カテゴリー別アーカイブ: システム開発

EC-CUBEインテグレートパートナーでシルバーランクに

ちょっと申請を怠けていて、前回のランキング基準見直しでノーマルランクに落ちていた、EC-CUBEインテグレートパートナーですが、今回は申請できそうなネタを探してしっかり申請しましたので、無事にシルバーランクに返り咲きました。

20170325

http://www.ec-cube.net/integrate/partner/

EC-CUBEインテグレートパートナーといっても誰も知らないと思いますが、EC-CUBEというフリーのネットショップ構築ツールがありまして、弊社はかなり昔からEC-CUBEを使ったネットショップ制作や、EC-CUBEを改変してオリジナル度を高めたシステム構築をやっていたものですから、数年前から名前を載せさせてもらっています。(一応、今は実績と合わせて多少のお金を払わないと載せてもらえなかったりしますが。)

大なり小なりを合わせると、月1件以上はEC-CUBE案件をこなしていると思うのですが、直案件が非常に少なく、下請案件ばかりがどんどん増えていく状態です。どうしても東京・大阪など都市部から離れた田舎でやっているので、そうなっちゃいますかね。ですので公開できる案件が少なく、なかなか辛い状況ではあります。ぜひ滋賀県でEC-CUBEを使ったネットショップ・ECサイト制作を考えているお客様は、ぜひお声を掛けていただきたいですね!

そうそう、京都府や大阪府で、弊社と直接お取引いただいているお客様や、弊社に仕事を振っていただける代理店さんが居られるのですが、滋賀県からだとどうしても商談や打ち合わせがしづらいので、大阪市に拠点を設けようかと画策中です。もちろん当面は滋賀県から出張で対応していきますが、最終的にはシステムエンジニアさんやプログラマーさんを大阪で雇用して、常駐体制に持っていきたいと思っています。

まぁ、成功の鍵になるのは人材でしょうね。人手不足がなかなか深刻らしいですから。当面は大阪支社準備室をバーチャルオフィスで立ち上げて、良い人が採用出来しだい、ちゃんとした専有スペースを借りて大阪支社設立としたいと思っています。滋賀とはまた違った動きがありそうで、楽しみにしています。

オンラインチケットショップのECサイト

直クライアント案件では、しばらくEC-CUBEから離れていたのですが、久々にEC-CUBE2.13系でECサイトを構築させていただきました。制作期間は1ヶ月ちょいといったところです。

joyaoyama

http://joyaoyama.net/

いわゆるチケットショップさんのECサイトです。企画・デザイン・システム、全て弊社で担当いたしました。デザインはレスポンシブWEBで、スマートフォンにも対応しています。

joyaoayama_sp

メイン商材は新幹線切符の格安販売なのですが、切符単体ごとに売るのではなく、往路と復路の両方を同時に注文できるようにしたいという強いご希望がありましたので、そこは弊社得意のシステムカスタマイズを施して、往路分と復路分の切符が同時にカートに入るようにしました。他の販売商品は通常の商材と変わりませんので、普通にEC-CUBEのカートを通すようにしてあります。

このショップさんはチケット販売だけでなく、チケット買取もオンラインで行っておられ、そこの実装をどうしようかなと悩みましたが、クライアントさんと話し合って、買取専用のメールフォームを付ける仕様に落ち着きました。いわばEC-CUBEを通すのではなく、EC-CUBEで作成した固定ページから、独自メールフォームに飛ばす形です。

細かいシステムカスタマイズを施せば、いろいろと面白いことができそうなECサイトなのですが、やればやるほど開発コストも上がっていくので、コスパの良い仕様でご提供できたかなと思っております。

EC-CUBE3 に精力的に取り組んでまいります!

