カテゴリー別アーカイブ: マーケティング

挨拶の効用

自分は基本的に不愛想で人付き合いが苦手な人間だと思うのですが、仕事上お客さんと接して、今大事にしているのが「挨拶」です。

子供の頃、挨拶は何のためにあるのか全く理解できず、「挨拶しなさい」と言われても挨拶しないという、非常にひねくれた子供でした。納得できないことは絶対にやらないという頑固なところがありまして。本当に面倒な子供だったと思います(笑)そのまま大人になりましたが、当然コミュニケーションはうまくいかず。いつも集団の中でポツーンという孤立した存在でした。自分はそういうキャラだからと正当化してきましたし、それを変える気もあまりなかったのですが、自分が事業主となるとそうも言っていられません。自分に足りないものは何かと考えた時に、挨拶が致命的にできていないことに気づき、挨拶をするようになりました。

挨拶自体はとても簡単です。「おはようございます」「こんにちは」「お疲れ様です」とか。まぁ、以前からやってたのだと思いますが、挨拶が何のためにあるのか理解できなかったため、仕方なくボソボソと挨拶していたと思います。ただ進んでやってみると、相手に対して何かを働きかけたり、お願いしなければならない時に、挨拶はとても便利な入り口であることに気づきました。ほとんどの人が挨拶をすると、ちゃんと挨拶を返して、こちらに注目してくれるのです。社会に出ると、みんな自分のことで一生懸命で、他人のことなんて誰も注目してくれません。それが挨拶をすることで、一瞬ですが、こちらに注目してくれるのです。これってなかなか便利なツールだと思いませんか?

あくまでコミュニケーションツールの1つなので、使う使わないは個人の自由ですが、使った方が圧倒的に対人関係を有利に作ることができるように思います。私もそうでしたし、今の若い方々はITを使ったコミュニケーションツールが発達して、ますます生身のコミュニケーションが苦手になってきていると思いますが、人に対してちゃんと働きかけようと思うと、生身のコミュニケーションの方が圧倒的に強力です。電子メールやチャットは相手と信頼関係が出来ている場合にはちゃんと読んでもらえますが、そうでない場合は簡単にスルーされますし。生身のコミュニケーションに比べるとやはり貧弱ですね。

ITの発展は今後も続くでしょうし、人工知能やらも実用化されてきて、近い将来、単純な仕事はどんどんなくなっていくと予想されています。ただ人が人と関わることで、新しいモノやコトが作られていくのは変わらないでしょうし、その連携はコミュニケーションによって支えられます。最も強力な生身のコミュニケーションは挨拶から始まり、挨拶で終わります。コンピューターだってプロトコルと呼ばれる挨拶を交わしてコミュニケーションを行っているのです。人間が挨拶をできなくてどうするのでしょうか。

広告ではなくビジネスを考える

最近、もっと提案に力を入れないといけないな~と思うところもありまして、お客さまのところに行ってお話をする機会が多くなっているのですが、お客さまは私たちとは全く異なるフィールドで事業を行われていて、私たちが全く知らないルールや慣習のもとで、私たちが全く想像できないような悩みを抱えて、日々苦闘されているんだなと実感することが益々多くなりました。

あまり具体的な話はできないので、何のことを言っているかわかりにくいと思いますが、世の中はなかなか単純ではないということです。いろいろな事情が絡み合っていて、広告宣伝をしたいのだけどできない、しづらいということもたくさんあるんだということです。

もちろん個々のビジネスの事情まで、広告制作屋である私たちが知る必要もないですし、お客さまで仕訳すべき問題だと思いますが、お客さまもややこしい事情をどのように解きほぐし、最終ユーザーにどのように情報を提示すればよいのか、悩んで悩んで、結局のところ結論が出せずに立ち止まったまま、ということも多いようです。ビジネスの最前線というか、ど真ん中にいるぶん雑念にとらわれ過ぎるのでしょうね。

私は広告制作屋ですので、それ以外の全ての分野についてはど素人ですが、12年間に渡って法人を営んできた経験が一応ありますので、企業が守るべき最低限のルールはある程度理解しているつもりです。また企業の悩みは企業の規模にあまり関係なかったりしますので、私と話をしていく中で方向性が見えてくることも多いようです。

世の中は本当に単純ではありませんが、最終ユーザーは単純なもの、理解しやすいものを望んでいます。複雑なものをどう単純にするか、、それはデザインだけでは限界があり、コンテンツが単純、かつ理解しやすいものである必要があります。そこにも突っ込んでいって、もっともっと理解できる情報作りに貢献したいですね。

CSRについて考えてみませんか?

