カテゴリー別アーカイブ: 制作実績

呉服店のホームページ

皆さん、こんにちは。
月の半ばはノンビリできることが多いのですが、今週はなかなか忙しかったです。
大阪にも行けなかったなぁ・・・。

さて、今回は兵庫県赤穂市の呉服店さんのホームページを公開いたしましたので、ご紹介します。

20170225-1
http://tsumai.jp/

呉服店さんにもいろいろありますが、こちらは著名な作家さんが作られた芸術性の高い呉服を中心に扱っておられるお店です。呉服の中でも特に高級品を扱っておられるので、シンプルながらも洗練されたイメージのデザインでご提案し、作成させていただきました。

いつものごとく、WordPressをCMSに採用し、弊社オリジナルデザインでレスポンシブWEBデザイン(PC・スマホ両対応)を実現しています。トップページにある季節のご挨拶やお知らせ、あるいは特選品、コーディネート等のコンテンツは管理者専用画面から追加・修正・削除を比較的簡単に行うことができます。

ホームページを作るということは、自社の価値や存在意義を見直すことにも繋がるので、クライアント様もたいへん神経を使われたことと思います。そのために文章の一語一句にまでこだわって、何度も修正されておられましたが、ここに来てようやくご納得できる内容になったとのことで、公開に至りました。

今までホームページがなかった呉服店さんですので、これからはホームページ経由の新しいお客さんも増えていくことでしょう。ココにしかないという一点モノを多く扱っておられますので、遠方にお住いの着物愛好家やコレクターの方々にも見ていただいて、こういうこだわりの名品を扱う呉服店があるということを知っていただけるといいなと思います。

お酒のネットショップ

皆さん、こんにちは。年が明けたと思ったら、もう2月の中盤を過ぎたんですね。時間の経つのは早いものです。仕事が充実しているせいなのか、年のせいか、よくわかりませんが。

最近のトピックで言えば、2016年度決算がおおよそ終了しました。既に税金も払いましたよ!いわゆる法人税はそれほどでもないんですが(利益が少ないからね)、消費税がなにげに痛い。消費税という名目で、お客様から代金上乗せでもらっているお金なので、払うのは当たり前なのですが、払う段になると、貯まった消費税の金額に愕然としますね。しかも再来年ぐらいから簡易課税ではなく、本則課税とやらになるらしいので、さらに消費税が増えるらしい。しっかり帳簿を付けて、消費税分はしっかり社内にプールしておくようにします!

さて雑談はそれぐらいにして、今回はご紹介できる制作実績が上がってきました。お酒のネットショップです。

20170218

去年の8月頃から制作を進めていて、秋頃にはある程度はできていたのですが、ECサイトの常と言いますか、カード決済代行会社の承認がなかなか降りないとか、サーバーを変えないといけないとか、SSLどうしようとか、いろいろありまして、なかなか公開に至らず、年を越してしまった案件でした。ここに来て、ようやくカード決済代行会社の承認や、テスト環境の決済OKが終わり、待ちに待った公開に至りました。

ECプラットフォームとしては、弊社直案件としては初めて、EC-CUBE3 を採用し、クレジット決済は PAYGENT さんに繋がせてもらいました。基本は EC-CUBE3 の標準仕様に沿った店舗仕様で、標準仕様以外で言えば、ブラテックさんの商品オプションプラグインと、ロックオンさんのいくつかのプラグインを使わせていただいた感じです。直案件でしたので、お客様に丁寧なヒアリング・打ち合わせを弊社で行い、お客様の業態や実体に即した、無理のない店舗仕様にできたかなと思っています。

ショップオーナー様はいわゆる酒屋さんなのですが、地酒のメーカーさんでもあるので、メーカーとしてのこだわりが出せるといいなと思い、関係者インタビューを敢行しました。くそ暑い真夏の最中に高島まで行って、一日がかりでインタビューしましたよ。(お酒入りカップアイスが食べられて良かったけど。)ものすごく長いインタビュー記事があるので、ぜひ見てやっておくんなまし!