オープンソースの EC-CUBE が、2015年7月1日にメジャーバージョンアップしました。

これまでEC-CUBE2開発で実績を上げてきた弊社としては、EC-CUBE3になってもシステムカスタマイズ・プラグイン開発・ECサイト構築でEC-CUBEを利用するクライアント様に貢献していきたいと思っております。今後ともよろしくお願いいたします。

社内プログラマーの面々でソース読みを始めたところですが、いやはや笑っちゃうくらい構造が変わりましたね!EC-CUBE2時代のソースやTIPSは全く役に立ちませんので、全てイチからという感じです。ネットに散在している情報を拾い集めてやりくりしていたECサイト構築会社さんは相当つらいかもしれません。

私も初心に戻ってEC-CUBE3をインストールしてみましたが、インストールは無事に終了するものの、管理者画面にログインできなかったりして、悪戦苦闘しております(笑)弊社の他の面々はすんなりインストールしているので、時間を見つけてもう一度チャレンジしたいと思います。

久々に勉強会やイベントにも参加したいと思っています。なんだかワクワクしますね。

JavaScriptやjQueryのシステムを開発したい

弊社はEC-CUBEやWordPressの開発案件が多いので、PHPを用いたサーバーサイドのプログラミングが得意な会社だと思われているようですが、インタラクティブデザインのご依頼も最近はよくいただくので、JavaScriptやjQueryなどを用いたクライアントサイドプログラミングについての知識・経験もかなり身に付けている方だと思います。業務の中で身に付けた知識や作ったコードサンプルはブログでも公開しておりますので、ぜひご参考ください。

JSource - JavaScript備忘録

例えば最近のネタで言えばこんなものがあります。
マウスオーバー時のボタンを切り替えアクションをjQueryを用いて行った事例
フォームに入力された数値をjQueryを使って半角変換したり、桁区切りスタイルを設定した事例
マウススクロール時にGoogleChromeのみスクロール動作がカクつく場合の対処方法

最近1ヶ月で言えば、こういう記事が人気ですね。
Value を jQuery で変更した際の Change イベント
jQueryでイベントを発生させる
jQueryで一度だけ命令を実行する

jQueryは一般の方はほとんどご存知ないと思いますが、ホームページ上に載せられるプログラムの一種と思っていただければ良いと思います。もう少し詳しく言えば、皆さんがネットを閲覧するときに使う Internet Exporer や Chrome 上で動作する JavaScript というプログラムがあるのですが、その JavaScript をもっと簡単に効率よく使えるようにしてくれる拡張ライブラリが jQuery と呼ばれるものです。これを使えば、長たらしいJavaScriptプログラムを書かなくても、数行のjQueryプログラムを書くだけでホームページに動きや機能を加えることができるので、WEBクリエイターの方々にはなくてはならない道具のひとつになっています。ブログの閲覧されている方々は、何らかの形でWeb制作に関わっておられる方ばかりだと思います。弊社の身に付けた知見が少しでもお役に立てば幸いです。

フリーランスのデザイナー様や弊社よりさらに小規模でウェブサイト開発を行っておられるデザイン会社様にとっては、JavaScript や jQuery によって、Webでできることがグッと増えたのはいいのですが、出来る人が限られていて手が足りなくなったり、技術のキャッチアップに辛くなったり、いろいろと大変な思いをされているかもしれません。そういう方々とも JavaScript や jQuery のお仕事で良い協業できればと思っています。

クロネコメール便廃止に対応させたい

クロネコメール便が本年3月31日で廃止になるという情報がリリースされました。
http://www.kuronekoyamato.co.jp/mail-haishi/index.html

クロネコメール便は軽薄短小な商品を低コストで配送できる手段として、EC事業者様に大変重宝されてきたサービスです。「長辺34cm以内・厚さ2cm以内の縦+横+厚さの合計が60cm以内で重量1,000g以内」の商品が送れましたので、例えば通常商品は宅配便を使用するが、小さなネジやコネクタ・ステッカー等はクロネコメール便で送っているという会社様もありました。

弊社がよくECサイト構築に利用しているEC-CUBEですと、ver2.11以降であれば商品種別フィールドを利用することで、商品ごとの配送先を分けることもできますが、ver2.4以前ですとカスタマイズ対応しなければできなかったと思います。現在に至るまでクロネコメール便絡みのカスタマイズ依頼は大変多かったように記憶しています。そのクロネコメール便が2015年3月末で利用できなくなるわけです。