先日、「CSRをホームページに載せたいのですが、手伝ってもらえませんか?」というご相談をいただきました。CSRってよく聞く言葉ですが、非常に曖昧な概念ですので、「CSRって何?」と聞かれると、なかなかうまく答えられませんね。多少なりともCSRがわかっていないと話し相手すらできませんので、CSRについてちょっと考えてみました。

wikipediaによると、「CSR(corporate social responsibility)は企業が利益を追求するだけでなく、組織活動が社会へ与える影響に責任をもち、あらゆるステークホルダー(利害関係者:消費者、投資家等、及び社会全体)からの要求に対して適切な意思決定をする責任を指す。」ということだそうです。わかるような、わからんような・・・。

言われるまでもなく、企業は社会的存在です。企業は社会の一員として法律を遵守しないといけませんし、税金を納めないといけません。企業である以上、何らかの形でそれらはやっていると思います。ただ実際のところは法律が遵守できていなかったり、税金が納められない企業もたくさんあると思います。

法律を遵守したり、税金を納めるだけでもなかなかの苦労がありますが、さらにCSRという責任を果たせと言われると、さらに大変な話です。ただ企業は社会の一員であることを自覚すべきという考え方をCSRは述べているだけで、具体的に何をするのか、そして何かをした場合のメリットは何か、あるいは何もしなかった場合の罰則は何か等は述べられていないと思います。

企業が何をすべきかは各自で考えましょうということですね。企業は金の亡者のように思われがちですが、身勝手な振る舞いばかりでは誰にも相手にされませんから、実際のところは自らのイメージアップのためにいろいろと社会貢献活動をやっています。

例えば地元のスポーツ振興のために野球チームのスポンサーになることだっていいし、社員用テニスコートを市民に貸し出すことだって良いと思います。会社前の道路を清掃することや、町のお祭りに参加することだって良いと思います。

それなりの年数を経営している企業であれば、何らかの社会活動をやったことがあると思いますし、そういう活動をひとつずつ取り出して、CSRとしてホームページで表明すれば良いと思います。それぐらい気楽に考えると、どの企業でもCSRに書くべきことはあると思いますね。

どうしてもCSRに書くべきことは思い浮かばないのなら、CSRという文脈で企業活動を見つめる事が出来る人に手伝ってもらうと良いかもしれません。コンサルタントさんの中には、CSRを得意とするコンサルタントさんも居られるようですので、そういう方に手伝ってもらうのも良いと思います。

アマゾンビジネスで備品購入

おはようございます。今日も残暑が厳しいですね。これが毎年続いて、さらに年々暑くなると思うと、あと何回夏を乗り越えていけるのだろう、と暗い気分になってしまいます。悲観的になっても仕方がないので、打つべき対策を打って、夏を積極的に楽しんでいきたいですね。

さて、皆さんは会社の備品購入はどうされていますか?原材料や製品などの仕入れはもちろん決まったルートから仕入れられていると思いますが、ちょっとした備品などはかつては町の文房具店やホームセンターで購入されていたかもしれませんね。最近ではさすがにネットで購入される会社が多いと思いますが、ネット小売大手のAmazonさんから、事業者向け販売サービスの Amazon Business が開始されているのをご存知でしょうか?

amazon-business

従来の個人向けと Amazon Business の違いはユーザー視点に立つと以下のような点です。

法人価格で買える!

これはやはり嬉しいですね。ただ今のところ、2~3の商品を購入してみたかぎりでは、既存の Amazon と価格差はありませんでした。Amazon や Amazon と契約する販売店で法人価格を設定してくれれば、法人価格が適用されるのでしょうね。これからに期待です。また商品によっては「数量割引を依頼する」という選択が出てきます。大した数ではなかったので申し込みませんでしたが、まとめ買いでは一回依頼してみようかなと思います。

複数メンバーで法人アカウントが管理できる!

小さな会社だと社長が一人で注文を担当することもできるでしょうが、注文数が増えてきたり、社長が長期不在の時は社員さんに注文を任せたいところです。そういう時に各社員さんのアカウントと会社アカウントの紐付けができるようです。社長自身の個人アカウントは触らせたくないけど、社員個々で発注をしてほしいというときには便利そうです。

請求書払いができる!

