カテゴリー別アーカイブ: ちょっとした出来事

びわ湖環境ビジネスメッセ2019を覗いて来ました

びわ湖環境ビジネスメッセは長浜市の長浜ドームで行われる恒例の展示会です。滋賀県で行われるビジネスイベントとしてはおそらく最大規模で、取引のある会社さんもちらほら出展されているので、時間が合えば覗きにいくようにしています。来年度は休止が決まっているそうで、滋賀県のビジネス人としては一抹の寂しさがありますが、それだけに今年は見ておこうと思い、行ってまいりました。

IMG_2751

弊社のお取り引き先企業様も合計で5社様だったかな、、出展されておられたので、ご挨拶をさせていただきました。出展ブースの写真を撮ってくればよかったなぁ・・・忘れていました。広告人として失格ですね (^-^;

出展数・来訪者数の減少とは聞いていましたが、それを確かに感じさせる閑散とした雰囲気でした。幕張メッセや東京ビッグサイトで行われるような展示会もたまに見にいくのですが、それと比べると通路が広く、人が少ないため、とても快適に歩けます。ビラ配りの人に捕まることもなし。各所に休憩スペースもあり、寛ぐ場所に困るということは全くありませんでした。それだけ出展社数も減ったということなのでしょうね。

お客様のブースで結構話し込んでしまいましたが、来場者が少ないせいだと思いますが、わりとゆっくりとお話させていただくことができました。ステージで行う全体プレゼンテーションで、弊社がお作りしたばかりのWEBサイトを使って、新製品のご説明をいただいた会社様もあり、微力ながらも着実にお役に立てて良かったなと思います。

彦根駅に看板を出してみました!

あんまり広告宣伝をしない会社だったのですが、しなさすぎもどうかなと思いまして、最近は広告宣伝には少しだけ力を入れています。チラシを入れるのもいまいちかなと思いましたので、初めての試みですが、JR彦根駅のホームから見える位置に駅看板を設置してみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

駅を利用する方々は毎日の通勤通学でお疲れだと思いますが、ちょっとでも和んでいただければいいなと思い、猫のデザインにしました。駅ホームの米原側に立つと、おそらく見えると思いますので、ぜひ一度ご覧ください。

CG2420-Z を6台導入しました!

私は色に対して鈍感なので、モニタは何でもいいのですが、デザイナーさんはそういうわけにはいきません。会話をしていると本当にわかりますが、デザイナーさんが識別している色数はとんでもなく多く、私より遥かに彩り豊かな世界に暮らす人々であることがよくわかります。

そんなデザイナーさん達の可能性をもっと広げるとしたら、やはりモニタを良いものに変えることだろうと思いまして、以前から EIZO のモニタを全て使用し、EIZO ColorEdgeも1台あったのですが、今回はColorEdgeを一気に6台を購入し、デザイナーさんに1台ずつ配布しました。

546A8101_1

ColorEdgeシリーズは、AdobeRGBを99%カバーする広帯域対応モニタで、一般的なsRGBでは表現できない色も再現できる、プロのクリエイター御用達のモニタです。キャリブレーションという特殊な色調整機能を内蔵していて、発色を正しく合わせることができたりします。

目に見える変化はないかもしれませんが、色という要素を味方にできると、デザインの幅も広がるんだろうなと思って、期待しています。

https://www.eizo.co.jp/products/ce/cg2420z/index.html

終業時間を午後6時にしました

弊社の終業時間は昔からずっと午後6時30分でした。理由は、創業当時に懇意にしていた取引先様の終業時間が午後7時で、できるだけ合わせて欲しいと言われたためでした。その取引先様とも今となってはお付き合いはほとんどなくなり、午後6時30分にしている意味はなくなっていたのですが、すっかり慣れていましたし、特に変える理由もなかったので、創業以来ずっと午後6時30分を終業時間としていました。

とはいえ、午後6時に終わる他の会社を見ていると、羨ましくなりますよね。私もそうでした。あと30分早く終われれば、ちょっと買物して帰れるのにとか。長年続けてきた習慣を変えるのは勇気が要りましたが、思い切って午後6時を終業時間にしました。何も言ってはくれませんが、スタッフからは概ね好評のようです。

働く時間と売上にはある程度の相関関係がありますので、これ以上終業時間を繰り上げることは難しいかもしれませんが、終業時間をあと30分繰り上げるか、休憩時間をあと30分増やして、1日の仕事時間を7.5時間に短縮したいと思っています。そのためにはまず今の9時開始、18時終了の勤務体系で、しっかりと利益が出るようにチャレンジしていきたいと思います。

