カテゴリー別アーカイブ: 制作実績

大学体育会のウェブサイト

いやいや、彦根は今シーズン初めて雪ががっつり積もりました。
気象庁発表によると、1月15日(日)13:00時点で積雪34cmとのことです。
これだけ降ると、車を出すのも億劫なので、歩き&電車で出社してブログを書いてます。

IMG_0423

さて今回ご紹介する制作実績は滋賀大学の体育会のウェブサイトです。
滋賀県立大学さんは時々お手伝いさせていただくのですが、滋賀大学さん関係は初めてですね。
めちゃ近いのに(笑)

とにかく早く公開したいとのことでしたので、あまり企画を練る時間はありませんでしたが、
与えられた素材をしっかり使って、学生組織らしい爽やかなウェブサイトにできたと思います。

20170115

得意とする WordPress を使い、成績紹介・メンバー紹介・新着情報はブログ型更新コンテンツにし、容易に更新できるようにしました。またレスポンシブWEBデザインで、スマートフォンにも自動対応しています。ヨットを志す部員がたくさん集まって、部が発展していってくれるといいなと思います。

呉服店のホームページ

岐阜県大垣市の呉服店さんのホームページを制作しました。

20170106

もともとホームページはあったのですが、数年前に作成されたもので、さすがにデザインリニューアルをしたいとのことで今回ご依頼いただきました。振袖商材に力をいれておられるとのことでしたので、高画質な振袖モデル画像を随所に用い、和イラストや和柄をポイントに使いながら、若い女性を意識したデザインにしています。システム的にはお馴染みのWordPressを用い、お客様ご自身で更新できるようにしています。

振袖・卒業袴のウェブサイト

こんばんは、とうとう大晦日になってしまいましたね。
さて、年末にバタバタと公開ラッシュがあったのですが、これもそのひとつ。
着物屋さんのウェブサイトなのですが、振袖と卒業袴の販売に力を入れたいという呉服店さんのリクエストに応えて、振袖と卒業袴に特化したウェブサイトを作成しました。

20161231

スマホファースト(スマホを最優先)のウェブサイトでしたので、PCで見るとあっさりして見えるかもしれませんが、スマートフォンで見るとなかなか良い感じですよ。20歳前後の若い女性をターゲットにしたウェブサイトですので、ガーリーポップな感じにデザインしました。いつもの通り、Wordpress で、レスポンシブ対応いたしました。

さて今年もいよいよ終わりですね。
実は弊社は来年1月9日で、なんと10周年を迎えます。会社をスタートするときは、まさか10年も持つとは思いませんでしたね。潰れたらどうしよう・・・と、いつも気に病んできた気がします。今でもその心配は尽きないのですが、それでもどうにか10周年を迎えることができそうで、なんとも不思議な気分です。1人でスタートした会社も、今は正社員7名となり、なかなか会社らしくなりました。せっかく作った場所ですので、これからもクリエイターが居心地良いと思ってくれるような仕事環境を作っていきたいと思います。今後とも精進してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

グループホームのウェブサイト

福祉関係のお仕事もちょくちょくいただきますが、今回はグループホームさんのウェブサイトを制作しました。

ekubo

高齢者福祉施設は種類がたくさんあるので、いつも混乱するのですが、ここはグループホームと言って、認知症の高齢者の方が少人数の共同生活を行う場所です。以前、サービス付き高齢者向け住宅のウェブサイトを作成させていただいたことがあるのですが、大きな違いはグループホームが認知症の要介護認定のある方だけを対象としているのに対し、サービス付き高齢者向け住宅は高齢者であればだれでも対象になるということだそうです。

今のところ高齢者介護の経験がないので、先日、取材と写真撮影を兼ねて私と弊社デザイナーとカメラマンで訪問させていただきました。行ってみると、さすが出来たばかりだけあって、綺麗な平屋の建物が立っていました。前に県道が走っているのですが、基本は田園地帯なので、環境はとても良さそうです。車があれば、ビバシティ彦根まで5分ぐらいでしょうか。なかなか便利そうな場所だなと思いました。

グループホームに入ると、まずかなり広めのエントランスがありました。ちゃんとスロープも付いていましたね。そして次の扉を開けると、広いリクレーションルームがあります。ここでご飯を食べたり、寛いだりされるそうで、ちょうど訪問したときはみなさんで絵合わせかるたをやっておられました。ちょうどこの中央広間をぐるりと囲む形で、個室が並んでいる構造です。個室の扉を開けると、だれかがそこに居るという環境は、プライベートも適度に保ちながら、人の環にも参加できて、なかなか良さそうです。