弊社は法人クレジットカードですべて決済するので、あまり必要はないのですが、請求書払いにしかできない会社もあるかもしれません。そういう会社でも請求書払いが選択できるので、これはかなり便利じゃないでしょうか?与信管理とかめちゃくちゃ大変そうですけど、さすが Amazon さんだなぁと思います。

他にもいろいろメリットはありそうですが、細かい仕様は以下でご確認ください。

Amazon Businessの特長
https://www.amazon.co.jp/b2b/info/features?layout=landing#pricesavings

私も最近使い始めたところなので、ぼちぼち勉強していこうと思います。

伝統工芸の価値を現在に活かすには?

京都に近い土地柄で、伝統工芸品は滋賀県にも多々ありますので、伝統工芸品を売りたい!というご要望を時々いただくのですが、なかなか有効な手段が見つからないのが現状です。そんな中、伝統工芸の優れた匠の技を現在的な商品に活かすというプロジェクトをされているとのことでしたので、先日ちょっと覗かせていただきました。(写真がイマイチですいません。)

IMG_2444

Kiwakoto produced by A-STORY Inc.

こちらのプロジェクトでは車にまつわる様々なグッズに、京都の伝統工芸の技を取り入れることで、付加価値や個性を出そうという試みをされています。
例えば、このような高級外車の内装に、、

IMG_2451

銀箔と漆の技術を使って、社内の革製シートカバーに、かっこいいデザインを施されていました。高級外車といっても、大量生産のプロダクトですから、こうした個性を加えることで、どこにもない一品になりますね。

IMG_2448

野立てセットも販売されていました。京指物と呼ばれる釘などを使わない手法で組み上げられた桐箱に、茶釜や茶わんなどが綺麗に収納されています。ドライブに疲れたら、景色の良い場所でお茶を一杯というのも良いかもしれませんね。

IMG_2447

その他にも、車のドリンクホルダーに入れて使う香りの器や、ルームフレグランスなどがありました。

IMG_2455

現代の生活になくてはならない車というツールに、伝統工芸の技を活かした事例でした。これからも車と伝統工芸の協奏で、商品を生み出していかれるとのことです。楽しみですね。

マーケティングオートメーション

おはようございます。昨晩は雪が降る予報だったので、時々外を眺めながら寝床に着いたのですが、幸い雪は降らずに快晴の朝です。見事に雪化粧した伊吹山が見通せて、その奥の山々も稜線がはっきり見えて、景色はなかなか風情がありますが、とにかく寒いです。ほぼ零度です。この寒さはなんとかならないですかね …

さて今週の話題は「マーケティングオートメーション」です。自社のWEBサイトを営業に活かしたいというご要望は以前からよくいただくのですが、WEB制作がメイン業務であるナックウェブとしては、WEBサイトから獲得したユーザーをどうやって顧客化するかについては、なかなか良いご提案ができずにおりました。

通常、WEBサイトに訪問したユーザーはどこの誰かわかりません。WEBサイトにアクセスする際にプロバイダ情報やユーザーエージェント情報と呼ばれるものが得られるので、そこから「日本の、滋賀県の、Windows10パソコンを使っている人」ぐらいはわかったりします。あるいは固定IPアドレスを使用しているユーザーについては、DNS逆引きで会社名がわかるケースもあります。とはいえせいぜいそこまでで、WEBサイトを見ている個人を特定することは難しいです。

こういう匿名のユーザーを見込顧客(これをリードと呼ぶそうです)と呼べるレベルまで引き上げるには、少なくとも連絡先は知っておく必要があります。WEBでもっとも一般的な連絡先はメールアドレスですので、訪問ユーザーのメールアドレスを得ることで、こちらから積極的に情報発信する手段ができ、匿名ユーザーを一歩こちらに引き寄せることができます。

メールアドレスを獲得する方法としては、お問い合わせフォームからの問い合わせや、資料請求フォームからの申し込みなど、何らかの個人情報入力フォームを用意しておいて、そこから獲得する形が一般的です。

そうして獲得した見込顧客は、わざわざGoogle検索するなどして、御社のWEBサイトにたどり着き、さらに入力フォームから登録を行ったユーザーですから、そもそも御社の製品やサービスについては関心も高く、聞く耳を持っています。そのうちの何割かは、将来の顧客に成り得ますから、放置しておくのではなく、丁寧に情報発信をしていくべきです。