通勤手当制度を導入しました

通勤手当・・・そういう制度があることはもちろん知っていたのですが、仮に通勤手当を支給したとしても、通勤にまつわる諸々のコストの足しになるくらいで、あまり生産的じゃないなと、今まで思っていました。

今も多少は思っているんですが、弊社も滋賀県全域からお仕事をいただいておりますし、特に湖南エリアからお声を掛けていただくことも多いです。人口が湖南エリアの方が多いですからね。湖南エリアから就職したいという方もちらほら居られますし、強情を張らずもう少し柔軟に考えるべきかなぁと思い、今回思い切って通勤手当制度を導入してみました。

まぁ、それがどうした!?と仰るかもしれませんが、中小企業、特に零細企業の部類に入る弊社からすると、なかなか勇気が要ることなんですよ。いえ、わかってくれとは申しません。。

予算の都合上、通勤手当は上限なしというわけにはいきませんので、上限は3万円とさせていただきました。3万円なら大津からの定期券でも充分に出ると思います。車通勤の方にも同様に距離数に応じて上限3万円で通勤手当を出すようにしました。弊社を就職先に考えておられる方の手助けになればと思います。

名刺を新調しました!

気分的なものですが、名刺をもう少し重厚なものにしてみようかと思いまして、Zaki さんにお願いしたところ、こんな感じでできあがってきました。

IMG_1807

画像ではちょっとわかりにくいですよね。オフセット印刷+活版印刷+箔押し加工だそうです。活版印刷は、凹凸を出すための印刷技法だそうで、表面を指でなぞるとざらっとした感覚があります。立体感が出て面白いですね。箔押しは名刺裏面の弊社ロゴマークに施されています。立体感と光沢感があって目立ちます。

名刺のグレードが一気に上がってしまって、お客様にお渡しする時になんだか緊張してしまいますが、名刺に恥じないようなお仕事をしていきたいと思います、笑

the Farm universal Osaka を探訪

ちょっとご縁がありまして、the Farm universal Osaka に先日行ってきました。the Farm universal Osaka は、株式会社ユニバーサル園芸社さんが運営されている植物のテーマパーク的なところでして、展示されている植物の種類や量もすごいし、子供も大人も楽しめる場所になっているということだったので、ご訪問させていただきました。

訪問当日は小降りの雨模様・・・。入口の地図をざっと眺めてから、まずは腹ごしらえということで、FARMER’S KITCHEN なる場所を目指します。

IMG_1660

敷地内はいくつかのエリアに分かれていて、それぞれ名前が付いています。FARMER’S KITCHEN は、「おにわのみどり」エリアの奥にあるはずなのですが、いくら探しても見つからない!ぐるぐる同じところを回ってる・・・。10分以上さ迷ってから、たまりかねて社員さんと思しき方にご案内いただき、どうにか KITCHEN に到着!

IMG_1661

めっさお洒落なレストランです(汗)席に案内していただいて、席でメニューを見ながら注文するスタイルです。ごく普通ですね。カウンターでも注文できるのかな?

IMG_1662

まわりに植物がいっぱいなので、自然や植物が大好きな方にとってはたまらないですね。ここでパスタを注文し、10分で平らげました(笑)

IMG_1667

食事を終えて、あたりをブラブラ。これはたぶん「かんようしょくぶつのもり」のどこか。茂りすぎてて、道に迷いそうです。

IMG_1674

奥にふくろうさんがいました。他にも「いいんちゃう?」という関西弁を連発するかわいいインコ(オウムだったかな?)がいました。

IMG_1680

「おはなのもり」へ移動。こちらは整然とお花が並べられています。お花好き女子にはたまらないですね。事務所に緑が少ないから何か入れてみようかな。

IMG_1682

このエリアもずいぶん広いです。奥まで植物の棚が並んでいます。お洒落なお庭アイテムも並んでいます。

IMG_1683

多肉植物のコーナー。私の家族が泣いて喜びそうです(笑)

IMG_1686

多肉植物わんさか。いろんな種類を少しずつ買って行って、寄せ植えとかにするといいかも。

IMG_1688

他にもイチゴ園があったり、ヤギがいたりと、植物と園芸品のテーマパークといった感じ。買うこともできる植物園といった風情なので、時間が空いた時に気軽に散歩するのも良いし、気に入ったものがあれば買うのも良いし、植物に囲まれたお洒落なレストランでランチするのも良しって感じで、とても居心地の良い空間でした。

大阪府茨木市のちょっと奥まった場所にありますが、穴場的なポイントでもあるので、ぜひお近くの方は行ってみてください!

ウェブサイトはこちら。
http://the-farm.jp/osaka/

SDGs(エスティージーズ)って言葉、ご存知ですか?