何らかの理由でクロネコメール便対応をシステムカスタマイズで対応されたEC事業者様は、3月末のクロネコメール便サービス終了を見据えて、システムカスタマイズなどの対応を取らなければならないかもしれません。

EC-CUBEで構築されたECサイトでしたら、弊社は基本的にどんなケースでも対応できますが、注文に絡む大事なシステム部分ですので、現状の仕様調査からプログラム作成、そして本番環境への実装に至るまで、ある程度の時間がかかります。何らかのシステムカスタマイズが必要なEC事業者様は、弊社のようなシステム開発業者の方へ早めにご相談ください。

クロネコメール便に代わる新サービスは2つ用意されているようです。
http://www.yamato-hd.co.jp/news/h26/h26_79_01news.html

宅急便60サイズより小さいサイズで、対面渡ししてくれる新サービス1も期待したいところですが、やはりクロネコメール便に代わるのは新サービス2の方でしょう。厚さ2.5cmまで対応してくれるのは嬉しいですね。法人もしくは個人事業者向けサービスになるようですので、たいていのEC事業者にとっては問題ないでしょう。気になるのは料金ですね。クロネコメール便は82円~164円という非常に廉価でしたから、これよりは値上がりすると、クリックポストに流れる事業者さんも多くなりそうです。

クリックポスト
http://www.post.japanpost.jp/service/clickpost/

デジタルサイネージを制作したい

デジタルサイネージってご存知ですか?

デジタルサイネージとは電子看板のことで、デジタル技術を用いて生成・表示する広告媒体のことです。身近な例としては、お店の前に液晶モニタを置いて、広告ムービーDVDをエンドレスで流すのも1つの形態で、道行く人々に目を留めてもらうのに役立ちます。最近は電車の中や駅構内などパブリックスペースでのデジタルサイネージが増えており、時代が変わってきたなぁと感じます。

弊社で先日お手伝いさせていただいたデジタルサイネージ事例は、タッチパネル液晶モニタを使って、展示会等でお客様に触ってもらいながら自社製品を知ってもらうというウェブコンテンツ制作でした。製品のコンセプト・基本情報・仕様詳細・開発ストーリー・利用事例などは既にクライアント様のデータベースに格納されていましたので、PHPでデータベースから製品データを取得し、HTML5/CSS3/Javascriptで製品画像を一覧表示しました。製品画像をタップすることで、詳細表示パネルが開き、タブ切替で製品の各情報にアクセスできるようにしました。

デジタルサイネージ用に新たにデータを用意したわけではなく、ウェブサイト用に使っているデータをデジタルサイネージにも利用するという点も新しいと思います。そうしておくと、ウェブサイト用に製品データをCMSから更新すると、デジタルサイネージの表示内容も自動的に更新されるわけで、維持更新のコストが低く抑えられます。

デジタルサイネージ用の液晶モニタのご用意と設置、そして実際に表示するソフトウェア・コンテンツの制作まで、総合的にご相談を承っておりますので、お尋ねください。

スマートフォンアプリを制作したい

数年前からスマートフォンアプリが花盛りですね。
弊社のメンバーも全員がスマホユーザーですし、スマホアプリの恩恵は日々享受していますので、
スマホ社会発展のお手伝いができれば、と常々思っています。

そんな中、弊社にも「スマホアプリ作れないの?」というご相談はちょくちょくいただきます。
C言語やJava言語ができるスタッフが弊社におりますので、いずれトライしたいと思っていますが、
幸いなことにWebシステム開発の業務依頼が続いているのと、
スマホアプリ経験のない弊社にはなかなか荷が重い相談が多かったので、
いまだスマホアプリ開発には至っていません。。

納期が緩くて、お金や情報セキュリティに絡まないような
スマホアプリであれば、ぜひやってみたいのですけどね。いえ、やらせてください!
そんなのあったら、オメェには頼まず、自分でやるよ!って言われそうですが。。
価格はできるだけ抑えて提案しますから、そこは何とかチャンスをください。