マーケティングオートメーションツールを使うと、そうして獲得した見込顧客がいつ訪問して、どのWEBページを閲覧して、個人情報入力フォームに至ったか、その後どのWEBページを見ているかなどのWEBサイト内の行動履歴を追うことができます。ですから、事前に見込顧客の目的や関心を知ることができ、見込顧客にマッチした情報発信を行うことができます。

また見込顧客の行動によってマーケティングオートメーションツールが自動的にスコアリングを行いますので、スコアの高い見込顧客をターゲットにして情報発信を行うことができますし、閲覧したWEBページによって見込顧客をセグメント化することもできますので、セグメントごとに最適化させた情報を発信することができます。

これらがうまく成功すれば、見込顧客が再度の問い合わせや申し込みをしてくることもあるでしょう。その中で相手の会社名・会社所在地・電話番号・所属部署名・担当者氏名などがわかれば、さらにレベルの高い見込顧客となりますので、営業部門で実際に電話や訪問などで営業活動を行うことができるようになると思います。

もちろん極少数の見込顧客に対してこれらを行うならエクセルでも充分だと思いますが、ある一定以上の事業規模になれば多数の見込顧客に対して最適化させた情報を一斉配信したいというニーズは出てきますので、マーケティングオートメーションツールがあると効率的だと思います。

こうしたマーケティングオートメーションツールを自社のWEBサイトに導入したいといったご要望に対しても、弊社は今後積極的にお手伝いしていきたいと思っておりますので、またお声を掛けてください。

マーケティングメインで作成した医療法人ウェブサイト

案件ラッシュで忙しくしている毎日ですが、2月末もしくは3月末公開というものがとにかく多く、ちょっとご紹介できそうなものがありません。というわけで少し前に作成した実績をご紹介します。

ある医療法人さんの広告宣伝用ウェブサイトです。眼科がご専門で、滋賀と名古屋の2ヶ所に眼科を開院されているのですが、今回は特に名古屋で白内障にお悩みの方を対象に広告宣伝したいとのことで、ウェブサイトを使った広告宣伝に取り組みました。

20160221

http://ogurikinshi.com/hakunaisyo/

デザインやシステムに拘るというより、マーケティングがメインのご依頼でしたので、「名古屋 白内障」で長期間にわたって上位表示するように、コンテンツの構成やボリュームには配慮しました。理事長みずから足を運んでいただき、私たちに眼科治療の話を丁寧に説明いただいたのですが、これだけの専門的な内容をライティングするのはしんどかったので、原稿作成は基本的にクライアント様にて担当していただきました。

公開したのが去年6月頃で、現時点で7ヶ月強を経過したところですが、本日時点では「名古屋 白内障」「名古屋 白内障手術」では2位に表示されていました。1位はずっと以前からかなりの広告費を投じてウェブマーケティングをされている眼科さんなので、ウェブサイトだけで勝負して2位に表示されているのは上出来かなと思っています。

20160221-2

「白内障」「白内障手術」といったキーワードだけで勝負すると、ライバルが多すぎて高順位を得ることは難しいですが、今回のお客様のようにローカルビジネスをなさっている事業者様は、自社の商品・サービスに関するキーワード+地域キーワードでマーケティングすると良いですね。地域キーワード込みであれば、少ない広告投資でも検索順位1ページ目を狙える分野は多いと思います。

Google Adwords 広告ランディングページの制作事例

弊社は基本的にWEB制作会社ですので、”何をどうやって作るか?” ということをついつい考えがちなのですが、これだけネット空間にウェブサイトが乱立していると、ライバルを押しのけていかにクライアントのウェブサイトに集客するかは真剣に考えないといけないと思っております。

その1つの手段が、検索エンジン大手のGoogleとYahoo!のクリック課金広告サービス、Google Adwords と Yahoo!プロモーション広告です。ユーザーが1クリックするごとに費用がかかってしまいますので、中小企業が長い期間やり続けるのは厳しいかもしれませんが、ウェブサイトを新規制作した時や、商品大売り出しの時、あるいは季節性のある商品を販売する場合などは、一時的にこういう広告を用いるのも有効だろうと思っています。

ichihara2

 

今回は某呉服店さんから、スマートフォンユーザー向けにネット広告をやってみたいというご依頼を受けまして、広告ランディングページを作成いたしました。

スマホを最優先で考えた、いわゆるスマホファーストなウェブページですが、PCでご覧いただいてもストレスなく閲覧できるレスポンシブウェブデザインになっています。

ちなみに広告ランディングページとは、例えば「振袖 宮崎」等のキーワードで検索した際に表示される広告文をクリックした際に最初に表示されるウェブページのことです。

広告ランディングページとして既存のウェブサイトの1ページを指定してもいいのですが、今回は「若い女性に振袖を販売したい」ということで、それにちょうど適したページが存在しなかったため、簡易ウェブサイトのような形で、広告ランディングページをお作りしました。

