェブサイト公開がありましたので、ご紹介します。

20180609

https://sobu-reform.jp/

住宅の新築・リフォーム・不動産売買を行っておられる工務店さんです。南草津にあるのですが、国道1号線の中でも特に往来の多い野路町交差点のすぐ近くです。高層マンションの一階にオシャレなオフィスを構えておられます。子供さんが遊べるスペースも備えておられるので、お子さん連れのお母さんも気軽に立ち寄ることができると思います。ぜひ相談してみてください。

ウェブサイトとしては、オープンソースの WordPress を使った標準的な仕様になっています。ブログやニュースはお客様自身で簡単に更新できるようになっています。

ゲーム・レジャー用品のECサイト

こんにちは、あっという間に6月になってしまいました。なぜかわかりませんが、ついため息が出てしまいます。さて今回は新規公開サイトをご紹介させていただきます。ゲームソフトやレジャー用品を販売するECサイトです。

papurus

https://www.papyrus1st.com/

今回はシステムの安定性を重要視して、EC-CUBE2系の最新版で構築をさせていただきました。システム基幹部分に手動カスタマイズは行わず、プラグインにて追加機能を実現しています。ウェブホスティングについては、弊社がEC-CUBE用にチューニングしたVPSを1アカウント丸々割り当てています。EV認証のSSLサーバー証明書をインストールし、高強度の常時SSLも実現しています。

今後商品情報をどんどん充実させていきますので、ぜひご利用ください!

簿記のすすめ

こんにちは。5月末がもうすぐです。そして6月が終われば半期決算ということで、「もう半年かよ!」と焦りを感じる毎日です。一歩でも前に進むべく頑張ります。さて今週もあまりネタがないので、最近知人と話したことをご紹介します。

会社経営をしていると、会社として納税の義務を負うことになりますから、通常は税理士さんと契約すると思います。私は以前に簿記を学んだことがあったので、自分で会計仕訳を行うのですが、税理士さんに丸投げしている経営者の方々も多いと思います。

それでうまくいくのならそれもいいかもしれません。経営者は本来はもっと価値を創出する仕事に専念すべきだと思いますし。実際に税理士さんに任せておけば、税法的には問題ない会計処理・税務処理をしてくださると思います。ただし経営者の利益に叶ったものかというと別問題ではないでしょうか?

例えば、期末に近づいて税理士さんに損益計算をしてもらったところ、大幅な黒字になっている、と。黒字そのものは喜ぶべきことですが、本当に黒字なのでしょうか?

実は税理士さんに経費の伝票が渡っていないのかもしれません。あるいは渡した伝票が税理士さんのところで会計仕訳されず抜けているのかもしれません。そうなると経費過少になりますから、利益が出るのは当然ですね。

結局のところ、税理士さんは税務代行業を請け負っているわけで、滞りなく決算と税務処理ができれば問題ないわけですから、会計仕訳のひとつひとつや、決算の結果について、熱心に尋ねてこられることは少ないのではないかと思います。税務コンサル契約などが入っている場合はもちろん別ですが。

まぁ、税理士さんを「先生」と崇めて妄信するのではなく、あくまで税務代行業を委託している事業者さんだと考えて、税理士さんの行う会計仕訳や決算内容は経営者が毎月しっかりチェックすべきだと思います。自分の目と頭を使って確認し、自社の利益に叶ったものかどうかを判断するためにも、まずは簿記3級程度の知識を持っておくと良いと思います。

簿記3級取得のために、1ヶ月程度の勉強は必要ですが、経営者にとっては一生使える非常にコスパの良い資格だと思いますので、ぜひチャレンジしてみてください。

IT導入補助金 支援事業者に採択

昨年度に引き続き、弊社サービスがIT導入補助金の支援事業者に認定されました。

SIT29-0034586

IT導入補助金とは補助対象となるサービスを中小企業が購入する際に、その経費の一部が補助されるという仕組みです。今回は補助率1/2以内、補助上限額が50万円とのことです。一次公募の受付が2018年6月4日(月)とのことなので、ご興味のある方は早めにお声を掛けてくださいね。

HTTPS化はお早めに!

こんにちは、ゴールデンウィークをエンジョイしすぎて、すっかり抜け殻のようになっている fukapu です。どうにか5月病にならず、最初の1週間を乗り切れてよかったです。

さて、今週もネタがないので、HTTPS化はお早めにというお話でも。専門的な話で恐縮ですが、インターネットを閲覧するときに使用するソフトの中で、最もメジャーなもののひとつに、Google Chrome(グーグルクロム)というものがあります。ちょっと癖がありますが、ページ表示が早いので、私も愛用しています。

さて、この Google Chrome で、ホームページ運営者には無視できない重要なアップデートが近々行われます。それが「HTTPサイトというだけで警告表示」というものです。

いよいよGoogleが本気。Chrome 68から全HTTPサイトに警告!
https://zenlogic.jp/aossl/basic/predict-chrome68/

私のブログでも何度かネタにあげてきましたが、基本的に私たちがホームページなどに入力した情報は暗号化されない状態でインターネット空間を流れていきます。まぁ、パクろうと思えばパクれるわけです。これだけインターネットで情報がやり取りされる時代になって、さすがにそれはまずいだろうということで、情報の暗号化が求められるようになってきました。

情報を暗号化するためのプロトコルとして HTTPS というものが生まれたわけですが、これはホームページ運営者側でも対応しないと有効にはなりません。どうするかといえば、ホームページを格納しているウェブホスティング(ウェブサーバー)にSSLサーバー証明書というものをインストールし、ホームページ自体もHTTPSに対応するように修正する必要があります。

少なくとも SSLサーバー証明書を年間契約で購入する費用と、それをインストールする手間や、ホームページを修正する手間がかかりますので、ご自分で対応できない場合は、弊社のようなWEB制作会社に早めにご相談ください。もうそんなに時間はないですよ~。