高齢者向け住宅ですので、一般住宅とは違う様々な工夫がされていましたね。スロープや手すりが随所に付けられていましたし、安全に浴槽に入るための可動式入浴台もありました。個室扉は寝台のまま出られるように幅広になっていました。ちょうど病院の部屋みたいな感じですね。トイレにも補助テーブルが付いていました。必要十分といった感じに見えましたね。

グループホームは人が住まう場所なので、できるだけ人の写真を撮らせていただきたかったのですが、施設の責任者様から「許可されている方を除き、顔の入った写真や個人の所有物は絶対撮らないでください!」と厳命されてしまいましたので、撮影して良いかを責任者様にひとつづつ確認しながらの神経を使う撮影でした。責任者様は饒舌にお話しくださる楽しい方なのですが、やはりプライバシー保護には神経を使われているようです。幸い、2人ほどの入居者さんからは事前に撮影協力をいただいておりましたので、なんとか人の絵が撮れたという感じです。

取材と写真撮影の甲斐もあって、当初想定していたより、遥かに情報量の多いウェブサイトにできたと思います。今後も予算が許せば、取材や写真撮影を行わせていただいて、より情報豊かな、中身の濃いウェブサイトを作っていきたいと思います。

ビジネスホテルのウェブサイト

今週は彦根市内のビジネスホテルさんのホームページを公開いたしました。

serikawa

実は6~7年ほど前に弊社でお作りさせていただいたホームページをずっとお使いいただいていたのですが、さすがにイメチェンをしたいということで、今回のリニューアルとなりました。当初はホテル様の方で写真をご用意いただく予定だったのですが、最終的には客室やレストランの写真撮影を弊社で行いました。

全体的にデザインを洗練させるのはもちろんだったのですが、今回留意したところはスマートフォン対応を行ったことや、宿研という宿泊予約ASPと繋ぎ込みことで宿泊予約を取りやすくしたこと、システムを古いMovableTypeから最新のWordpressに入れ替えたことなどが挙げられます。

こちらのビジネスホテルは建設工事関係の職人さんがよくお泊りになるそうで、そういう方が工事期間の間に長期連泊されるそうです。建物もそれなりの年数を経ていて、JR彦根駅からもかなり距離があるのですが、宿泊費も滋賀県彦根市で最安値を継続されていますし、アットホームなサービスを提供されているので、リピーターさんが大変多いとのことです。

滋賀県彦根市でじっくり腰を据えて観光したい方、仕事や受験などで連泊したい方にはとてもオススメだと思います。

呉服店のホームページ

年末も近いということで、バタバタと制作に追われております。
今週は呉服店さんのホームページをリニューアル公開させていただきました。

k1

前回の呉服店さんもそうだったのですが、振袖と一般呉服(留袖・訪問着・附下・小紋等々)という大きな分類があって、それぞれターゲットとなる客層と売り方が全然違います。振袖は非常に特殊で、20歳を迎える若い女性が成人式に合わせて1年以上前から予約するといった買い方をされるわけですが、一般呉服は年齢層も購入動機もみんなバラバラです。

そんな客層も売り方も異なる商材を違和感なく1個の呉服店サイトに納めるにはどうすればいいかということで、Wordpress のマルチサイト版を利用して、総合サイト、振袖サイト、一般着物サイトというふうに複数のウェブサイトから構成されたようなイメージに仕上げました。

振袖サイトを上の総合サイトと比べていただけるとわかると思いますが、ヘッダーにグローバルナビゲーションを内包し、その下に振袖サイトのローカルナビゲーションを配置しました。ピンク・赤系統の配色で、ガーリーな雰囲気を出すようにしました。

k2

一方、一般着物サイトは基本的には白背景で、どの年代にも違和感なく受け入れられるようにしました。英語フォントを排し、明朝体の日本語フォントを多用することで、落ち着きや伝統感を出すようにしました。

k3

商品や人物の写真撮影・既存ブログコンテンツのコンバートなどもあり、なかなか大変なお仕事でしたが、この呉服店さんに相応しいホームページができたと思っています。売上アップに貢献できるといいですね。

新卒求人サイト制作

いよいよ年末が近づいて来ましたね。
ただでさえ忙しい年末なのに、弊社は12月末決算なので、かなりバタバタしております。
何とか売上を確保して、年度目標達成に近づけたいところです。