20170218-2

初めて使用した EC-CUBE3 ですが、制作陣からは「EC-CUBE2 の方が簡単で良かった」とか「プラグイン制作に時間かかりすぎ」とか「symfony わけわからん」とか、EC-CUBE3 の本格導入を決定した私を不安にさせるような怨嗟の声が届いております。ただレスポンシブWEBデザインに対応したことは大きいし、開発時間が余計にかかったとしてもプラグインという形で追加仕様を実装できるというのは、ショップオーナーさんからすれば嬉しいはずなので、この方向性は間違ってないのだろうと思っています。まだ改良の余地はかなりあるようなので、今後 EC-CUBE3 が利用者にとっても、インテグレーターにとっても優しいECプラットフォームになってくれるといいなと思っております。

さてちょっと話が飛びますが、最近 Magento を使った多言語ECサイト開発に取り組んでおります。多言語EC開発、越境ECと言えば、EC-CUBE多言語版というものもありまして、以前お客さんのリクエストにより制作に何度か使ったことがあるのですが、小数点以下を含む通貨の扱いが難しく、なかなか提案しづらい状況になっていました。そんな時にたまたま、海外ECパッケージとして名前はよく聞いている Magento の依頼がありましたので、弊社で現在取り組んでいるところです。こいつもカスタマイズを簡単にはさせてくれない堅牢なシステムらしく、担当者も苦労しているようですが、日本製品をネットで海外に売りたいというニーズは今後ますます増えていくと思いますので、Magento で日本企業の越境ECをお手伝いしていければいいなと思っています。

広告LP制作

みなさん、こんにちは。
最近はある案件絡みで大阪にちょくちょく行っています。
週に1回ぐらい行っているかな?

大阪には通学したことも通勤したこともないので、全然土地勘がなかったのですが、
大阪の街を数日間ブラブラして、ようやく土地勘が付いて来ましたね。
あくまで梅田周辺だけですが・・・。
このあたりの話はまた別の場で書ければいいなと思っています。

さて、ちょうど今は3月末納期の業務の仕込みの時期でして、
あまり公開できる実績がないのですが、
ちょっと前に公開した広告LPをご紹介します。
ページの一部だけで恐縮ですが。。

20170205_01
20170205_02

うん、こんな感じです(笑)
材料が少なすぎて、さっぱりしすぎてしまったのがちょっと悔やまれますが、
少ないなりに頑張って作成いたしましたよ。

あ、ちなみに広告LPとは、Yahoo!リスティング広告やGoogle Adwords といった
インターネット広告をクリックしたときに表示されるページのことです。

インターネット広告をクリックしたときに自社のオフィシャルサイトを見せてもいいのですが、
オフィシャルサイトって会社案内パンフレットみたいなもので、
いろいろな情報が包含されていますから、
ユーザーにとっては目的の情報にたどり着きにくいという欠点があるのですね。

なので予算が許せばですが、インターネット広告のターゲットユーザーや広告の目的に
合わせて作った特別なウェブページを見せた方が効果的だと思います。
そういうのを特に広告ランディングページ、広告LP、広告着地ページ、広告ランペとか呼んでいます。

ホームページを作っても集客が出来ない!というご相談を時々いただくのですが、
今はホームページ(オフィシャルサイト的なもの)は当たり前で、
プラスアルファでどんな手を打つかが勝負を決めるポイントになってきています。

そういう意味で、インターネット広告+広告LPという方策は、
集客力もあり即効性がありますので、「すぐに客の反応が欲しい!」という方には
ぴったりの施策だと思いますね。

不動産物件紹介のウェブサイト

最近は工務店さんとの取引が大変多いのですが、その流れで不動産の物件紹介ウェブサイトを作成しました。WordPress のレスポンシブWEBデザインという、いつものお得意パターンです。

20170129

この会社さんは大手不動産チェーンに所属しておられまして、その公式ウェブサイトでも物件紹介は問題なくできるのですが、今後は仲介ではなく自社物件(つまり自社の資金で仕入れて、自社で販売する物件)に力を入れていくので、自社物件だけをスペースを気にせずに宣伝できる場所が欲しいということで、今回自社物件だけを紹介するウェブサイトを制作した次第です。

大手不動産チェーンの集客力・広告宣伝力は凄いので、アクセス数ではなかなか振るわないと思いますが、他のサイトには掲載できないような細かい情報を丁寧に入れていくことで、大手サイトが拾えなかったお客さんをうまく拾っていければと思っています。