以下の環境での開発を考えています。

対象端末:Apple iPhone / Apple iPad / Android系
開発言語:HTML5+Jacascript / Objective-C / Swift / Java

PHPフルスクラッチ開発を依頼したい

弊社は基本的にECサイトはEC-CUBE、それ以外はWordPressを使うことが多いですが、ごく稀にフルスクラッチ(既存のパッケージを利用せず、ゼロの状態から積み上げて作る)で対応させていただくこともあります。

もちろん既存パッケージを利用してクライアント様の要求仕様を満たすこともできるのですが、オリジナリティの高いシステムをご依頼される場合は、既存パッケージの仕様が逆に邪魔になり、余計にコストが掛かってしまうということがあるのです。そういう場合は弊社から提案させていただいています。

furisode_movie
http://furisode-movie.com/

PHPフルスクラッチ開発の実績はいくつかあるのですが、とりあえず公開できる範囲では振袖ムービーというのがあります。これは登録ユーザー(基本的に個人事業主や法人が対象)が静止画像20枚を使って、手軽にムービーを作って、顧客にプレゼントしたり、DVD商品として販売できるというB2Bサービスです。基本的にPHPフルスクラッチ開発で行いました。

他にもつい最近大々的にプレスリリースされた某WEBサービスも弊社でPHPフルスクラッチ開発いたしました。新聞や雑誌でも多数取り上げられており、裏方としてはドキドキですが、今のところシステムトラブルも無く運営できているようです。いろいろな契約もあり、サイト名が出せないのが残念ですが。

オリジナリティの高いWEBシステムを作りたいというお客様が居られましたら、ぜひお声を掛けて下さい。社内リソースが足りないので外注を頼みたいというシステム開発会社様のご要望にも対応することができます。

複数のRSSフィードをまとめてリスト出力したい

会社の社員さんが各自でビジネスブログを書いているということも結構あると思いますが、
各自のブログ記事をまとめて1つのブログのようにリスト出力しようとすると、結構面倒だったりします。

miyamotogumi

上記の例では、社員さんがWordPressの投稿機能を使ってブログをやっていたり、アメブロで書いていたり、コブログというローカルのブログポータルで書いていたり、バラバラのプラットフォームで書いておられたので、それぞれのRSSを取得し、著者ごとに特定のアイコンを付けてリスト出力しています。

たまにアメブロのRSSが更新されていなくて、「自分の書いた最新記事がリストに表示されていない!」とお叱りをいただいたりしますが・・・。外部サービスのRSSを引っ張っているので何とも方法がなかったりします。過去にはFacebookやTwitterのRSSを取得して、WordPressの投稿と混ぜてカレンダー(タイムライン)上にプロットするというお仕事もやったことがあります。

外部ホームページのRSSデータなどを読み込んで、都合の良い形で出力するということも、プログラムを適切に書けばできますので、そのようなご要望がありましたら、お声をお掛けください。

カラーシミュレーションアプリを作りたい

昨年、ある塗料メーカー様のご依頼で、カラーシミュレーションアプリを作成いたしました。

カラーシミュレーションアプリ
ガードラック カラーシミュレーション http://guardlac.jp/color-simulator/

和風建築に塗った場合、洋風建築に塗った場合、ログハウスに塗った場合と、大きく3パターンに分け、さらに外壁・柱・玄関・軒など、建築部位ごとに約50色の中から選択できるようにしました。塗料面の木目感も残して欲しいというご依頼でしたので、なかなか地味な苦労が続きましたが、どうにかお客様に気に入っていただけるWEBアプリにすることができました。

完成したシミュレーションイメージをJPG出力する機能もあるのですが、それを外したオフライン環境のiPadアプリもご提供しており、営業現場でご利用いただいていると聞いております。工務店さんや塗料メーカーさんで、このようなカラーシミュレーション機能を提供したいという方が居られましたら、ぜひお声をお掛けください。