よくわからないカタカナ語が流行っては泡沫のように消えていく世の中ですが、また聞いたことのないキーワードが現れました(笑)

SDGs(エスティージーズ)という言葉です。最初にこの言葉を聞いたのは1年以上前でしたが、最近ではかなり社会に浸透してきたようですので、ご存知の方も多いのかなと思いまして、ネタとして取り上げてみました。

AwesomeScreenshot-JAPAN-SDGs-Action-Platform-2019-07-11-20-07-41

私はこの分野の専門家でもなんでもないので、受け売りをただお伝えするだけですが、SDGs とは、Sustainable Development Goals の略で、翻訳すると「持続可能な開発目標」という意味だそうです。詳しくは外務省のウェブサイトをご覧ください。

JAPAN SDGs Action Platform | 外務省
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/index.html

資本主義の世の中って、より良い財やサービスを生み出したものが、莫大な金銭を手に入れて豊かな暮らしができるというルールですが、「誰一人として取り残さない、持続可能な社会の実現」という考えも一方で尊重していかないと、社会のバランスを損なって、資本主義のルールさえ維持できなくなります。そういう意味では、私たち日本人も世界的に見れば、豊かな暮らしをしている国民ですし、「金が全て、売上が全て!」と言わずに、SDGs の考え方に耳を傾けて、少しでもいいから取り組みを始めてみると良いと思います。

もちろん SDGs の活動を行ったら、自社のウェブサイトで高らかに「SDGs の趣旨に賛同し、こんな取り組みを行いました!」と訴えかけて欲しいですね。どんな小さいことでもいいと思いますし、新しいことを始めなくてもいいと思います。自社の事業を上位社会の視点から見つめ直し、ちゃんとそれらの社会に貢献していることを説明できれば、SDGs と言えるんじゃないかと思います。

梅雨の湿気対策は除湿器で!

なんかネットショップのキャッチコピーのようなタイトルを付けてしまいましたが、当ウェブサイトでは除湿器を販売していませんし、ステマもしておりません。誤解なきように・・・笑

弊社はおそらく1970年代に建てられたと思われる、元生命保険会社のビル2Fのワンフロアに事務所を構えているのですが、ビルの構造上、どうも湿気がたまりやすいようで。夏になるとカビが発生して、その匂いに悩んでおりました。壁にうっすら生えたカビを定期的に擦り取ったり、いろいろ対策はしていたのですが、便利だなと最近思うのが「除湿器」です。

IMG_1519

昨年にAmazonで2万円前後で買った除湿器です。これがモリモリと湿気を取ってくれて、去年と今年はカビの匂いが一切しなくなりました。梅雨の時期ですと、だいたい朝の始業前にセットすると、夕方の終業前には満杯まで水が溜まっています。んで、湿気を貯めたくないので、梅雨の時期は夕方に水を捨て、セットして帰り、また次の日の朝に水を捨て、セットして仕事し・・・というサイクルを繰り返しています。

試したことはないですが、梅雨時期の家干しにもいいんじゃないでしょうか?たぶんいい感じで乾くと思いますよ。除湿器の便利さは十分に実感できたので、次に買うとしたらもう少し貯水タンクが大きめのものを買いたいですね。1日2回はタンクの水を捨てないといけないので、ちょっとでも回数を減らしたいなと。とりあえず今のままでも充分ですけどね。

TEDxYouth@Seta に協賛してみました

滋賀の地に法人設立して早12年。今年で13年目。お金は全然ないけど、少しは地元に貢献しないといけない時期になってきたなぁ~と思ってはいましたので、たまたまご縁のあったこちらのイベントに協賛させていただきました。

47852065731_1e07b314ee_o

TED って私もあまり知らないのですけど、英会話の勉強にはTEDをYoutubeで見ると良いなんて言われていましたので、チラッと見たことがあって、何となく海外の演説イベントなんだろうな~ぐらいに理解していました。日本で開催されているのは知らなかったですし、まさかこんな近くで開催されるとは思いませんでした。

大津瀬田ということで同じ滋賀県とはいえ、地理的には彦根から結構離れるんですけど、やっぱこういうイベントを滋賀でやる意義はあると思うし、ぜひ応援したいなという気持ちがありまして、協賛させていただきました。

ゴールデンウィーク明けのバタバタの時期に開催だったので、結局会場には行けませんでしたが、盛り上がってくれたのかなぁ。ちょっとでも人々の記憶に残ってくれれば、あるいは経験の足しになったのであれば、有益な投資だったかなと思います。ぜひ来年もトライしてほしいですね。できれば彦根や長浜あたりでも開催してほしい!