さて今回は昨日公開したばかりのウェブサイトをご紹介します。
滋賀県近江八幡市にある住宅資材商社さんの求人サイト制作になります。

この会社は毎年5~10名程度の新卒大学生を採用されていて、2018年度新卒学生も積極的に採用していきたいとのことで、弊社にリクルートサイト制作をご依頼いただきました。

求人だけを目的にしたウェブサイトはそれほど多くないと思いますが、見てくれたときにパッと記憶に残るデザインがいいなと思い、街に向かってジャンプしているビジュアルを使ってみました。

20161203-1

ちょうど良いフリー画像がなかったので、実際に若手社員さんにジャンプしてもらって、弊社で撮影しました。10回程度は飛んでもらったと思います。おかげで良いポーズが撮れました。ご協力ありがとうございました。

構成としては、就職活動中の大学生が関心を持ちそうな情報を中心にまとめました。
例えば若手社員アンケート。タイトルの通り、当初はアンケートを並べるだけで、ひとりひとり撮影する想定はなかったのですが、ちょうど撮影で訪問する時に、若手社員が全員集まるとのことだったので、勢いで撮影させてもらいました。ずらりと並ぶと(見る側としては)とても楽しいですね。

20161209-2

ぜひやりたいと思って強く提案したのが、幹部インタビューです。新卒大学生にとって、ちょい上の先輩方も気になりますが、自分の上司になる方々がどんな人かも知っておきたいところですよね。というわけで、今回は3人のインタビューを敢行しました。私のインタビューが下手くそで、いまいち踏み込みが浅かったなと反省するところですが、お三方の現在のお仕事や、関心事、そしてプライベートも垣間見える内容になったかと思います。

20161209-3

さらに会社の基本情報をインフォグラフィックスで表現したいなと思い、こんなコンテンツも作ってみました。

20161209-4

時間が足らず、掲載できた会社情報が少なかったのが残念ですが、もし次回もチャンスをいただけるようであれば、もっと載せる項目を増やしたいなと思います。自社の情報を隠したがる中小企業はとにかく多いですが、ここまで出していただいたのは、素晴らしいなと思います。社員の年齢構成はわかりやすくていいですね。

WEBで求人募集をやる場合、マイナビさんやリクナビさんのような求人サイトを利用するか、あるいは自社サイトで行うかという、大きな選択肢があると思います。個人的にはマイナビさんやリクナビさんの知名度・集客力は抜群で、優秀な新卒学生を大量に採用する場合は不可欠だろうと思いますが、決まったテンプレの中でしか自社をアピールできないですので、そういう意味では自社サイトで自社の個性を存分にアピールするのも有効な方法だろうと思っています。

工務店のウェブサイト

年末に向けてウェブサイトの公開ラッシュが始まりました。
さて今回は地元彦根市の工務店さんをご紹介です。

20161125

この会社さんは不動産事業と工務店事業を兼営されているので、その住み分けをどうするかで当初は悩んだのですが、工務店事業だけでウェブサイトを作るとご決断いただきましたので、それからは方向性も定まり、制作も進み出した感じです。

お馴染みの WordPress で構築していまして、施工事例・イベント・スタッフブログ・お客様の声など、主要コンテンツのほとんどが、記事投稿形式で更新していけるようになっています。以前のウェブサイトに比べると、相当に掲載情報が増えていますので、より多くのお客さんにご覧いただけると嬉しいですね。

アメ車パーツのECサイト

先日、うちとしては珍しくクライアントさんから直接ご依頼いただいたECサイト(こういうのを私たちは直案件と呼んでいます)を公開しました。うちのECサイト構築のお仕事は、県外システム開発会社さんからの下請案件が圧倒的に多いのですが、直案件はお客さんと直接話せるし、システム仕様もいろいろと提案できるので、嬉しいところなのです。

今回ご依頼いただいたのは、地元彦根市を拠点にシボレーとかGMとかキャデラックとか、いわゆるアメ車のパーツ販売をされている会社さんです。リニューアル前のサイトは、カート廻り以外のフロント部分をすべて静的なHTMLで作成し、カート部分のみASPを使用するという仕様でした。

小規模なECサイトならそれでもいいのですが、商品点数が多いサイトなので、何とか商品ページ作成とカート廻りを1つのシステムでカバーできないかと考えた末、カスタマイズ可能なオープンソースECパッケージの「EC-CUBE」に着目されて、「実は近所にEC-CUBEに実績のある開発会社があるやん!」ということで、弊社にご依頼をいただきました。