包装メーカーのウェブサイト

皆さん、こんにちは。相変わらず寒いですね。滋賀県彦根市はなんでも今晩から雪が降るとか。九州出身の社員さんには「雪が降ったら、雪遊びできて楽しいじゃん!」なんて言いましたが、雪遊びなんていう年齢でもないし、雪かきの手間や雪中ドライブの恐怖を考えると、雪はほんと勘弁してほしいですね。愚痴っても仕方ないんだけど。

さて先日は包装資材メーカーさんのウェブサイトを公開しました。こちらです!

eco

弊社にとってはわりとスタンダードなウェブサイトですね。WordPress をCMSに採用して、投稿タイプをいくつか増やして、お客様の方で情報追加や編集が簡単に行えるようになっています。導入事例や新着情報、イベント情報がそうですね。製品紹介に関しては、製品によって情報量も違うし、レイアウトも定まらないので、固定ページをひたすら量産する方法で対応しました。さらりとレスポンシブWEBデザインで、スマートフォン対応も行いました。

このウェブサイトはお客さんの立場で言うと、1事業部単独のウェブサイトになります。以前はオフィシャルサイトの1ページでしかなかった内容が、今回は事業部単独でウェブサイトを制作されましたので、ウェブに掲載した情報量としては格段に増えたのではないかと思います。環境問題にも熱心で、展示会などでもよく見かける地元の有名企業なので、ちょっとでも事業に貢献できると嬉しいですね。

大学体育会のウェブサイト

いやいや、彦根は今シーズン初めて雪ががっつり積もりました。
気象庁発表によると、1月15日(日)13:00時点で積雪34cmとのことです。
これだけ降ると、車を出すのも億劫なので、歩き&電車で出社してブログを書いてます。

IMG_0423

さて今回ご紹介する制作実績は滋賀大学の体育会のウェブサイトです。
滋賀県立大学さんは時々お手伝いさせていただくのですが、滋賀大学さん関係は初めてですね。
めちゃ近いのに(笑)

とにかく早く公開したいとのことでしたので、あまり企画を練る時間はありませんでしたが、
与えられた素材をしっかり使って、学生組織らしい爽やかなウェブサイトにできたと思います。

20170115

得意とする WordPress を使い、成績紹介・メンバー紹介・新着情報はブログ型更新コンテンツにし、容易に更新できるようにしました。またレスポンシブWEBデザインで、スマートフォンにも自動対応しています。ヨットを志す部員がたくさん集まって、部が発展していってくれるといいなと思います。

呉服店のホームページ

岐阜県大垣市の呉服店さんのホームページを制作しました。

20170106

もともとホームページはあったのですが、数年前に作成されたもので、さすがにデザインリニューアルをしたいとのことで今回ご依頼いただきました。振袖商材に力をいれておられるとのことでしたので、高画質な振袖モデル画像を随所に用い、和イラストや和柄をポイントに使いながら、若い女性を意識したデザインにしています。システム的にはお馴染みのWordPressを用い、お客様ご自身で更新できるようにしています。

振袖・卒業袴のウェブサイト

こんばんは、とうとう大晦日になってしまいましたね。
さて、年末にバタバタと公開ラッシュがあったのですが、これもそのひとつ。
着物屋さんのウェブサイトなのですが、振袖と卒業袴の販売に力を入れたいという呉服店さんのリクエストに応えて、振袖と卒業袴に特化したウェブサイトを作成しました。

20161231

スマホファースト(スマホを最優先)のウェブサイトでしたので、PCで見るとあっさりして見えるかもしれませんが、スマートフォンで見るとなかなか良い感じですよ。20歳前後の若い女性をターゲットにしたウェブサイトですので、ガーリーポップな感じにデザインしました。いつもの通り、Wordpress で、レスポンシブ対応いたしました。

さて今年もいよいよ終わりですね。
実は弊社は来年1月9日で、なんと10周年を迎えます。会社をスタートするときは、まさか10年も持つとは思いませんでしたね。潰れたらどうしよう・・・と、いつも気に病んできた気がします。今でもその心配は尽きないのですが、それでもどうにか10周年を迎えることができそうで、なんとも不思議な気分です。1人でスタートした会社も、今は正社員7名となり、なかなか会社らしくなりました。せっかく作った場所ですので、これからもクリエイターが居心地良いと思ってくれるような仕事環境を作っていきたいと思います。今後とも精進してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