スマートフォンなら電話番号をクリックするだけで簡単に電話ができますし、従来のメールフォームもちゃんと付いています。ウェブサイトは持っているけど、もう一歩踏み込んでインターネットからお客さんを集めたい!と思っておられる方なら、こういう方法も取り入れていかれるといいかと思います。

日本の伝統工芸品は海外に売れるのか?

彦根は京都にも比較的近く、彦根仏壇といった伝統工芸品の生産が盛んなこともあり、これら伝統工芸品の販売についてちょくちょく相談を受けます。だいたいは伝統工芸品が売れないので、何とかして売上が上がるようにしたいという相談です。

日本のマーケットが縮小していること、日本人の趣味志向が洋風化したこと、今までいろいろな人がこれらの課題解決に乗り出したが、あまり成果が上がっているように見えないことを考えると、相当難しいように思うのですが、嘆いていても仕方がないので、可能性に賭けて前に進んでいきたいところです。

今回はちょっとしたご縁があり、木彫品の海外ネット販売をお手伝いすることになりました。

etsy
https://www.etsy.com/jp/shop/IjiriStudio

ご覧いただければわかるとおり、かわいく動物を彫ったようなものではなく、お寺の本堂に安置されていそうなシリアスな仏像が大半です。ご家庭だと床の間に飾っておくと似合いそうですが、床の間のある家も少なくなりましたよね。なかなかこういう渋い伝統工芸品を日本で売るのは難しいだろうと思いました。

日本で売れないなら海外で売ろう!というのは非常に安直な発想なのですが、日本マーケット向けには既に百貨店の催事販売をされたり、他に手伝っておられる方も居られるので、今までやったことがない海外ネット販売で出してみようということになりました。

独自ドメインでサイトを立ち上げることも検討したのですが、サイト価値を高めていくのに時間がかかりすぎることもあり、今回は海外ネット販売のASPを使うことにしました。有名なASPとしてはeBayがありますが、あまりに雑多な商品が販売されているので、伝統工芸品販売に関しては、eBayより適しているだろうという判断で、Etsyを使うことにしました。

翻訳と写真撮影は弊社の協力会社様にご尽力いただき、それらのコンテンツを弊社の方で販売サイトにまとめました。着手から公開まで2ヶ月くらい掛かりました。海外販売は初めての経験で予想もつきませんが、クライアントさんと適宜相談しながら、ひとつひとつ問題をクリアしていければと思っています。

滋賀彦根新聞に掲載されました!

先日、弊社でリリースした無料Wi-Fiスポット開設の件ですが、Facebookで140人ほどの方が「いいね!」をしていただきました。ありがとうございました。中にはわざわざ来て試していただいた方も居られて感激です。「受信範囲が狭いね~」というご指摘をいただいたのですが、どうもWi-Fi機器によっても電波の感度や送受信速度が大きく変わるようで、新しい世代のWi-Fi機器で試すとかなりの速度が出るのですが、そうでないと入ったり入らなかったりしました。こちらで改善できそうなところは随時見直してまいりたいと思います。

ところでプレスリリースしたのに、全くプレスに相手にされてねーよ!とブツブツ言っていたのですが、超地元の滋賀彦根新聞様の2月4日版にご掲載いただきました。ありがとうございます!!(薄緑の枠内が弊社の記事です。)

hikone_news
(上記紙面の文面・写真等のすべての著作権は滋賀彦根新聞様に帰属します。なお、滋賀彦根新聞社様の掲載許可済みです。)

記者の方が一人で来られて、取材と写真撮影をして帰っていかれました。後日、「記事掲載」と赤いスタンプを押した新聞を一部送っていただきました。ご丁寧にありがとうございます。

今までは人知れず地味にコツコツと事業を続けてきた弊社ですが、彦根駅近くに移転をし、スタッフ数も増えましたので、地域との関わりを考えるべき時期に来たと思っています。今回はささやかな試みですが、私たちの専門知識や資源を活かして、地元彦根へ貢献するとともに、営利法人としての知名度アップも図っていければいいなと思っております。今後ともよろしくお願いいたします!