アメ車パーツ販売だけでなく、アメ車本体も販売されていて、きらびやかなアメ車が並んでいるお店は前々から知っていました。「こういう車は一生縁がないだろうなぁ・・・」と思いながら週に一度は前を通過していましたが、まさか仕事で縁ができるとは!アメ車に乗れるわけではないのですが、アメ車に一歩近づけたようで、意味もなく嬉しいですね。(値札を見て愕然とするのですが)

20161113-1

さてさてウェブサイトの概要としては、EC-CUBE安定版の2.13.5をベースに、ユーザーエージェント(ブラウザ)でPC・スマホを切り分けし、それぞれ異なるテンプレートでデザインしています。もちろんデザインも弊社オリジナルです。イチから提案して、何度かの修正のうえで、ご採用いただきました。かなり古くから運用されているECサイトでしたし、リピーターも多いので、ナビゲーションの位置は極力変えずに、各デザインパーツを洗練させる方向でデザインしました。

システムで頭を悩ましたのが、アメ車パーツの多様な検索方法をどうするかという点です。お客さんの行動としては、自分の所有しているアメ車のブランド名から始まって車種・部品分類名と検索していく場合もありますし、例えばバルブやオイルフィルターなどの部品分類名から始まってブランド名や車種で絞っていく場合もありますし、部品分類名から始まって部品規格名と検索していく場合もあります。商品詳細に至るまでいろいろな導線が考えられましたので、EC-CUBEカスタマイズで可能なかぎり多様な導線を設けました。

いずれアメ車がポンとキャッシュで買えるようになるといいなと思います。まだまだ先は遠いですが。

メーカー・不動産分譲のウェブサイト

滋賀県彦根市で化粧合板の製造をやっておられるメーカーさんのウェブサイトを公開しました。

化粧合板というとピンとこないかもしれませんが、木板を張り合わせて作った合板の上に、化粧紙を張り付けて、樹脂などを塗布したものだそうです。化粧合板単体で消費者市場に流通するわけではなく、家具や建築物の素材として利用するために、家具メーカーや建築資材メーカーに出荷されるとのことです。

20161105-1

とりあえずホームページを作りたいというお問い合わせで、ヒアリングに出掛けたのですが、じっくりお聞きしてみると、事業課題は2つあるようでした。

1つ目は求人採用活動です。既に社員さんは居られていて、仕事も回っているように見えましたが、今後のことを考えると、人材をしっかり確保していきたいというお考えのようでした。

これに対しては「採用活動」ページを作成し、2名の社員さんインタビューを行いました。インタビューそのものは楽しかったのですが、文字起こし・編集・校正と、なかなか時間のかかる作業で大変でしたね。ただ会社の内側のリアルを外部に伝えようとすると、インタビューが一番効果的かなと思いますので、やってよかったと思っています。

20161105-2

もう1つが新事業の不動産分譲でした。不動産と言ってもいわゆる建売販売をするわけではなく、土地分譲のみになります。手頃な土地を探している工務店さんや一般顧客は多いそうですが、問い合わせに対応するのが煩雑なので、できればウェブサイト内でどの土地が売約済みで、どの土地が売れ残っているか、わかるようにしたいとのことでした。

20161105-3

土地の売却状況は一般的に区画図で表したり、表組で表したりすることが多いと思います。表組に関してはCMS管理画面と連動させるのは難しくないのですが、問題はビジュアルを伴う区画図とCMS管理画面の連動です。区画図をJPG画像にすると、CMS管理画面からの修正が画像のアップロードだけになってしまいます。そうすると更新がかなり不便です。悩んだあげく、区画図をSVG画像で作成することによって、CMS管理画面と連動させることができました。

20161105-4

SVG画像とはJPG/GIF/PNGといった単体の画像ファイルではなく、HTMLに組み込み可能な画像情報のことです。画像情報がコード化されていますから、CMS管理画面で入力された情報を動的に表示することができます。つまりは区画図画像もCMS管理画面から変更できるわけです。

といっても、済マークを付けるかどうかをCMS管理画面から制御できるというだけで、なんでもかんでも変えられるわけではないですけどね。例えば、「ごみ集積所」の位置を変えようとすると、SVGのコードそのものをごっそり変更しなければなりませんから、これはできないです。(やろうと思えばできなくもないですが・・・)

一応、こんな感じでウェブサイトを作らせていただきましたので、これらで2つの経営課題の解決にお役に立てるといいなと思っています。