グループホームのウェブサイト

福祉関係のお仕事もちょくちょくいただきますが、今回はグループホームさんのウェブサイトを制作しました。

ekubo

高齢者福祉施設は種類がたくさんあるので、いつも混乱するのですが、ここはグループホームと言って、認知症の高齢者の方が少人数の共同生活を行う場所です。以前、サービス付き高齢者向け住宅のウェブサイトを作成させていただいたことがあるのですが、大きな違いはグループホームが認知症の要介護認定のある方だけを対象としているのに対し、サービス付き高齢者向け住宅は高齢者であればだれでも対象になるということだそうです。

今のところ高齢者介護の経験がないので、先日、取材と写真撮影を兼ねて私と弊社デザイナーとカメラマンで訪問させていただきました。行ってみると、さすが出来たばかりだけあって、綺麗な平屋の建物が立っていました。前に県道が走っているのですが、基本は田園地帯なので、環境はとても良さそうです。車があれば、ビバシティ彦根まで5分ぐらいでしょうか。なかなか便利そうな場所だなと思いました。

グループホームに入ると、まずかなり広めのエントランスがありました。ちゃんとスロープも付いていましたね。そして次の扉を開けると、広いリクレーションルームがあります。ここでご飯を食べたり、寛いだりされるそうで、ちょうど訪問したときはみなさんで絵合わせかるたをやっておられました。ちょうどこの中央広間をぐるりと囲む形で、個室が並んでいる構造です。個室の扉を開けると、だれかがそこに居るという環境は、プライベートも適度に保ちながら、人の環にも参加できて、なかなか良さそうです。

高齢者向け住宅ですので、一般住宅とは違う様々な工夫がされていましたね。スロープや手すりが随所に付けられていましたし、安全に浴槽に入るための可動式入浴台もありました。個室扉は寝台のまま出られるように幅広になっていました。ちょうど病院の部屋みたいな感じですね。トイレにも補助テーブルが付いていました。必要十分といった感じに見えましたね。

グループホームは人が住まう場所なので、できるだけ人の写真を撮らせていただきたかったのですが、施設の責任者様から「許可されている方を除き、顔の入った写真や個人の所有物は絶対撮らないでください!」と厳命されてしまいましたので、撮影して良いかを責任者様にひとつづつ確認しながらの神経を使う撮影でした。責任者様は饒舌にお話しくださる楽しい方なのですが、やはりプライバシー保護には神経を使われているようです。幸い、2人ほどの入居者さんからは事前に撮影協力をいただいておりましたので、なんとか人の絵が撮れたという感じです。

取材と写真撮影の甲斐もあって、当初想定していたより、遥かに情報量の多いウェブサイトにできたと思います。今後も予算が許せば、取材や写真撮影を行わせていただいて、より情報豊かな、中身の濃いウェブサイトを作っていきたいと思います。

ビジネスホテルのウェブサイト

今週は彦根市内のビジネスホテルさんのホームページを公開いたしました。

serikawa

実は6~7年ほど前に弊社でお作りさせていただいたホームページをずっとお使いいただいていたのですが、さすがにイメチェンをしたいということで、今回のリニューアルとなりました。当初はホテル様の方で写真をご用意いただく予定だったのですが、最終的には客室やレストランの写真撮影を弊社で行いました。

全体的にデザインを洗練させるのはもちろんだったのですが、今回留意したところはスマートフォン対応を行ったことや、宿研という宿泊予約ASPと繋ぎ込みことで宿泊予約を取りやすくしたこと、システムを古いMovableTypeから最新のWordpressに入れ替えたことなどが挙げられます。

こちらのビジネスホテルは建設工事関係の職人さんがよくお泊りになるそうで、そういう方が工事期間の間に長期連泊されるそうです。建物もそれなりの年数を経ていて、JR彦根駅からもかなり距離があるのですが、宿泊費も滋賀県彦根市で最安値を継続されていますし、アットホームなサービスを提供されているので、リピーターさんが大変多いとのことです。

滋賀県彦根市でじっくり腰を据えて観光したい方、仕事や受験などで連泊したい方にはとてもオススメだと思います。